第609回:「こんなクルマがあったのか!」 “自動車世界一”を占う国際試乗会の会場から

2019.12.11 エディターから一言
ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーの候補車を集めた試乗会は、アメリカ・ロサンゼルスのホテルを基点に行われた。
ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーの候補車を集めた試乗会は、アメリカ・ロサンゼルスのホテルを基点に行われた。拡大

80人を超える各国代表のジャーナリストによって、さまざまな角度から“その年を代表する新型車”を評価・選出する、World Car Awards(通称:ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー)。その前哨戦となる試乗会に参加した、選考委員の河村康彦が気になったニューモデルとは?

毎年恒例となった試乗会だが、今回は過去最多となる23台が用意された。
毎年恒例となった試乗会だが、今回は過去最多となる23台が用意された。拡大
ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。会場では「タイカン ターボ」と名付けられた中間グレードに試乗した。
ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。会場では「タイカン ターボ」と名付けられた中間グレードに試乗した。拡大
流麗なスタイリングの「タイカン」。そのシルエットは同じポルシェの4ドアモデル「パナメーラ」を思わせる。
流麗なスタイリングの「タイカン」。そのシルエットは同じポルシェの4ドアモデル「パナメーラ」を思わせる。拡大
ロサンゼルスの道を行く「タイカン」。今回試乗した「タイカン ターボ」の場合、一充電あたり450kmの航続(WLTPモード)が可能となっている。
ロサンゼルスの道を行く「タイカン」。今回試乗した「タイカン ターボ」の場合、一充電あたり450kmの航続(WLTPモード)が可能となっている。拡大

未来型ポルシェに手が伸びる

ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーの表彰式は、毎年4月に開催されるニューヨークモーターショーで行われる。それに向けたプログラムのひとつである恒例の試乗会が、今年もロサンゼルスオートショーの会期に合わせ、ロサンゼルス郊外のパサデナ地区にあるホテルを基点に4日間にわたって開催された。

ちなみに、13カ国から50人の審査員、計23台の試乗車が集まった今回は、これまで6回を数えるロサンゼルス試乗会の中で最大規模とのこと。そんな中、審査員の末席に名を連ねる筆者も「日本ではなかなか乗れないモデル」を中心に、ここぞとばかりそのステアリングを握らせてもらった。

とはいえ、“おいしいごちそう”を目の前に出されれば、まずはそれに食いつきたくなるのというのが人情というもの。一目散に受付カウンターへと走ってキーを奪い取ったモデルは、よんどころない事情(?)によって国際試乗会への参加がかなわなかったポルシェ史上初の量販型電気自動車「タイカン」だった。

駆動用バッテリーを床下へと敷き詰めるのが通例のピュアEV。ただし、そんなパッケージングゆえ、多くの場合そのプロポーションは“ずんぐり型”にならざるを得ない……というのは、すでに存在するEVのデザインを思い浮かべれば、即座に納得のいく話だろう。

ところが、ホテル地下駐車場で対面したタイカンの第一印象は「うわぁ、低っ!」というもの。「これって『911』より低いんじゃないの!?」というのは、後で調べるとさすがに“気のせい”であることが判明したが、そのくらい低さが強調されているように感じられたのは間違いない。

あなたにおすすめの記事
新着記事