コンパクトSUV市場の活性化に期待! 「ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ」はここがスゴい

2019.11.25 デイリーコラム

今季ギョーカイ随一の注目車種

月日が流れるのは早いもので、当コラムを書くうえで東京モーターショー2019の記事を見返してみたら、日付がまさかの1カ月前だった。まじかよ。

で、なんでわざわざ当時の記事を見返そうと思ったかというと、今回のコラムのお題がコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ」だから。ご記憶の方もおられるだろうが、ダイハツ・ロッキーは今回のショーで“サプライズ発表”されたのだ。事前告知ナシにダイハツが新型車をお披露目するなんて、記者の記憶の限りでは(メモリの容量はだいたい256MBくらい)これまでなかったことではないか。

かように衝撃的演出がなされたデビューに加え、ロッキー&ライズはその絶妙なポジション取りでも大いにギョーカイの注目を集めている。ちゃんとヨンクも用意された、全長4mを切るコンパクトSUV。ありそうでなかったクルマじゃないかと。

……なんて書くと、「いやいや、待て、待て」と言われることでしょう。「あるじゃないの。そういうクルマ」と。その通り、あるのです。その名も「スズキ・クロスビー」。ダイハツにとって永遠のライバルである浜松の雄は、豊富にそろえた小さなSUV商品群が自慢。このかいわいにも「イグニス」「クロスビー」「エスクード」と、実に3車種もモデルを用意している。ただし、個々のモデルを見てみると、イグニスは後席も荷室もミニマムなクーペSUVといった趣で、クロスビーのデザインはSUVというよりコンパクトハイトワゴンのクロスオーバー(どちらも、そこが魅力なんだけどね)。エスクードは文句のつけようがない本格SUVだが、セグメントがひとつ上のBセグとなる。要するに、ロッキー&ライズよりちょいとデカいのだ。

ちゃんとSUVらしいデザインをまとい、SUVならではの多用途性を備えた最小単位のクルマとして、ロッキー&ライズは注目されているのである。

東京モーターショー2019で“サプライズ発表”された「ダイハツ・ロッキー」。当時はまだ車名は発表されておらず、パネルには「新型コンパクトSUV」とだけ書かれていた。
東京モーターショー2019で“サプライズ発表”された「ダイハツ・ロッキー」。当時はまだ車名は発表されておらず、パネルには「新型コンパクトSUV」とだけ書かれていた。拡大
兄弟車「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」のツーショット。せっかくなので、トヨタ版は「ブリザード」という名前にしてほしかった……。
兄弟車「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」のツーショット。せっかくなので、トヨタ版は「ブリザード」という名前にしてほしかった……。拡大
スズキがラインナップするAセグメントのコンパクトSUV「クロスビー」。ポップなデザインをはじめとしたユニークなキャラクター、機能的に使える車内空間が魅力。
スズキがラインナップするAセグメントのコンパクトSUV「クロスビー」。ポップなデザインをはじめとしたユニークなキャラクター、機能的に使える車内空間が魅力。拡大
「スズキ・エスクード」はBセグメントの中でも比較的コンパクトなモデル。「スイフトスポーツ」ゆずりのパワフルなエンジンと、「ロックモード」付きのタフな4WDシステムが自慢だ。
「スズキ・エスクード」はBセグメントの中でも比較的コンパクトなモデル。「スイフトスポーツ」ゆずりのパワフルなエンジンと、「ロックモード」付きのタフな4WDシステムが自慢だ。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る