第203回:女性を襲う異常者たちはハッチバックに乗る
『見えない目撃者』

2019.09.19 読んでますカー、観てますカー

日中韓の競作映画

『見えない目撃者』は、2011年の韓国映画『ブラインド』のリメイクである。2015年にも中国でリメイクされており、日本語タイトルは同じ『見えない目撃者』だからややこしい。日中韓の競作となっている形で、比べるとそれぞれのお国柄が見えて興味深い。

大まかな構成は3作とも共通である。盲目の女性が交通事故の現場に遭遇する。当然犯人を“目撃”していないわけで、警察に訴えても相手にされない。もうひとり、晴眼者の目撃者が現れ、証言は食い違う。2人は反発し合うが、迫りくる犯人に対し協力して立ち向かうことになる。サスペンスホラーであるとともに、バディームービーの要素もあるわけだ。

日本版『見えない目撃者』でヒロイン浜中なつめを演じるのは吉岡里帆。彼女は警察学校で優秀な成績を収め、将来を期待されていた。悩みは、いつまでもチャラチャラしている弟のこと。遊び場に乗り込んで彼をクルマに乗せて連れ帰ろうとした時に悲劇が起きる。対向車と衝突し、弟は炎上するクルマから脱出できずに死亡。なつめも負傷して視力を失ってしまう。

警察官になるという夢はついえてしまった。3年後、なつめは盲導犬パルの助けを得て1人で行動できるようになっている。その頃世間では、女性の失踪事件が話題となっていた。彼女が道を歩いていた時、交通事故が発生する。クルマの中からは、うめくような女性の声が聞こえた。事件だと直感し、警察に事情を話すが冷淡に対応される。

(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.拡大
 
第203回:女性を襲う異常者たちはハッチバックに乗る『見えない目撃者』の画像拡大
 
第203回:女性を襲う異常者たちはハッチバックに乗る『見えない目撃者』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事