第33回:古都が呼んでいる(前編)

2020.01.24 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
宿泊先のホテルの車止めにて。
宿泊先のホテルの車止めにて。拡大

ニッポンが誇る1000年の都・京都へと、このうえなくアメリカンな「ダッジ・バイパー」でドライブを敢行。走らせれば何かが起きるポンコツマッスルカーは、片道450kmの道のりを無事走破できるのか? webCG編集部員がささやかな冒険に挑む。

本稿を書くにあたってカメラの中身を見返したところ、1枚も京都らしい写真がないことに戦慄した。さすがは私、編集部きっての観光下手である。こちらは二条城のお濠を行くカモの群れ。「んなもん撮ってる暇があったら、平安神宮にでも行っとけよ」と、当時の自分の頭をはたきたい。強めに。
本稿を書くにあたってカメラの中身を見返したところ、1枚も京都らしい写真がないことに戦慄した。さすがは私、編集部きっての観光下手である。こちらは二条城のお濠を行くカモの群れ。「んなもん撮ってる暇があったら、平安神宮にでも行っとけよ」と、当時の自分の頭をはたきたい。強めに。拡大
京都で催された「大学同窓の集まり」というのは、本好きの旧友が集まって、本についてひたすら“だべる”という高尚なんだか不毛なんだか分からない会合である。写真は2019年の個人的ブック・オブ・ザ・イヤー。やたらとドン・ウィンズロウを読んだ一年であった。
京都で催された「大学同窓の集まり」というのは、本好きの旧友が集まって、本についてひたすら“だべる”という高尚なんだか不毛なんだか分からない会合である。写真は2019年の個人的ブック・オブ・ザ・イヤー。やたらとドン・ウィンズロウを読んだ一年であった。拡大
スウェーデン・ストックホルムにて、空港と市街をつなぐ鉄道。誤解されそうなんで釈明しますと、記者は別に鉄道が嫌いというわけではない。両方選べるのであれば、自分で運転できる乗り物で移動したいのである。
スウェーデン・ストックホルムにて、空港と市街をつなぐ鉄道。誤解されそうなんで釈明しますと、記者は別に鉄道が嫌いというわけではない。両方選べるのであれば、自分で運転できる乗り物で移動したいのである。拡大
元webCG編集部員の折戸青年が教えてくれた駐車場予約アプリ。今回のようにスケジュールが決まっていて、かつ目的地に駐車場がないような遠出では重宝する。まぁ、そんな機会あんまりないんだけどね。
元webCG編集部員の折戸青年が教えてくれた駐車場予約アプリ。今回のようにスケジュールが決まっていて、かつ目的地に駐車場がないような遠出では重宝する。まぁ、そんな機会あんまりないんだけどね。拡大

竹中直人かく語りき

京都市は、北緯35度01分、東経135度45分に位置する、近畿地方の都市である。その歴史は古く、794年から1869年まで、実に1000年以上にわたり日本の首都がおかれていた。今日でも多くの寺社仏閣や歴史的建造物が残る、世界屈指の文化都市である。

そんな京都に、バイパーで行くことにした。

なんでか? 特に理由はない。年イチで催される大学同窓の集まりが今回(2019年)は京都開催となり、「休みの日に電車に軟禁とか、ないわ」と思ったからである。

最近分かったことなのだが、マイカーを所有していると、クルマ乗りからは車種選定の理由を聞かれ、クルマに乗らない人からは、「なんで○○に行くのにクルマを使うの?」と聞かれる。なんでって言われましてもねぇ。むしろ自前でドア・ツー・ドアの移動手段があるのに、なんでわざわざ公共交通に頼らにゃいかんのよ?

そもそも、クルマ乗りがクルマに乗るのに、目的なんてあってないようなものなのだ。かつてわが心の師、竹中直人氏は、サングラスの怪人に運転の喜びを聞かれ、こう答えた。「仕事が早めに終わったらさ、海に行けちゃうんだもン」(2006年9月25日放送『笑っていいとも!』より)。まさに金言。これこそ他の交通手段じゃ得られぬ、自動車ならではの自由と気まぐれだろう。

ただし、今回の旅に関しては問題がひとつあった。会の幹事も、まさかホントにクルマで来るやつはおるまいと踏んでいたようで、投宿先に駐車場がなかったのだ。

しかし記者は慌てない。こんなこともあろうかとスマホに駐車場予約アプリをダウンロードしておいたのだ。別にコインパーキングでも構わないのだが、高いし、そのとき空いているか分からないし、場所によってはイタズラされるかもしれないしね。で、諸般の条件を入力して出てきたのは、二条城の近隣、宿から2.5kmの駐車場だった。ドア・ツー・ドアとは一体? という感じだが、通勤で家から駅まで30分歩いている記者からすれば、こんな距離屁(へ)でもない。当該駐車場の予約をポチり、いざ武蔵野を後にする。片道450km、往復でアバウト900kmの小旅行だ。

ダッジ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事