トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」が本格始動 その先に未来はあるのか?

2020.01.06 デイリーコラム

トヨタが本腰で臨む“クルマを売らない新事業”

とにかく、どこにおいても“流行(はや)り”とわかれば自分の業界に取り入れたがる、嗅覚の鋭い人はいるものだ。音楽ビジネスを席巻する「サブスクリプション(定額制)サービス」をまねた訳ではないだろうが、北米などで浸透しつつあるクルマのサブスクリプションに、いよいよ日本の大御所トヨタが本腰を入れてきた。

彼らが提供するサービスは「KINTO(キント)」と呼ばれるもので、“愛車サブスクリプションサービス”というキャッチフレーズとともに、2019年2月に東京エリアでトライアルを開始した。この段階での基本サービスは大きく2つ。ひとつは、月々の定額払いで3年にわたり1台のクルマを利用できる「KINTO ONE」、もうひとつは、3年の契約期間中、半年ごとに6台のレクサス車に乗ることができる「KINTO SELECT」である。いずれも頭金なし。任意保険や自動車税、登録諸費用、車両メンテナンス費用などはすべて月額に含まれており、諸費用・諸経費でわずらわしい思いをしないで済むのが魅力だ。

システムやオペレーションの検証を行った上で、KINTO ONEについては同年7月に全国展開を開始する。もっとも、取り扱い車種が少なかったり、告知が限定的だったりと、その取り組みは依然として“様子見”というのが現状だった。

それに対し、2019年12月の発表では、ラインナップの大幅な増加やサービス内容の拡充を図り、2020年1月下旬よりこれらの新車種・新サービスを順次展開していくことがアナウンスされたのだ。

トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」のロゴ。その名前は『西遊記』の主人公・孫悟空が移動に使う、キン斗雲(きんとうん)に由来する。
トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」のロゴ。その名前は『西遊記』の主人公・孫悟空が移動に使う、キン斗雲(きんとうん)に由来する。拡大
「KINTO ONE」は2019年7月に全国展開されたが、当初のラインナップはわずか6車種だった。
「KINTO ONE」は2019年7月に全国展開されたが、当初のラインナップはわずか6車種だった。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事