クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第640回:タイヤ、レストランガイドに続くミシュランの次の一手は? 自動車&服飾業界の欧州最新事情

2020.01.31 マッキナ あらモーダ!

「ウラカンEVO」よりサステイナビリティー

ファッションとクルマにおける最新の接点を大人服と子ども服の双方で観察したのが、今回のお話である。

イタリア・フィレンツェにおける1月の催しといえば、ピッティ・イマージネ・ウオモである。年2回開催される、世界最大級の紳士ファッション専門トレードフェアだ。2020年1月に開催された第97回は、全1203ブランドがいち早く2020/21年秋冬のトレンドを占った。

従来クラシコイタリアに代表されるトラディショナルな紳士モードで知られてきたこのイベントだが、今回はやや趣が異なっていた。キーワードは再生素材だ。そうしたマテリアルを駆使したコレクションだけでなく、特設ブースまで現れた。

気がつけば、筆者はピッティ・イマージネ・ウオモを、すでに15回も取材している。

かつてはMINIが新進ファッションデザイナーとコラボレーションしたり、イタリアの有名ブランドが“旅”をテーマに往年の大衆車「アウトビアンキ・ビアンキーナ」を何台も会場に並べたりした。さらにはイタルデザイン-ジウジアーロがコンセプトカーを協賛展示したこともあった。

いっぽう今回ランボルギーニ・メンズウエア・コレクションはエントランス近くに、「ウラカンEVO」をアイキャッチとして展示していたが、そのたけだけしいルックスとは裏腹に、足を止める来場者はまばらだった。

クルマに絡めたテーマの出展&注目度の減少と、それに反比例するように増える“サステイナビリティー”の台頭は、メンズファッションの都にも変化が及んでいることを感じさせた。

イベントオーガナイザーによれば今回訪れたバイヤー数は2万1400人で、1年前の2019年1月と比較して10%減少した。中国・ドイツ両市場の縮小が影響していると分析している。

そうした中、クルマとファッションは共存するのか? 一縷(いちる)の望みを託して筆者は2週間後、同じフィレンツェの会場で開催された姉妹イベントを初めて訪ねてみることにした。

第97回ピッティ・イマージネ・ウオモの会場前にて。開会当日には、ファッションインフルエンサーたちが次々と来場。カメラを向けられていた。
第97回ピッティ・イマージネ・ウオモの会場前にて。開会当日には、ファッションインフルエンサーたちが次々と来場。カメラを向けられていた。拡大
「ランボルギーニ・ウラカンEVO」は、その派手なルックスからすると、ファッショニスタからの注目度は薄かった。
「ランボルギーニ・ウラカンEVO」は、その派手なルックスからすると、ファッショニスタからの注目度は薄かった。拡大
会場の一角には、再生素材に関する特設コーナーも設けられた。
会場の一角には、再生素材に関する特設コーナーも設けられた。拡大
会場内で最も人気があった“自動車”はこの「アペ・クラシック」を改造したストリートフードの屋台だった。
会場内で最も人気があった“自動車”はこの「アペ・クラシック」を改造したストリートフードの屋台だった。拡大

「ビンボ」も訪問

そのイベント名をピッティ・イマージネ・ビンボという。「Bimbo」は貧乏ではなく、イタリア語で「子ども」の意味である。つまり、ピッティの子ども版だ。

大人版と同様に年2回開催され、毎回高品質なキッズ用ファッションを得意とするハウスが集まる。

2020年1月の第90回は全部で550のブランドが軒を連ねた。

クロージングリポートによると、総来場者数1万人は維持できたものの、肝心のバイヤー数は2019年1月の6400人から5900人へと、やはり“大人版”と同様に減少したという。

しかし出展者には希望もある。彼らの多くが、少子化が進むイタリアの子ども服市場に対して、近年は有望な市場として期待するのは、ロシアおよび旧ソビエト圏、中東諸国だ。実際に、国外からのバイヤー数を国別にみるとロシアが1位を占めたというから、出展者・来場者の双方にとって魅力あるショーとなったわけだ。

さて、訪問の目的に戻ろう。幼少時、クルマの柄のアップリケを親に貼り付けてもらうのを喜んでいた筆者としては、「今日でも自動車をモチーフにした絵柄が、子ども服に存在するか?」というところが気になる。

結論を先に言うと、少数派ではあるが存在した。最初に見つけたのは、プリミジというブランドの来季コレクションである。ロンドンをイメージしたデザインには、2階建てバスやオリジナルMiniを思わせる車両が表現されている。

他にも、ビンテージバイクをモチーフとしたニットのセーターなどが、一部のブランドに見られた。あるエキスパートの言葉を借りれば、「子どもは一定の年齢まで、動くものに興味を抱く」ので、全滅することはしばらくなさそうである。

いっぽうで、よりスピリチュアルなアプローチのブランドもあった。オフィチーナ51だ。「Officina」とはイタリア語で自動車修理工場を含む「工房」を示す言葉である。

CEO兼デザイナーのフィリッポ・クロサーラさんは、名門ボローニャ大学の哲学科卒という経歴を持つ。

彼は「オフィチーナは、職人たちが働く場所。どんな小さな村や町にも、さまざまオフィチーナがあった。そうした手作業の伝統を表現したかったのだ」と熱く語る。

ところで前述した「動くものに興味を抱く」のコメントをさらに裏づけてくれたブースは、ファッションそのものとはやや離れるが、ミラノ工科大学デザイン研究所による、子ども用品ストアのコンセプトであった。

ピッティ・イマージネ・ビンボのメインパビリオンにて。
ピッティ・イマージネ・ビンボのメインパビリオンにて。拡大
中庭で「インターナショナル3800スクールバス」を使用してブースを展開していたのは、子ども用スキーウエアのロアサム。
中庭で「インターナショナル3800スクールバス」を使用してブースを展開していたのは、子ども用スキーウエアのロアサム。拡大
イタリアのキッズウエアブランドであるプリミジは、2階建てバスとオリジナルMiniを想起させる図柄を展開していた。
イタリアのキッズウエアブランドであるプリミジは、2階建てバスとオリジナルMiniを想起させる図柄を展開していた。拡大
イタリア北部トレヴィーゾを本拠とするペルテのニットには、ビンテージ風バイクと宇宙飛行士が。
イタリア北部トレヴィーゾを本拠とするペルテのニットには、ビンテージ風バイクと宇宙飛行士が。拡大
オフィチーナ51のCEO兼デザイナー、フィリッポ・クロサーラさん。51とは創業時の社屋の地番だという。
オフィチーナ51のCEO兼デザイナー、フィリッポ・クロサーラさん。51とは創業時の社屋の地番だという。拡大

ハイクオリティー玩具に見た「プリウス」の影響

「プレイフル・リビング」と名付けられたこの実験は、スタッフで建築家のニコレッタ・ゼルボさんによると、「ネットショッピング全盛の現代だからこそ、店員と親子連れ顧客が触れ合えるストアの在り方を模索したい」のが目的だ。

彼らがセレクトした玩具にも、いくつかの乗り物が確認できた。特に筆者が注目したのは、いかにも子どもが好きそうな、パーキングタワーを模した木製トイである。

そこに添えられたクルマの側面には「HYBRID」と記されている。やはり、高品質玩具には「環境」がふさわしいのかもしれない。

それはともかく、面白いのは形状である。クオーターウィンドウやCピラーの形状から、明らかに2代目および3代目「トヨタ・プリウス」を想起させる。

“プリウス=ハイブリッド=低環境負荷車”というイメージが、“ロンドン=2階建てバスとオリジナルMini”に匹敵するような、永続的なものになるかは不明だ。しかしながら、日本ブランドが生み出したボディー形状が、ある種記号化して、ヨーロッパの玩具にまで影響を及ぼしていることには驚きを禁じえない。

そうした大人版&子ども版ピッティであったが、実は双方に共通の、次なるトレンドと思われるものを発見した。

ミラノ工科大学デザイン研究所による店舗コンセプト、プレイフル・リビングで。参画したスタッフたち。前列右端が案内してくれたニコレッタさん。
ミラノ工科大学デザイン研究所による店舗コンセプト、プレイフル・リビングで。参画したスタッフたち。前列右端が案内してくれたニコレッタさん。拡大
以下3点の写真はプレイフル・リビングにて。ベスパのオフィシャルライセンス商品に乗っていたのは、他のブースからやってきたニコラス君(2歳)と母親。
以下3点の写真はプレイフル・リビングにて。ベスパのオフィシャルライセンス商品に乗っていたのは、他のブースからやってきたニコラス君(2歳)と母親。拡大
イタリア北部ヴェネト州のメーカーによる遊具「ラ・コーザ・カプスレ」。救急車風や「フォルクスワーゲン・タイプ2」風のバス、さらにタクシー風と、さまざまな図柄が用意されている。
イタリア北部ヴェネト州のメーカーによる遊具「ラ・コーザ・カプスレ」。救急車風や「フォルクスワーゲン・タイプ2」風のバス、さらにタクシー風と、さまざまな図柄が用意されている。拡大
パーキングタワーに添えられた車両をよく見ると……
パーキングタワーに添えられた車両をよく見ると……拡大
「HYBRID」と記され、どこか「トヨタ・プリウス」風である。
「HYBRID」と記され、どこか「トヨタ・プリウス」風である。拡大

目標は市場シェア10%!

それは、ずばり「ミシュランの靴底」である。

従来ピッティで、シューズ系ブランドが多くアピールしていた靴底メーカーといえば、日本の靴修理サービスでもヒールやソールが販売されているイタリアのビブラムであった。会場でミシュランの靴底は、それに比肩しようという勢いがあった。

思えば、かのシトロエンは、未来の顧客を開拓するため、子ども用のペダルカーやモデルカー「Jouet Citroën(ジュエ・シトロエン)」を創業後いち早く企画・販売した。

ヨーロッパのタイヤ市場でもアジア系ブランドが幅を利かせる昨今、ミシュランと聞いてタイヤよりもレストランガイドを真っ先に思い浮かべる人は少なくない。

ミシュランも子ども用や若者向けシューズの靴底を通じ、将来のタイヤ顧客につなげようとしているのか?

一瞬そう考えたが、調べると実はもっと真面目なプロジェクトだった。

2001年からミシュラングループの中でライセンスビジネスを展開していたミシュランライフスタイルは2014年、中国の繊維大手ジーファと提携した。

ミシュランは、タイヤ開発で培った接地性や耐久性、快適性を反映させた材質やトレッドパターンといったノウハウを提供。実際の製造をジーファが担当するというジョイントベンチャーがスタートしたのである。

ミシュランブランドの靴底は、市場で5~10%のシェア獲得が目標という。10足に1足がミシュランの靴底になるという壮大なプランである。

思えばミシュランは草創期に靴底を製造していたから、成功すれば、先祖返りということになる。

子ども時代、親の「品質がいい」のひとことで月星化成の武骨な黒いゴム長靴を履かされていた筆者としては、ミシュラン底のスタイリッシュな靴が履ける子どもがうらやましい。

それはともかく、いつか筆者もミシュラン底の靴を装着し、自分の足の発進加速およびパニックブレーキ性能がどこまで向上するか、試してみたいものだ。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>、大矢麻里<Mari OYA>/編集=藤沢 勝)

再び大人版たるピッティ・イマージネ・ウオモにて。創業70年を誇る、フランスのパラディウムによる2020/21年秋冬コレクションは、ミシュラン製ソールを前面に展開する。
再び大人版たるピッティ・イマージネ・ウオモにて。創業70年を誇る、フランスのパラディウムによる2020/21年秋冬コレクションは、ミシュラン製ソールを前面に展開する。拡大
パラディウムの新作から(ミシュランマンのマスコットは展示用)。
パラディウムの新作から(ミシュランマンのマスコットは展示用)。拡大
ピッティ・イマージネ・ビンボでも、イタリアのプリミジがミシュランの靴底を採用していた。
ピッティ・イマージネ・ビンボでも、イタリアのプリミジがミシュランの靴底を採用していた。拡大
プリミジのスタッフの皆さん。
プリミジのスタッフの皆さん。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。