第628回:海の向こうから眺める東京モーターショー2019
イタリア&フランスではこう報道されていた

2019.11.01 マッキナ あらモーダ!

盛り下がるラグビーとは対照的に

「イタリアでは盛り上がってますか?」と、日本の知人が言う。

さも当たり前のことのように聞かれたので、何のことかと思えば「ラグビーワールドカップ」だった。

正直なところ、筆者の周囲では、まったく盛り上がっていない。そもそもラグビーというスポーツを知る人が限られている。

念のため、有料放送『スカイスポーツ』のウェブサイトでチャンネル一覧を確認すると、「サッカー・セリエA」「F1」「MotoGP」「NBA」に続く「その他」にようやく登場する。

こうした感じだから、地上波テレビニュースのスポーツ欄で、ラグビーワールドカップが報道されることは極めて限られている。

思えば2006年のトリノ冬季五輪も、トリノ市民以外は極めて冷静だった。約140kmしか離れていないミラノでも、人々に浮き足だった感はみられなかった。

イタリアでは1861年の国家統一まで各都市が独自の文化を育み、他都市よりも自身の出身地への関心のほうが高いことが背景にある。それは地元サッカーチームへの、時に過激ともいえる応援からもわかる。

したがって、イタリアから傍観していると、メディアの仕掛けという「からくり」を差し引いても、日本にいる人々が、身近な対象でなくても最新イベントに次々と感情移入するのには目を見張るものがある。

いっぽう、東京モーターショー2019は、イタリアやフランスのメディアで過去数年以上に熱心に取り上げられていた。

モーターショーの人気低下と新たなあり方が欧州でも議論されていることとともに、観光地として日本が注目されていることが背景にあると考えられる。

実際どのように報道されていたか。2019年10月28日現在の状況でお伝えしよう。

2019年10月23日に開幕した第46回東京モーターショーの会場。
2019年10月23日に開幕した第46回東京モーターショーの会場。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事