第34回:古都が呼んでいる(後編)

2020.01.25 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
在京中の借り住まい(アプリで予約した駐車場)にて休憩中の「ダッジ・バイパー」。
在京中の借り住まい(アプリで予約した駐車場)にて休憩中の「ダッジ・バイパー」。拡大

ガソリン大好きなアメリカンマッスルカー「ダッジ・バイパー」で目指すは京都! 片道450kmの旅の果てに記者が見たものとは? そして東京・武蔵野には無事に帰れたのか? 8リッターV10 OHVで行く、東京-京都無給油チャレンジの顛末(てんまつ)をリポートする。

浜松SA(下り)の先、都田川橋周辺の遠景。普段使わない道を走ると、景色の移り変わりが新鮮で面白い。
浜松SA(下り)の先、都田川橋周辺の遠景。普段使わない道を走ると、景色の移り変わりが新鮮で面白い。拡大
名古屋港を横断する「名港トリトン」のひとつである名港西大橋。ほかに名港東大橋、名港中央大橋がある。いずれもワイヤーを斜めに張った斜張橋なのだが、主塔の形や色が違って、眺めていると結構面白い。
名古屋港を横断する「名港トリトン」のひとつである名港西大橋。ほかに名港東大橋、名港中央大橋がある。いずれもワイヤーを斜めに張った斜張橋なのだが、主塔の形や色が違って、眺めていると結構面白い。拡大
「名港トリトン」を走っていたら、化学コンビナート特有の刺激臭がしたので慌ててエアコンを内気循環へ。ちなみに、わが「バイパー」のエアコンはもちろん、温度、風量を手動調整するマニュアル式である。
「名港トリトン」を走っていたら、化学コンビナート特有の刺激臭がしたので慌ててエアコンを内気循環へ。ちなみに、わが「バイパー」のエアコンはもちろん、温度、風量を手動調整するマニュアル式である。拡大
新四日市JCTの手前で、ついに道路標識に“京都”の文字を発見。ひょっとしたら、もっと前からあったのかもしれないけど、見つけたのはこの標識が最初だった。
新四日市JCTの手前で、ついに道路標識に“京都”の文字を発見。ひょっとしたら、もっと前からあったのかもしれないけど、見つけたのはこの標識が最初だった。拡大

東海地方を一気に抜ける

前回の続き)
遠州森町PAを出て天竜川を越え、いよいよ静岡から愛知に入る。ラリージャパンの開催エリアにも選ばれている新城を過ぎ、矢作川を越えると、長かった新東名ともここでお別れ。そこから先は伊勢湾岸自動車道だ。

今回の旅で使ったルート、最近はやりの高速道路ナンバリングでは「E1A」と言うらしいが、その中でも遠州森町を出てからの小1時間は、スケールのでかい風景の変化が本当に面白かった。山の合間を走っていたと思ったら、いきなりドーンと景観が開けたり、無機質な防音壁に外界から隔離されたり。

そして東海ICで防音壁が消えたと思ったら、今度は伊勢湾の工業地帯である。巨大なクレーンが居並ぶ埠頭に、ブサカッコイイ貨物船、化学コンビナートの巨大タンクと、不穏な煙突群。短時間ではあったものの、不健康な工場男子はその景色と鼻を突く化学臭を大いに楽しみ、そしておもむろにエアコンを内気循環に切り替えた。

木曽川の手前から対岸のナガシマスパーランドを見て、「東海最大のレジャーランドって、こんな工場地帯の中にあるの!?」と驚いたら、ちょうどその辺が愛知と三重の県境である。神奈川や静岡と比べて、愛知、短かったな。程なくして伊勢湾岸道も終わりを告げ、四日市JCTから新名神へ。そして新四日市JCTの手前で、ついに記者はその文字を目撃した。

「E1A 新名神 京都 大阪」

道路標識に記された“京都”の2文字に、もうそんなところまで来ていたのかと、ちょっと驚く。この、「もうそんなに走ったの?」という、あっけないような爽快なような不思議な感覚。これって、長距離が得意なクルマで遠乗りした時特有のズレ感というか、気持ちよさだと思うのだけど、皆さまいかがでしょう。

あなたにおすすめの記事
新着記事