東京モーターショー2019

スズキWAKUスポ:ボタンひとつでクルマが変身!

2019.10.24 自動車ニュース
スズキWAKUスポ
スズキWAKUスポ拡大

数ある東京モーターショーのコンセプトカーの中から、自動車評論家の竹岡 圭がおすすめに選んだのはスズキの「WAKUスポ」。クーペとワゴンを行き来する“変身機能”に、クラシカルでありながら未来的なデザインなど、このモデルにはユニークな魅力があふれていた。

 
スズキWAKUスポ:ボタンひとつでクルマが変身!の画像拡大
 
スズキWAKUスポ:ボタンひとつでクルマが変身!の画像拡大
 
スズキWAKUスポ:ボタンひとつでクルマが変身!の画像拡大
 
スズキWAKUスポ:ボタンひとつでクルマが変身!の画像拡大

フェンダーミラーに見るレトロと未来感の融合

内外装のデザインを含めた完成度の高さでは「マツダMX-30」が光っていましたが、やっぱりモーターショーはこれから先のワクワクが見られるのが楽しいもの。となると、スズキWAKUスポがユニークでしたね。なんたってスイッチひとつで変身しますから。クーペとワゴンの融合ではなく、行ったり来たりできる。いまある言語で言うとクロスオーバーになるのかな? 掛け合わせるという意味では車体のハイブリッドとも言えるのかも!? なんとも楽しいですよね。

そしてデザインがレトロモダンな感じなのもいいんですよ。なんてったってフェンダーミラー。でもこれがカメラになっているというのが、未来感を加味する“ミソ”なわけです。インパネもクルリと引っくり返って、未来調から木目調に変化。雰囲気も気分もガラリと変えられます。

余談ですが、今回のモーターショー、ドアミラーをカメラにしているコンセプトカーはたくさんありましたが、ヘッドライトのいわゆる“目尻”の位置にそれをつけた「ダイハツWakuWaku」の手法は、スッキリしてオシャレでしたね。そうやって細かい装備に注目したり、インホイールモーターやガスタービンエンジンなどの新しいパワートレインをチェックしたり、いろいろな見方でクルマを眺められるのがモーターショーのいいところ。というわけで、初日一日ではとても見切れませんでした。今回は開催展示スペースが過去最大規模ということなので、マイクロモビリティーを駆使して会場を移動する楽しみも味わいつつ、東京モーターショーに通いたいと思います。

(文=竹岡 圭/写真=webCG/編集=堀田剛資)

関連キーワード:
スズキ, 東京モーターショー2019, モーターショー

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事