今年も自動車業界は元気だ! 2020年にデビューする新型車を知る

2020.01.08 デイリーコラム

「トヨタ・ミライ」はLサイズセダンに

2020年に登場する新型国産車について考えてみたい。まずトヨタからは「ヴィッツ」の後継となるコンパクトカー「ヤリス」が登場する。価格を含めて情報はすでに発表されているが、納車も含めた発売は2020年2月になる。

エンジンはすべて直列3気筒で、以前から搭載される1リッターに加えて、新開発の1.5リッターと1.5リッターのハイブリッドも選べる。後席と荷室はヴィッツよりも狭いが、走行安定性と乗り心地を向上させて内装の質も高めた。ドライバーの満足感をより重視するコンパクトカーになり、既存の車種では「マツダ2」のような性格に近づく。

なお将来的には、ヤリスのエンジンとプラットフォームを使う背の高いコンパクトカーも発売され、ファミリーカーの需要にも応えるようだ。

「トヨタ・ミライ」の新型も登場する。高圧水素タンクとモーターを搭載する燃料電池車であり、次期型のプロトタイプ(試作車)は、東京モーターショー2019に出展された。プラットフォームからレイアウトまですべてを刷新して後輪駆動車に発展する。全長が5m近いLサイズセダンになり、燃料電池車の環境性能と、上質な運転感覚を兼ね備えるのが自慢だ。

2020年2月10日に発売される予定の「トヨタ・ヤリス」。
2020年2月10日に発売される予定の「トヨタ・ヤリス」。拡大
新型「トヨタ・ミライ」は2020年末の発売が予定されている。
新型「トヨタ・ミライ」は2020年末の発売が予定されている。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事