これは現代の「ファミリア」か!?
「CX-30」に見るマツダのねらいとは?

2019.09.27 デイリーコラム

背の低さはアドバンテージ

マツダ「CX-30」といえば、2019年3月のジュネーブモーターショーでの初公開以降、好事家の間で「これは『CX-3』の後継モデルでは?」という議論がめぐらされてきた。もっとも、それについてはマツダが公式に否定しているし、CX-30がこうして国内正式デビューした現在も、CX-3の生産・販売は続いている。

まあ、CX-3に正統な次期型がほかに存在するかは現時点では明らかでなく、かりにCX-3が現世代で終了となれば、後の自動車史には「CX-30が事実上の後継車種となった」と記されるだろう。しかし、CX-30開発主産の佐賀尚人氏をはじめマツダ関係者のだれに聞いても、CX-30の商品企画がCX-3のそれとは別物として生まれたことは間違いないようだ。

好事家がどうしてもCX-30とCX-3を結びつけたくなる理由は、大きく2つある。ひとつは、両車とも現時点ではおおざっぱに“コンパクトSUV”と分類されることである。ただ、今なお世界的に市場拡大を続けているSUVやクロスオーバー業界では、明確なクラス分けがまだ定まっていない。ひと口にコンパクトSUVといっても、CX-3のような全長4.3m未満のBセグメントサイズをそう呼ぶのは、日本や欧州などのある意味で“枯れた市場”だけともいえる。

日欧とはスケール感が異なる北米を筆頭に、アジアや中南米などの新興勢力を含めたグローバル市場でコンパクトSUVというと、Cセグメントベースで全長4.4m前後のものが想起されることが多い。既存のクルマでいうと「トヨタC-HR」や「三菱エクリプス クロス」、「ジープ・コンパス」などがその代表格であり、CX-30もこれらとガチンコで競合するのがねらいだ。これらライバルに対して“日本市場のために”全グレードで立体駐車場に余裕で対応する全高1540mmとなるのがCX-30の特徴のひとつである。つまり、最新のグローバル基準でのコンパクトSUVに合致するのはCX-30のほうであり、CX-3はよりニッチな“スモールSUV”と理解したほうが実態に近い。

国内では2019年9月20日にデビューした「CX-30」。「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」が開発コンセプトに掲げられている。
国内では2019年9月20日にデビューした「CX-30」。「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」が開発コンセプトに掲げられている。拡大
こちらは2015年2月に発売された「CX-3」。新型車「CX-30」に対して、車格はひとまわり小さい。
こちらは2015年2月に発売された「CX-3」。新型車「CX-30」に対して、車格はひとまわり小さい。拡大
都市型のクロスオーバー「CX-30」。ルーフの高さは多くの立体駐車場に対応できる1540mmに抑えられている。
都市型のクロスオーバー「CX-30」。ルーフの高さは多くの立体駐車場に対応できる1540mmに抑えられている。拡大
マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • ダイハツが小型トールワゴン「トール」をマイナーチェンジ 予防安全・運転支援装置を強化 2020.9.15 自動車ニュース ダイハツがトールワゴン型のコンパクトカー「トール」をマイナーチェンジ。内外装のデザインを変更したほか、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや電動パーキングブレーキを採用するなど、機能・装備の強化を図っている。
  • こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する 2020.9.16 デイリーコラム トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」の価格をライバルと比較すると、18万円ほど安いことが分かる。この価格設定に秘められた、トヨタのSUV戦略と国内市場戦略を解説する。
ホームへ戻る