ホンダが国内に導入する新型「アコード」の概要発表 ハイブリッドのモノグレードで展開

2020.01.23 自動車ニュース
ホンダ・アコードEX
ホンダ・アコードEX拡大

本田技研工業は2020年1月23日、同年2月に国内販売を予定している新型「アコード」の概要を発表した。

クールな表情を見せるフロントフェイス。デイタイムランニングライトが標準で備わる。
クールな表情を見せるフロントフェイス。デイタイムランニングライトが標準で備わる。拡大
なだらかなルーフラインが特徴の新型「アコード」。シャープなショルダーラインやドア下部のキャラクターラインも目を引く。
なだらかなルーフラインが特徴の新型「アコード」。シャープなショルダーラインやドア下部のキャラクターラインも目を引く。拡大
インテリアカラーはブラック(写真)のほか、アイボリーが選べる。
インテリアカラーはブラック(写真)のほか、アイボリーが選べる。拡大

クーペライクなスタイルに変身

アコードの新型は、1976年に誕生した初代から数えて10代目にあたるモデル。主要マーケットとなる北米で2017年秋に発売され、国内にも導入することが2019年8月にアナウンスされていた。

開発のコンセプトは「ABSOLUTE CONFIDENCE(アブソリュート・コンフィデンス)」。乗る人それぞれが自信を持って自己表現できる、次世代のベンチマークセダンを目指したという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4900×1860×1450mmで、先代に比べて45mm短く、10mm幅広く、15mm低くなっている。2830mmのホイールベースは、先代比で55mm延長。さらにAピラーを後方に移動するなどして、FF車の従来イメージを変える伸びやかなスタイリングを実現している。

このサイズ変更はプラットフォームの新開発によるところが大きく、同時に、理想的なドライビングポジションや広い室内空間も得られたとうたわれる。先代では9.5インチゴルフバッグが3つしか積めなかった424リッターのトランクルームは、573リッターへと容量を拡大。同サイズのゴルフバッグは4つまで積載可能となった。

インテリアについては、乗る前のわくわく感や降車後の余韻も重視。コンサートホールをイメージし、上質な空間の創出を目指したという。操作系の手触りのよさやスイッチ類の見やすさも、こだわりのポイントに挙げられている。

「e:HEV」と呼ばれる2モーター式のハイブリッドシステムを採用。WLTCモードの燃費は22.8km/リッター。
「e:HEV」と呼ばれる2モーター式のハイブリッドシステムを採用。WLTCモードの燃費は22.8km/リッター。拡大
フロントシートは、先代よりも肩まわりのサイズがアップ。写真はアイボリーカラーのもの。
フロントシートは、先代よりも肩まわりのサイズがアップ。写真はアイボリーカラーのもの。拡大
リアシートは、ホイールベースの延長によりニールームが拡大されている。左右一体型の背もたれは可倒式。
リアシートは、ホイールベースの延長によりニールームが拡大されている。左右一体型の背もたれは可倒式。拡大
トランクの容量573リッターで、リアシートを倒して積載量を増やせるほか、スキーホールも備わる。
トランクの容量573リッターで、リアシートを倒して積載量を増やせるほか、スキーホールも備わる。拡大
写真の「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」を含め、ボディーカラーは全5色用意される。
写真の「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」を含め、ボディーカラーは全5色用意される。拡大

走りのよさと燃費を両立

海外では1.5リッターや2リッターのガソリン車が選べる新型アコードだが、国内に導入されるのはハイブリッド車の「EX」グレードに限られる。最高出力145PS、最大トルク175N・mを発生する2リッター直4エンジンを走行用モーター(同184PS、同315N・m)がアシストするもので、これに発電用モーターを加えた「2モーター内蔵電気式CVT」をドッキング。優れた走行性能と燃料効率を両立が図られた。燃費はWLTCモードで22.8km/リッター、JC08モードで30.0km/リッターである。

前述の通り刷新されたプラットフォームは、15mmの重心低下と50kgにおよぶ車両重量の軽量化、ボディー剛性の強化(曲げ剛性で+24%、ねじり剛性で+32%)ももたらした。アダプティブダンパーシステム採用の前後サスペンションは新開発されており、シーンに合わせてドライブモード(スポーツ/ノーマル/コンフォート)を切り替えることにより、スポーティーなハンドリングと快適な乗り心地を楽しめるという。

3つのマイクを使った室内の消音システムやノイズリデューシングアルミホイールによる静粛性の高さもセリングポイントのひとつ。安全装備も充実しており、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリングなどがセットになった運転支援システム「ホンダセンシング」は標準装備されている。

ボディーカラーは「プラチナホワイト・パール」「クリスタルブラック・パール」「ルナシルバー・メタリック」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」「パッションレッド・パール」の全5色。インテリアカラーはブラックのほかアイボリーも選べる。

価格や発売時期については、追って明らかにされる。

(webCG)

◆新型「ホンダ・アコード」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
アコード, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ アコード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る