いきなり受注2000台! 新型車「トヨタGRヤリス」はなぜモテる?

2020.01.31 デイリーコラム

あのころとは事情が違う

2020年1月10日に先行予約をスタートした「GRヤリス」が、その受け付け開始から約2週間でいきなり2000台以上を受注したという事実は、GRヤリスがいかに世のエンスージアストたちの期待を背負っているかの証左でもあるだろう。GRヤリスは世界的にも希少な量販本格スポーツ4WDであり、「スバルWRX STI」の生産終了に合わせたかのようなデビュー時期も、どこか宿命的ですらある。

今さら説明不要だろうが、トヨタは先代「ヤリス」(日本名「ヴィッツ」)で2017年シーズンから世界ラリー選手権(WRC)にワークス復帰した。この2020年までは従来マシンで戦うが、関係者によると、早ければ来年の2021年から新型GRヤリスでの参戦を目指すという。そんなGRヤリスについて、トヨタはみずから「WRCを“勝ち抜く”ために生まれたホモロゲーションモデル」とうたう。

トヨタのWRCといえば「セリカGT-FOUR」が名門ランチアを力でねじふせて初の世界タイトルを獲得したグループA時代(1987~1996年)を思い出す中高年エンスーも多いと思う。しかし、今回登場したGRヤリスの存在意義や内容が意味するところは、ベース車両ほぼそのままでトップカテゴリーを争っていたグループA時代とはかなり異なっている。

現在のWRCトップカテゴリーは1997年に登場した“ワールドラリーカー(WRカー)”で争われている。WRカーもベース車両の大量生産は必要なものの、エンジン換装や駆動方式の変更など「もはやWRC専用マシン?」といいたくなるほど幅広い改造が認められている。そのWRカー規定も何度か改正されて、現行規定は2017年から施行されているものだ。トヨタもその2017年規定に合わせてWRCに復帰して、新型GRヤリスも基本的に同規定にのっとって企画開発された。

現行規定でのベース車両は、全長3900mm以下で、シリーズで連続する12カ月で2万5000台、直接のベースモデルで同じく2500台の生産が義務づけられている。新型ヤリスは通常モデルが5ドアのみで、GRヤリスが専用の3ドアとなる。よって、新型GRヤリスが本当に2021年からWRCに参戦するには、2020年中にヤリス全体で年間2万5000台、GRヤリスのみで2500台をつくる必要がある。現時点の発売日程や受注状況なら生産義務は問題なくクリアできそうだが、かりに4WDのGRヤリスの生産がエンジンや駆動システムが原因で間に合わなければ、先の東京オートサロンに同時出展されたFFモデルを投入……という奥の手もある。

高性能ハッチバック「トヨタGRヤリス」は2020年夏をめどに発売される。同年1月10日にスタートしたデビュー記念モデルの先行予約には、2週間で2000を超える応募があったという。
高性能ハッチバック「トヨタGRヤリス」は2020年夏をめどに発売される。同年1月10日にスタートしたデビュー記念モデルの先行予約には、2週間で2000を超える応募があったという。拡大
サイドサポートが大きく張り出した「GRヤリス」のスポーツシート。狭小なスペースではあるが、後席も用意されている。
サイドサポートが大きく張り出した「GRヤリス」のスポーツシート。狭小なスペースではあるが、後席も用意されている。拡大
「GRヤリス」のメーターパネル。速度計の目盛りは280km/hまで記されている。
「GRヤリス」のメーターパネル。速度計の目盛りは280km/hまで記されている。拡大
これは、東京オートサロン2020の会場で紹介された「GRヤリス」の生産工程のイメージ。流れ作業で組み立てる既存の生産ラインと異なり、高度な技能を持つ職人の手で一台ずつ製作される。
これは、東京オートサロン2020の会場で紹介された「GRヤリス」の生産工程のイメージ。流れ作業で組み立てる既存の生産ラインと異なり、高度な技能を持つ職人の手で一台ずつ製作される。拡大
2020年シーズンのWRCには、現行型の「ヤリス」をベースとするWRカーが参戦している。1月26日に開催された第1戦ラリー・モンテカルロでは、4台の「ヤリスWRC」が2-3-5-7位フィニッシュ。勝利はヒュンダイの「i20クーペWRC」に奪われてしまった。
2020年シーズンのWRCには、現行型の「ヤリス」をベースとするWRカーが参戦している。1月26日に開催された第1戦ラリー・モンテカルロでは、4台の「ヤリスWRC」が2-3-5-7位フィニッシュ。勝利はヒュンダイの「i20クーペWRC」に奪われてしまった。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • 高性能ハッチバックモデル「トヨタGRヤリス」の販売がスタート 2020.9.4 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月4日、高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」の販売を開始した。ラインナップは1.5リッター直3モデルと1.6リッター直3ターボモデルからなる4タイプで、販売価格は265万円~456万円となっている。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
ホームへ戻る