新たなパワートレインを搭載した「メルセデス・ベンツEクラス クーペ/カブリオレ」発売

2019.10.07 自動車ニュース
メルセデス・ベンツEクラス クーペ/カブリオレ
メルセデス・ベンツEクラス クーペ/カブリオレ拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年10月7日、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ/カブリオレ」の一部改良モデルを発表し、販売を開始した。

E200カブリオレ スポーツ
E200カブリオレ スポーツ拡大
「メルセデスAMG E53 4MATIC+クーペ」のインテリア。
「メルセデスAMG E53 4MATIC+クーペ」のインテリア。拡大

今回は一部グレードにおいてパワートレインの見直しを実施した。

「E200」および「E200スポーツ」には従来の2リッター直4ターボエンジンに代えて、新たに1.5リッター直4ターボエンジン「M264」(最高出力184PS/最大トルク280N・m)を搭載。ベルトスタータージェネレーター(BSG)と48V電気システムからなるマイルドハイブリッド機構が組み合わされている。

「E300クーペ スポーツ」には同じM264ユニットでも、排気量が2リッターの直4エンジンを搭載。従来モデルに積まれていた2リッター直4ターボエンジンよりも13PS強力な最高出力258PSを発生する(最大トルク370N・mは変わらない)。

ラインナップと価格(消費税10%を含む)は以下の通り。

【クーペ】

  • E200クーペ(BSG搭載モデル):733万円
  • E200クーペ スポーツ(BSG搭載モデル):804万円
  • E300クーペ スポーツ:888万円
  • E450クーペ スポーツ:1129万円
  • AMG E53 4MATIC+クーペ(ISG搭載モデル):1263万円

【カブリオレ】

  • E200カブリオレ(BSG搭載モデル):770万円
  • E200カブリオレ スポーツ(BSG搭載モデル):841万円
  • E300カブリオレ スポーツ:925万円
  • E450カブリオレ スポーツ:1186万円
  • AMG E53 4MATIC+カブリオレ(ISG搭載モデル):1320万円

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス カブリオレ, Eクラス クーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツSL550ブルーエフィシェンシー/SL350ブルーエフィシェンシー【試乗記】 2012.6.28 試乗記 メルセデス・ベンツSL550ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)/SL350ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)
    ……1590万円/1310万円

    メルセデス・ベンツのイメージリーダー「SLクラス」。王道を行くロードスターは、フルモデルチェンジでどんな「風」に乗ったのか。「SL550」と「SL350」を箱根で試す。
  • 日産アリア 2020.7.15 画像・写真 先進のデザインとすぐれた動力性能、最長610kmの航続距離などをセリングポイントとする日産の新型EV「アリア」。2021年の発売に先駆けて公開されたその姿を、写真で紹介する。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • 第184回:浦島太郎も悪くない 2020.7.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第184回は「浦島太郎も悪くない」。「ロータス・エキシージ」の公道向け上級モデル「スポーツ410」に試乗! 約20年ぶりの“失神マシン”、再び気絶覚悟で挑んだ先に見えた、ある風景とは?
ホームへ戻る