クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

これは現代の「ファミリア」か!?
「CX-30」に見るマツダのねらいとは?

2019.09.27 デイリーコラム

背の低さはアドバンテージ

マツダ「CX-30」といえば、2019年3月のジュネーブモーターショーでの初公開以降、好事家の間で「これは『CX-3』の後継モデルでは?」という議論がめぐらされてきた。もっとも、それについてはマツダが公式に否定しているし、CX-30がこうして国内正式デビューした現在も、CX-3の生産・販売は続いている。

まあ、CX-3に正統な次期型がほかに存在するかは現時点では明らかでなく、かりにCX-3が現世代で終了となれば、後の自動車史には「CX-30が事実上の後継車種となった」と記されるだろう。しかし、CX-30開発主産の佐賀尚人氏をはじめマツダ関係者のだれに聞いても、CX-30の商品企画がCX-3のそれとは別物として生まれたことは間違いないようだ。

好事家がどうしてもCX-30とCX-3を結びつけたくなる理由は、大きく2つある。ひとつは、両車とも現時点ではおおざっぱに“コンパクトSUV”と分類されることである。ただ、今なお世界的に市場拡大を続けているSUVやクロスオーバー業界では、明確なクラス分けがまだ定まっていない。ひと口にコンパクトSUVといっても、CX-3のような全長4.3m未満のBセグメントサイズをそう呼ぶのは、日本や欧州などのある意味で“枯れた市場”だけともいえる。

日欧とはスケール感が異なる北米を筆頭に、アジアや中南米などの新興勢力を含めたグローバル市場でコンパクトSUVというと、Cセグメントベースで全長4.4m前後のものが想起されることが多い。既存のクルマでいうと「トヨタC-HR」や「三菱エクリプス クロス」、「ジープ・コンパス」などがその代表格であり、CX-30もこれらとガチンコで競合するのがねらいだ。これらライバルに対して“日本市場のために”全グレードで立体駐車場に余裕で対応する全高1540mmとなるのがCX-30の特徴のひとつである。つまり、最新のグローバル基準でのコンパクトSUVに合致するのはCX-30のほうであり、CX-3はよりニッチな“スモールSUV”と理解したほうが実態に近い。

国内では2019年9月20日にデビューした「CX-30」。「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」が開発コンセプトに掲げられている。
国内では2019年9月20日にデビューした「CX-30」。「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」が開発コンセプトに掲げられている。拡大
こちらは2015年2月に発売された「CX-3」。新型車「CX-30」に対して、車格はひとまわり小さい。
こちらは2015年2月に発売された「CX-3」。新型車「CX-30」に対して、車格はひとまわり小さい。拡大
都市型のクロスオーバー「CX-30」。ルーフの高さは多くの立体駐車場に対応できる1540mmに抑えられている。
都市型のクロスオーバー「CX-30」。ルーフの高さは多くの立体駐車場に対応できる1540mmに抑えられている。拡大

「マツダ3」とひとくくり

そして、もうひとつは、車名に使われる“30”と“3”が数字として似ている点である。実質的には後継機種でも、上級移行などでポジショニングを微調整するために「商品名をちょっとイジる」というケースは古今東西に多く存在する。ただ、誤解を恐れずにいえば、車名はしょせん商品名にすぎない。それがどんな商品かをお客に想像させるには、ある程度の規則性がある商品名にメリットはある。しかし、イメージの良し悪し、競合商品との関係、時代の変化、そのときどきの流行、もろもろの大人の事情……などで、そうした規則性が反故(ほご)にされた事例も数えきれないほどある。

考えてみると、CX-3という車名はもともと、旧世代の「CX-7」を根拠にした「CX-5」が先にあり、その弟分だから……という規則性から命名された。CX-3とCX-5の中間サイズとなるCX-30は、従来パターンでいうと「CX-4」になるが、残念ながら中国市場専用SUVクーペに「CX-4」の名はすでに使われている。

もっとも、今回のCX-30が企画された背景を考えると、その車名の理由は「本当はCX-3の後継商品だから」でも「CX-4に空きがなかったから」でもないように思える。

CX-30開発主査の佐賀氏は「『マツダ3ファストバック』、『同セダン』、そしてCX-30……でひとつのシリーズと考えていただきたい」と語る。マツダ3とCX-30のプロジェクト自体は別チームによるものだそうだが、マツダ3と、その“半歩遅れ”で追随したCX-30は、事実上は一体のシリーズ商品として緊密な連携のもとに開発された。「CX-30はマツダ3のクロスオーバーモデル」という事実もことさら隠されることなく、どちらかというと積極的にアピールしていく戦略であるらしい。このクルマにはとにかく“3”にまつわる車名が必要なのだ。

立体的な曲面で構成されたリアまわり。車名の「CX-30」ロゴはバックドア左端に添えられる。
立体的な曲面で構成されたリアまわり。車名の「CX-30」ロゴはバックドア左端に添えられる。拡大
インテリアは、“手のぬくもり”が感じられるような仕上げにこだわったという。
インテリアは、“手のぬくもり”が感じられるような仕上げにこだわったという。拡大
「CX-30」の後席。前後シートの座席間隔は、「CX-3」よりも26mm長く取られている。
「CX-30」の後席。前後シートの座席間隔は、「CX-3」よりも26mm長く取られている。拡大

大黒柱になりうる存在

考えてみれば、マツダにおける“3”とは、昭和~平成初期に「ファミリア」が海外で「323」と名乗っていた時代から、同社Cセグメント主力商品のイメージが定着している伝統の数字である。今のCX-3という車名は、ハッチバックやセダンが保守本流でクロスオーバーやSUVがニッチ商品だった時代の規則性から導き出されたもので、この伝統にはのっとっていない。

「技術的にはCX-30はマツダ3の派生ですが、昨今の市場動向を考えると、今後はマツダ3よりCX-30のほうが売れる可能性も高い。居住性や荷室などに実用性を求めるお客さまにCX-30を用意したからこそ、マツダ3があそこまでデザイン優先に振り切れたともいえます」と明かすマツダ関係者もいる。

ちなみにマツダ3の先代にあたる「アクセラ」は、マツダ全体の売れ上げの約3割を占めた大量販商品だった(スカイアクティブ世代での世界最量販マツダはCX-5)。CX-30がアクセラに代わる……あるいはCX-5以上の大黒柱になるとすれば、それはまさに「令和のファミリア?」というべき存在になるかもしれない。CX-30にかかる期待はそれだけ大きい。

それはそうと、2019年秋現在におけるマツダ最新の命名ロジックにならうなら、旧「デミオ」=現「マツダ2」をベースとした現CX-3は「CX-2」あるいは「CX-20」になるべきだし、マツダ3のクロスオーバーというなら、CX-30はやはり純粋にCX-3と名乗るのがシンプルでカッコイイとも思う。しかし、いまさらすべてをシャッフルして、それなりに定着した車名をいきなり別のクルマに付け替えるわけにもいかないわけで……クルマにかぎらず、商品名ってむずかしいですね。

(文=佐野弘宗/写真=webCG/編集=関 顕也)

ホイールアーチのモールで、SUVらしい力強さが表現される。「CX-30」の最低地上高は、「CX-3」のものよりも15mm高い175mm。
ホイールアーチのモールで、SUVらしい力強さが表現される。「CX-30」の最低地上高は、「CX-3」のものよりも15mm高い175mm。拡大
「マツダCX-30」は、自動車の開発においてバッティングすることの多い「デザインのよさ」と「空間的なゆとり」を高次元で両立させたとアピールされる。
「マツダCX-30」は、自動車の開発においてバッティングすることの多い「デザインのよさ」と「空間的なゆとり」を高次元で両立させたとアピールされる。拡大
ボディーカラーは、「ソウルレッドクリスタルメタリック」(写真)や「ポリメタルグレーメタリック」を含む、全8色が用意される。
ボディーカラーは、「ソウルレッドクリスタルメタリック」(写真)や「ポリメタルグレーメタリック」を含む、全8色が用意される。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ CX-30 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。