ホンダが軽トールワゴン「N-BOX」を一部改良 安全運転支援システムの性能を強化

2019.10.03 自動車ニュース
「ホンダN-BOX」(左)と「N-BOXカスタム」(右)。
「ホンダN-BOX」(左)と「N-BOXカスタム」(右)。拡大

本田技研工業は2019年10月3日、軽トールワゴン「ホンダN-BOX」に一部改良を実施し、同年10月4日に発売すると発表した。

 
ホンダが軽トールワゴン「N-BOX」を一部改良 安全運転支援システムの性能を強化の画像拡大
 
ホンダが軽トールワゴン「N-BOX」を一部改良 安全運転支援システムの性能を強化の画像拡大
 
ホンダが軽トールワゴン「N-BOX」を一部改良 安全運転支援システムの性能を強化の画像拡大

今回の改良では、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」の性能を向上。衝突軽減ブレーキを、横断する自転車にも対応させたほか、街灯のない夜間の歩行者も検知可能とした。またリアワイドカメラについても、従来の30万画素から100万画素に画素数を上げ、映像の画質をよりクリアにしている。

このほかにも、これまで4WD車のみに採用していた運転席&助手席シートヒーターや、ターボ車のみに採用していた左右独立式リアセンターアームレストを標準装備(「G・Honda SENSING」(FF)と「G・スロープ Honda SENSING」(FF)を除く)。カスタムの2グレード「G・Lターボ Honda SENSING」「G・EXターボ Honda SENSING」には、新たに本革巻きのセレクトノブを採用した。

価格は141万1300円から212万9600円。

(webCG)

関連キーワード:
N-BOX, N-BOXカスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ より生活に寄り添うクルマに進化 2019.7.18 自動車ニュース ホンダの軽ハイトワゴン「N-WGN」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、現行型「N-BOX」などと同じ新世代プラットフォームをベースに開発されており、荷室を大幅に低床化するなどして実用性を向上。充実した運転支援システムも特長となっている。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • 発売は7月 ホンダが新型「N-WGN」の情報を公開 2019.6.7 自動車ニュース ホンダが2019年7月にフルモデルチェンジ予定の、新型「N-WGN」の情報を公開。2代目となる今回のモデルでは、普段使いを快適にこなせることと、親しみやすいデザインを重視。渋滞追従機能付きACCやパーキングセンサーなど、充実した装備も特徴となっている。
ホームへ戻る