第640回:タイヤ、レストランガイドに続くミシュランの次の一手は? 自動車&服飾業界の欧州最新事情

2020.01.31 マッキナ あらモーダ!

「ウラカンEVO」よりサステイナビリティー

ファッションとクルマにおける最新の接点を大人服と子ども服の双方で観察したのが、今回のお話である。

イタリア・フィレンツェにおける1月の催しといえば、ピッティ・イマージネ・ウオモである。年2回開催される、世界最大級の紳士ファッション専門トレードフェアだ。2020年1月に開催された第97回は、全1203ブランドがいち早く2020/21年秋冬のトレンドを占った。

従来クラシコイタリアに代表されるトラディショナルな紳士モードで知られてきたこのイベントだが、今回はやや趣が異なっていた。キーワードは再生素材だ。そうしたマテリアルを駆使したコレクションだけでなく、特設ブースまで現れた。

気がつけば、筆者はピッティ・イマージネ・ウオモを、すでに15回も取材している。

かつてはMINIが新進ファッションデザイナーとコラボレーションしたり、イタリアの有名ブランドが“旅”をテーマに往年の大衆車「アウトビアンキ・ビアンキーナ」を何台も会場に並べたりした。さらにはイタルデザイン-ジウジアーロがコンセプトカーを協賛展示したこともあった。

いっぽう今回ランボルギーニ・メンズウエア・コレクションはエントランス近くに、「ウラカンEVO」をアイキャッチとして展示していたが、そのたけだけしいルックスとは裏腹に、足を止める来場者はまばらだった。

クルマに絡めたテーマの出展&注目度の減少と、それに反比例するように増える“サステイナビリティー”の台頭は、メンズファッションの都にも変化が及んでいることを感じさせた。

イベントオーガナイザーによれば今回訪れたバイヤー数は2万1400人で、1年前の2019年1月と比較して10%減少した。中国・ドイツ両市場の縮小が影響していると分析している。

そうした中、クルマとファッションは共存するのか? 一縷(いちる)の望みを託して筆者は2週間後、同じフィレンツェの会場で開催された姉妹イベントを初めて訪ねてみることにした。

第97回ピッティ・イマージネ・ウオモの会場前にて。開会当日には、ファッションインフルエンサーたちが次々と来場。カメラを向けられていた。
第97回ピッティ・イマージネ・ウオモの会場前にて。開会当日には、ファッションインフルエンサーたちが次々と来場。カメラを向けられていた。拡大
「ランボルギーニ・ウラカンEVO」は、その派手なルックスからすると、ファッショニスタからの注目度は薄かった。
「ランボルギーニ・ウラカンEVO」は、その派手なルックスからすると、ファッショニスタからの注目度は薄かった。拡大
会場の一角には、再生素材に関する特設コーナーも設けられた。
会場の一角には、再生素材に関する特設コーナーも設けられた。拡大
会場内で最も人気があった“自動車”はこの「アペ・クラシック」を改造したストリートフードの屋台だった。
会場内で最も人気があった“自動車”はこの「アペ・クラシック」を改造したストリートフードの屋台だった。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事