第605回:愛され続けて70年 イタリアにとってアバルトとは何か?

2019.11.20 エディターから一言
イタリア・ミラノで2019年10月に開催されたファンミーティング「ABARTH DAYS 2019」には新旧のアバルトが欧州各国から集結した。
イタリア・ミラノで2019年10月に開催されたファンミーティング「ABARTH DAYS 2019」には新旧のアバルトが欧州各国から集結した。拡大

2019年3月に、創設から70周年を迎えたアバルト。当初から過激なチューニングで名をはせ、いまなお高性能モデルで知られるブランドは、イタリアでどう育まれてきたのか。これまでの歴史、そしてかの地で熱烈に愛される理由に迫る。

アバルトの創業者であるカルロ・アバルト(1908-1979年)と、その手になる珠玉のコンプリートカー。傍らに添えられたリンゴの山は、彼が不摂生からレーシングカーに乗れなくなった際、リンゴダイエットで減量に成功したエピソードにちなむもの。


	アバルトの創業者であるカルロ・アバルト(1908-1979年)と、その手になる珠玉のコンプリートカー。傍らに添えられたリンゴの山は、彼が不摂生からレーシングカーに乗れなくなった際、リンゴダイエットで減量に成功したエピソードにちなむもの。
	拡大
アバルトの70周年を記念する切手(写真)も登場。サンマリノの切手局が「ABARTH DAYS 2019」に合わせて6万セット発行した。価格は1.6ユーロ。
アバルトの70周年を記念する切手(写真)も登場。サンマリノの切手局が「ABARTH DAYS 2019」に合わせて6万セット発行した。価格は1.6ユーロ。拡大
「ABARTH DAYS 2019」でのひとこま。おびただしい数のアバルトが会場に並んだ。
「ABARTH DAYS 2019」でのひとこま。おびただしい数のアバルトが会場に並んだ。拡大

国民性にピッタリ

フェラーリはイタリアである。この言い方は正しいと思う。100人の凡人よりひとりのリーダーを求める国でしか生まれなかった自動車だ。アルファ・ロメオもイタリアである。これも当たっている。技術力、デザインセンス、ブランド力はイタリアという国の強みを凝縮している。

それではフィアットはどうか? フィアットこそイタリア、これもぴったりだ。七転び八起きの同社の歴史はまさに浮き沈みの激しいこの国の鏡。それでも、もしもイタリアという国、イタリア人の国民性を最も表している自動車は? と尋ねられたら、私は迷わずこう答えるだろう。

「アバルト!」

今年設立70年を迎えたアバルト(Abarth & C.)は、カルロ・アバルトが41歳のとき創業した。カルロはイタリア系オーストリア人、ウィーン育ち。30歳の頃に父の故郷であるイタリアに移った。1946年、ポルシェ設計事務所のイタリア担当だったとき、自ら販売した同社のF1カー製作プロジェクトの陣頭指揮を執ることになりチシタリアに移る。動く彫刻といわれた「202クーペ」で知られるスポーツカーメーカーだ。しかし経営者があまりにF1製作にのめりこみ資金をつぎ込んだために、チシタリアは倒産。そこで、カルロは自社を興したのである。

サソリをエンブレムとしたのは彼の星座だったから。カルロは11月15日生まれ、確かにさそり座の男だ。しかし例えば彼が双子座だったらエンブレムには使わなかったと思う。彼がサソリを使ったのはその形がまねしにくいから。もうひとつは小さくても毒があるから。この2つの理由こそ、カルロのビジネスビジョンを示しているように私は思う。誰にもまねできないチビのワル。

あなたにおすすめの記事
新着記事