日産GT-Rプレミアムエディション 2020年モデル(前編)

2019.10.31 谷口信輝の新車試乗 パワートレインやブレーキをはじめ、さまざまな改良が施された2020年モデルの「日産GT-R」。12年前のデビュー時からこのハイパフォーマンスカーに接してきた谷口信輝は、最新型の走りをどう評価する?

初期モデルとはタイプが違う

「いいクルマですね」

2020年モデルの「日産GT-Rプレミアムエディション」の試乗を終えたとき、谷口信輝は確かにそう言った。最初は聞き間違いかと思ったが、それは、クルマから降り立った直後の感想として谷口が「いいクルマですね」と言ったことがこれまでなかったように記憶しているからだ。

谷口ほどの腕利きをして「いいクルマ」と言わしめたその理由はどこにあったのか? 彼の真意にもう少し迫ってみたい。
「サンゴー(R35)GT-Rのデビューって、たしか2007年とかですよね。いま考えてみると、あの最初のGT-Rが一番ダメでしたね(笑)。いや、パフォーマンスはすごかったですよ。先代のサンヨン(R34)に比べたら圧倒的に速かった。でも、乗り心地とかシフトフィーリングとかが荒削りで、熟成されている感じがしなかったんです。そこからどんどん進化していくんですが、どこか無機質で“ザ・マシン”という印象が抜けきれなかった。それが、この2020年モデルでは、いい意味で個性が出てきたような気がします。よくクルマ好きが『昔のクルマのほうが味があったよな』って言いますが、そういう味がある方向に少し戻ったような感じですね」

なるほど、そうなのか。では、その「味がある」というところを、もう少し詳しく聞かせてもらえないだろうか。
「基本的には足まわりの印象の話なんですが、正直、この2020年モデルは“パキパキでソリッドな感じ”はあまりしません。それよりも適度にしなやかで、いなしながら走っている感じ。適度な柔らかさというか、マイルドさといってもいいかもしれません。おかげで、クルマと運転手の間に“人馬一体感”が生まれて、クルマに乗せられているというよりは、運転手がクルマを操っているという味が出てきていると思うんですよ」

 
日産GT-Rプレミアムエディション 2020年モデル(前編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション 2020年モデル(前編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション 2020年モデル(前編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション 2020年モデル(前編)の画像拡大

【日産GT-Rプレミアムエディションのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570PS(419kW)/6800rpm/最大トルク:637N・m(65.0kgf・m)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40ZRF20 101Y/(後)285/35ZRF20 104Y(ダンロップSP SPORT MAXX GT 600 DSST CTT)/燃費:7.8km/リッター(WLTCモード)/価格:1232万9900円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 204.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:34.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.9km/リッター(満タン法)/6.6km/リッター(車載燃費計計測値)


	【日産GT-Rプレミアムエディションのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570PS(419kW)/6800rpm/最大トルク:637N・m(65.0kgf・m)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40ZRF20 101Y/(後)285/35ZRF20 104Y(ダンロップSP SPORT MAXX GT 600 DSST CTT)/燃費:7.8km/リッター(WLTCモード)/価格:1232万9900円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 204.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:34.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.9km/リッター(満タン法)/6.6km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
GT-R, 日産

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
  • 1億円を超える「日産GT-R50 by Italdesign」の納車が2020年後半にスタート 2019.12.5 自動車ニュース 日産自動車は2019年12月5日、「日産GT-R NISMO」をベースにイタルデザインと共同開発した50台の限定車「日産GT-R50 by Italdesign」の納車を、2020年後半に開始すると発表した。
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
  • 日産が「GT-R NISMO」2020年モデルの価格を発表 「トラックエディション」もブラッシュアップされて登場 2019.7.25 自動車ニュース 日産自動車は2019年7月24日、「GT-R NISMO」と「GT-Rトラックエディションengineered by NISMO」の、2020年モデルの価格を発表した。トラックエディションは、標準車の「GT-R」ほぼそのままのフォルムに、GT-R NISMOの足まわりと高剛性ボディーを融合した仕様となる。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
ホームへ戻る