クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第152回:フェラーリは買えば買うほど善い

2019.11.26 カーマニア人間国宝への道

買い換えの理由はさまざま

赤い「フェラーリ328GTS」から、黒い328GTSへと、色違いの同じモデルに買い換えを敢行したばかりの私ですが、実は以前にも、ほぼ同じようなことをやっておりまする。

今を去ること約20年前。5年半愛し抜いた「フェラーリ348tb」から「512TR」への買い換えを決意した時、白いボディーカラーを希望したのですが、白はなかなか見つからず、結局待ち切れずに赤を買いました。

ところが半年後に白の出物があったため、色だけを目的に買い換えたことがあるのです。

ただその時は、最初から白が希望だった。一方2年半前は、赤い「328」という初恋の相手をゲットすることにボーボー燃えていたので、心持ちはまったく違う。

さらに言うと、11年前には、まず紺の「328GTB」を買い、わずか1カ月後に黒の328GTSに買い換えたこともありまする。この時は、日本仕様(紺)からヨーロッパ仕様(黒)への乗り換えが主な目的で、色にこだわったわけではないので、これまた事情が異なる。

「えっ、11年前に黒の328GTSに乗ってたの?」

そこに気付いた方は鋭い。実は数名の方に、「黒の328って、昔乗ってませんでした?」と突っ込まれました。

よくぞ覚えていてくださいました。確かに乗っておりましたよ! しかも、ものすごぉく気に入ってました! 愛称は“ヨーコ様”でした! なんとなく『港のヨーコヨコハマヨコスカ~』を連想させるおクルマだったので。ヨーコ様は内装色もワインレッドで、今回のスッポン丸と同じでした!

赤から黒へと買い換えた「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)
赤から黒へと買い換えた「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)拡大
筆者のかつての愛車、赤い「フェラーリ512TR」。
筆者のかつての愛車、赤い「フェラーリ512TR」。拡大
赤いモデルから買い換えた、白い「フェラーリ512TR」。
赤いモデルから買い換えた、白い「フェラーリ512TR」。拡大
11年前に購入した、紺色の「328GTB」。
11年前に購入した、紺色の「328GTB」。拡大
紺のモデルから買い換えた、“ヨーコ様”こと黒い「328GTS」。
紺のモデルから買い換えた、“ヨーコ様”こと黒い「328GTS」。拡大

「328」を通算4台購入

つまり、私は生涯2度までも、別の色の328から黒の328への買い換えを実行したわけです。これは全人類的に見ても稀有(けう)でしょう。

ただ、11年前と現在とでは、私の心境がまるで違う。

ヨーコ様は、痛快なライトウェイトスポーツであることにほれ込んで買ったのです。購入時点すでにスピードラインの黒いマグネシウムホイールや、OMPのフルバケットシートが組み込まれており、サーキットを走る気マンマンな雰囲気でした。

エンジンの吹けは痛快そのもの。ゼロヨン(0-400m)計測では13.7秒を記録し、「ランエボX」に加速対決で勝ったこともあるっていうのは、以前も自慢しましたね。どうもスミマセン。

私はそのレーシィーな雰囲気にメロメロになり、さらにその方向性を深めるべく、スポーツサスペンションや軽量フライホイール&メタルクラッチを投入。よりバリバリのライトウェイトスポーツに仕上げたので御座いました。クラッチが相当シビアになっちゃって、車庫入れは毎回シビレたぜ。

しかし今回は違う。もうそんなバリバリ走る気はなく、チューニングする予定も皆無。ただ黒い328GTSにたまたま偶然コーナーストーンズで再会して、もう一度鼻血が出ただけ! 今度はどノーマルで、年齢相応にゆったりエレガントに流したいであります!

これで328を買うのは通算4台目になるので、それだけ聞くと「328マニアなの?」「バカなの!?」って思うでしょうが、それも断じて違う。

生涯に2度までも、別の色の「フェラーリ328GTS」から黒の同じモデルに買い換えたことになる。
生涯に2度までも、別の色の「フェラーリ328GTS」から黒の同じモデルに買い換えたことになる。拡大
“ヨーコ様”では筑波アタックも経験。
“ヨーコ様”では筑波アタックも経験。拡大
今回新たに購入した“黒まむしスッポン丸”ではゆったりエレガントに流したい。(写真=木村博道)
今回新たに購入した“黒まむしスッポン丸”ではゆったりエレガントに流したい。(写真=木村博道)拡大

フェラーリは買ってナンボ

私はフェラーリ全般の崇拝者であり、生涯を通じてみれば、328に飛び抜けて深い思い入れがあるわけじゃない。

確かに今は「俺には328しかない!」「キミ以外誰も愛せないぜ!」と思ってるけど、その愛はたぶん永遠ではない。今までのフェラーリも、買ったときは毎回「一生乗る!」って決めてたけど、常に買い換えてきたので。

カーマニアの中には、特定のモデル以外愛せない、ものすごくいちずな人がいますよね。R32「GT-R」以外眼中にないとか、初代「MR2」だけ乗り継いでるとか。それも、前の愛車を事故で失ったから泣く泣く乗り換えただけだとか。

その気持ち、なんとなくだけどよくわかる。何かにいちずな愛をささげるのってすっごく気持ちいいし。

でも、私は悟ったのです。フェラーリは買ってナンボだ! と。できればいっぱい買うべきだ! と。買えば買うほど善いものだ! と。

だって、フェラーリって、あんまり乗らないでしょ。もちろん乗ろうと思えば乗れるけど、刺激が強すぎるので、自然とあんまり乗らなくなる。毎日フォアグラ食うヤツがあんまりいないみたいに。

それに、自分で整備できないでしょ。できる人は最高にうらやましいけど、私は何もできない。洗車しかできない。雨の日には乗らないから汚れないので、洗車すらめったにできない。

乗らないし、いじれないし、洗車もできないクルマなんだから、買うしかないじゃないですか! 買うこと以上にコーフンするイベントなんてないじゃないですか! だったらできるだけたくさん買った方がいいでしょ!? うおおおおおおおおおお!

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信、木村博道/編集=大沢 遼)

「フェラーリ458イタリア」を買ったときには「一生乗る!」と決めていた。(写真=池之平昌信)
「フェラーリ458イタリア」を買ったときには「一生乗る!」と決めていた。(写真=池之平昌信)拡大
“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」を買ったときも「一生乗る!」と決めたはずだったが……。(写真=池之平昌信)
“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」を買ったときも「一生乗る!」と決めたはずだったが……。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の知人の愛車、R32型「日産スカイラインGT-R」。(写真=池之平昌信)
筆者の知人の愛車、R32型「日産スカイラインGT-R」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。