第207回:サバイバルのためにはミニバンに乗るべし
『ゾンビランド:ダブルタップ』

2019.11.21 読んでますカー、観てますカー

10年でゾンビが凶暴に進化

彼らはまだ生き残っていた。2009年に『ゾンビランド』で出会った4人は、その後ずっと戦い続けてきたのだろう。悪性ウイルスに感染して人類のほとんどがゾンビ化してしまったが、知恵と勇気でサバイブしたのだ。『ゾンビランド:ダブルタップ』は、ゾンビが進化した10年後の世界を描く。数が増えるだけでなく凶暴化しているようで、いきなりコロンビアレディーに襲いかかるのだ。

人類は10年もの間ゾンビと向き合ってきたので、研究が進んで分類が可能になった。ホーマーと呼ばれる太っていて愚鈍な従来型ゾンビも健在だが、危険な能力を身につけた新型が現れた。知性を手に入れた“ホーキング”、優れた反射神経を持つ“ニンジャ”、足の速い“ボルト”などである。最も危険なのは“T-800”。『ターミネーター』の殺人アンドロイドから名付けられた。強力なパワーとしぶとい生命力を持ち、簡単には死なない。

オープニングから、派手なバトルが繰り広げられる。迫りくるゾンビを銃で迎え撃ち、皆殺しにする。血が噴き出し肉が飛び散る様子がスローモーションで映し出されるのだ。このジャンルが好きな人にとっては、気分のアガるシーンである。怖い映画が苦手というタイプでも大丈夫だ。様式化された映像であり、リアリティーを感じることはない。

キャストはもちろん前作を引き継いでいる。コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)の4人だ。いがみ合っていた彼らだが、今ではすっかりファミリーとなった。穏やかに暮らすための安全なすみかも手に入れている。アメリカ最強のセキュリティーを誇る建物、ホワイトハウスである。

 
第207回:サバイバルのためにはミニバンに乗るべし『ゾンビランド:ダブルタップ』の画像拡大
 
第207回:サバイバルのためにはミニバンに乗るべし『ゾンビランド:ダブルタップ』の画像拡大
 
第207回:サバイバルのためにはミニバンに乗るべし『ゾンビランド:ダブルタップ』の画像拡大
 
第207回:サバイバルのためにはミニバンに乗るべし『ゾンビランド:ダブルタップ』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事