第205回:大嫌いな故郷の茨城を駆け抜けろ
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

2019.10.10 読んでますカー、観てますカー

監督と主演女優がシンクロ

新たな才能の登場である。またしても、女性監督だ。『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の箱田優子監督は、間違いなく今後の日本映画を担う存在になっていくだろう。第1作にしてこの完成度というのは驚きだ。

横浜聡子、井口奈己あたりから、異世界をのぞかせてくれる女性監督が増えてきた。最近では山戸結希、大九明子、首藤 凛といった俊英が高い評価を得ている。山戸結希がプロデュースした『21世紀の女の子』では15人の女性監督が短編映画で競作していて、まだまだ逸材が掘り起こされそうだ。

主演は夏帆。CMディレクターの砂田夕佳を演じる。箱田監督は芸大卒業後にずっとCM畑で仕事をしてきた経歴の持ち主で、ある程度自分自身を投影したキャラクターなのだろう。夏帆は「今自分が一番やりたかった役」と話していて、深い共感を持って演じたようだ。箱田監督は「全裸になっていく私に全裸で付き添ってくれたのは彼女でした」と語っている。監督と主演女優が完全にシンクロしていたのだ。

映画は小さな女の子が田舎道を走っている場面から始まる。『オバケなんてないさ』を歌いながら、「待ってくださいよ?」「うるさい、ついてくるな!」と一人二役で会話している。空は濃い青色。明け方なのか、夕暮れなのか、昼間でも夜でもない中間の時間、ブルーアワーだ。

©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会拡大
 
第205回:大嫌いな故郷の茨城を駆け抜けろ『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の画像拡大
 
第205回:大嫌いな故郷の茨城を駆け抜けろ『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
ホームへ戻る