東京モーターショー2019

ヤマハの目玉は“地上のドローン”と新たなパーソナルモビリティー【東京モーターショー2019】

2019.10.23 自動車ニュース
ヤマハ発動機の日高祥博社長とコンセプトモデルの「MW-VISION」。
ヤマハ発動機の日高祥博社長とコンセプトモデルの「MW-VISION」。拡大

モーターサイクルに電動自転車、船外機、無人ヘリコプターと、ジャンルを超えてさまざまなプロダクトを手がけるヤマハ。今回の東京モーターショーでは、自立走行機能を備えた“地上のドローン”と、三輪の新しいパーソナルモビリティーを発表した。

2017年の東京モーターショーで発表した「トリタウン」に乗り、さっそうと登場する日高社長。ちなみにトリタウンは、全国の公園などで実証実験が進んでいるという。
2017年の東京モーターショーで発表した「トリタウン」に乗り、さっそうと登場する日高社長。ちなみにトリタウンは、全国の公園などで実証実験が進んでいるという。拡大
自律走行ロボット「Land Link Concept(ランドリンク コンセプト)」。無人ヘリコプターや産業用農業ドローンなどと同じく、農業をはじめさまざまな産業での活躍が期待される。
自律走行ロボット「Land Link Concept(ランドリンク コンセプト)」。無人ヘリコプターや産業用農業ドローンなどと同じく、農業をはじめさまざまな産業での活躍が期待される。拡大
EVスクーターの「E02」(左)と「E01」(右)。
EVスクーターの「E02」(左)と「E01」(右)。拡大
新型YZF-R1
新型YZF-R1拡大
「トリシティ300」は、LMWテクノロジーを採用した第3弾の市販モデルとなる。
「トリシティ300」は、LMWテクノロジーを採用した第3弾の市販モデルとなる。拡大
MW-VISION
MW-VISION拡大
「MW-VISION」はLMWテクノロジーを用いたパーソナルモビリティーだ。
「MW-VISION」はLMWテクノロジーを用いたパーソナルモビリティーだ。拡大
ガラスエリアの広いユニークなキャビンが特徴となっている。
ガラスエリアの広いユニークなキャビンが特徴となっている。拡大

モビリティーにみるヤマハの多彩な取り組み

立ち乗りの三輪電動モビリティー「トリタウン」で、さっそうとヤマハの日高祥博社長はステージに登場した。

まずはヤマハの特徴を「感動創造企業。新たな価値を生み出すことを伝統、強み、誇りとし、事業領域や市場を広げながら成長してきました」と説明。そして2030年に向けた中期ビジョン「ART for Human Possibilities」について、「ロボティクスを活用し、社会にヤマハらしく取り組み、モビリティーに変革をもたらすことで人々の可能性を広げ、より良い生活と社会を実現します」と解説した。

展示車紹介の先陣を切ったのは、「Land Link Concept(ランドリンク コンセプト)」だ。AI画像認識機能により、周囲の状況を判断して自走する4輪操舵の自律ビークル。言ってしまえば地上を走るドローンである。すでに農地などで活用されている無人ヘリコプターと併用すれば、さらに大きな成果も期待できるという。

続いて紹介されたのが「EVへの取り組み」だ。50ccクラスの都市内向け次世代電動コミューター「E02」と、125ccクラスで都市間移動をこなす「E01」を世界初披露した。

さらに“ファンライド”なプロダクトとして、ヤマハのモーターサイクルのフラッグシップモデルとなる新型「YZF-R1」と、アドベンチャーツアラー「テネレ700」、そして電動バイクのレーシングマシンとなる「YPJ-YZ」が披露された。特にYZF-R1とテネレ700は、日本での販売も計画しているという。

広がりを見せる“LMW”の世界

そして、最後に紹介されたのが“目指せ、転ばないバイク”のひとつである「LMW(リーニング・マルチ・ホイール)」のモデルだ。まずは2019年11月5日に開幕するEICMA(ミラノショー)で発表されるという、新たな中型モデル「トリシティ300」を披露。ただし「詳細はミラノショーで公開」とのことで、今回は文字通り“車両だけ”のお披露目となった。

次いで、プレスカンファレンスの大トリとしてアンベールされたのが、ヤマハブースの目玉でもある「MW-VISION(ビジョン)」だ。「人とモビリティーの新たな関わり方を提案する次世代パーソナルモビリティー」と説明されたこのコンセプトは、前2輪、後ろ1輪の三輪電動モデルで、乗員をつつむ“コクーンボディー”と、停止中の自立補助機構、後進機能が特徴となっている。オートバイとは違う、新しいモビリティーの提案といえるだろう。

「ヤマハは人に寄り添ったモノづくりで、パーソナルモビリティーの需要創造にチャレンジしてまいります。さまざまな社会課題を解決してゆけば、さまざまな自己実現が可能になれば、人はもっと心豊かに、もっと幸せになれるはずです。ヤマハの技術と感性で描くモビリティーの未来を、ぜひご期待ください」と日高氏はスピーチを締めくくった。

(文=鈴木ケンイチ/写真=webCG/編集=堀田剛資)

関連キーワード:
ヤマハ, 東京モーターショー2019, モーターショー, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事