“レースは技術の実験室”の理念は脈々と アウディのモータースポーツ車両開発拠点を歩く

2019.11.11 デイリーコラム

「アウディ・クワトロ」に始まるその歴史

2019年10月5日~6日、ドイツ・ホッケンハイムリンクで、ドイツツーリングカー選手権(DTM)の最終戦を観戦した翌日、ホッケンハイムから東へ約300km、アウディの本社があるインゴルシュタット方面へと向かう。目的地は、そこから西へ約20km、ドナウ川沿いに広がる田園都市ノイブルク(正確にはノイブルク・アン・デア・ドナウという)にあるAudi Sport(アウディスポーツ)のモータースポーツ用車両開発拠点だ。

アウディスポーツはそもそも、1980年に誕生した乗用車では初めてフルタイム4WDを採用した「アウディ・クワトロ」を擁して世界ラリー選手権(WRC)参戦を担う、アウディ社内で立ち上げられたモータースポーツ部門の名称だった。ちなみに少々ややこしいが、現在のアウディ内でのモータースポーツ部門の名称はAudi Motorsport(アウディ モータースポーツ)となっている。

1983年には、ドイツ・ネッカーズルムにWRCのホモロゲーション用マシンなどスペシャルモデルの開発や生産を行う100%子会社quattro GmbH(クワトロ社)を設立する。ここで先のアウディ・クワトロをベースに開発されたマシンが「スポーツクワトロ」だった。以降、企業としてのクワトロは、1993年に発表された「RS2」に端を発する「RS」モデルといった高性能モデルの開発と生産、およびアクセサリー用品のプロデュースなどを手がけてきた。

アウディは1999年に「R8」(プロトタイプレーシングカー)でルマン24時間レースに初参戦し、いきなり3位に入賞。その後R8は2000~2005年の6年間で4度優勝するという快挙を成し遂げた。ここにルーツを持つのが、2006年に登場したロードカーの「R8」だ。レースカーの技術がふんだんに投入されており、開発と生産はネッカーズルムにあるクワトロ社で行われてきた。

アウディのモータースポーツ用車両開発拠点であるアウディ ノイブルクの全景。
アウディのモータースポーツ用車両開発拠点であるアウディ ノイブルクの全景。拡大
アウディ ノイブルクの正面玄関となるアウディドライビングエクスペリエンスセンター。
アウディ ノイブルクの正面玄関となるアウディドライビングエクスペリエンスセンター。拡大
ネッカーズルムにあるアウディスポーツの本拠地。ここでは「R8」や「RS」モデルといったロードカーの開発や、モータースポーツ用エンジンの開発が行われる。
ネッカーズルムにあるアウディスポーツの本拠地。ここでは「R8」や「RS」モデルといったロードカーの開発や、モータースポーツ用エンジンの開発が行われる。拡大
ネッカーズルムにある「R8」の生産ライン。
ネッカーズルムにある「R8」の生産ライン。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事