第152回:フェラーリは買えば買うほど善い

2019.11.26 カーマニア人間国宝への道

買い換えの理由はさまざま

赤い「フェラーリ328GTS」から、黒い328GTSへと、色違いの同じモデルに買い換えを敢行したばかりの私ですが、実は以前にも、ほぼ同じようなことをやっておりまする。

今を去ること約20年前。5年半愛し抜いた「フェラーリ348tb」から「512TR」への買い換えを決意した時、白いボディーカラーを希望したのですが、白はなかなか見つからず、結局待ち切れずに赤を買いました。

ところが半年後に白の出物があったため、色だけを目的に買い換えたことがあるのです。

ただその時は、最初から白が希望だった。一方2年半前は、赤い「328」という初恋の相手をゲットすることにボーボー燃えていたので、心持ちはまったく違う。

さらに言うと、11年前には、まず紺の「328GTB」を買い、わずか1カ月後に黒の328GTSに買い換えたこともありまする。この時は、日本仕様(紺)からヨーロッパ仕様(黒)への乗り換えが主な目的で、色にこだわったわけではないので、これまた事情が異なる。

「えっ、11年前に黒の328GTSに乗ってたの?」

そこに気付いた方は鋭い。実は数名の方に、「黒の328って、昔乗ってませんでした?」と突っ込まれました。

よくぞ覚えていてくださいました。確かに乗っておりましたよ! しかも、ものすごぉく気に入ってました! 愛称は“ヨーコ様”でした! なんとなく『港のヨーコヨコハマヨコスカ~』を連想させるおクルマだったので。ヨーコ様は内装色もワインレッドで、今回のスッポン丸と同じでした!

赤から黒へと買い換えた「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)
赤から黒へと買い換えた「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)拡大
筆者のかつての愛車、赤い「フェラーリ512TR」。
筆者のかつての愛車、赤い「フェラーリ512TR」。拡大
赤いモデルから買い換えた、白い「フェラーリ512TR」。
赤いモデルから買い換えた、白い「フェラーリ512TR」。拡大
11年前に購入した、紺色の「328GTB」。
11年前に購入した、紺色の「328GTB」。拡大
紺のモデルから買い換えた、“ヨーコ様”こと黒い「328GTS」。
紺のモデルから買い換えた、“ヨーコ様”こと黒い「328GTS」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事