第625回:マイナー姉妹車好きを公言する大矢アキオ
「フィアット500」の地味(?)な妹を大いに語る

2019.10.11 マッキナ あらモーダ!

姉妹車ファンなんです

姉妹車が好きである。それも2台のうちマイナーなほうに好意を抱く。例えば「トヨタ・カムリ」のダイハツ版である「アルティス」だ。そうしたクルマを知るたび、カロッツェリアのフォーリ・セーリエ(特注車)を発見したのに匹敵するくらい好奇心が満たされる。ついでにそうしたモデルがほそぼそと生産されているのを確認するたび、理由もなく安心するのである。

筆者のそうした嗜好(しこう)の萌芽(ほうが)は、東京における少年時代である。具体的には1971年のダイハツの商用車「デルタ750」だ。日本で今日でもヒストリックカーショーに姿を現す初代「トヨタ・ライトエース」の姉妹車である。

実際の生産はダイハツが担当していたので、ライトエースのほうがデルタ750のOEM版であるといったほうが正しいかもしれないが、販売力の差で、街で見かける頻度は圧倒的にライトエースのほうが高かった。

しかし、『自動車ガイドブック』を愛読書にしていた筆者としては、より数が少ないデルタ750を目撃するほうが貴重だった。

テレビCMもダイハツ版のほうがよかった。当時人気絶頂の女性アイドルグループ、ゴールデン・ハーフを起用していたのだ。後年知ったのだが、車名の数字部分で積載量を示す「750」は「セブンハーフ」と読み、それにかけたものだった。CMソングは車両発表の前年に大ヒットした『黄色いさくらんぼ』の替え歌だった。こうしたこともあって筆者は、ライトエースよりもデルタ750により好意を抱いたのである。

今回は、イタリアにおける、ある姉妹車の話をしよう。「ブランドごとにオリジナリティーあふれるイタリア車に姉妹車なんてないだろう」という読者もおられるかもしれないが、実は1960年代にこんな例があったのだ。

2017年7月10日に発売された現行型「トヨタ・カムリ」。
2017年7月10日に発売された現行型「トヨタ・カムリ」。拡大
こちらは現行型「ダイハツ・アルティス」。「カムリ」と同日に発売された。
こちらは現行型「ダイハツ・アルティス」。「カムリ」と同日に発売された。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事