ルノーの次期CEOルカ・デメオ氏ってどんな人? 取材歴18年の“番記者”が語る

2020.02.05 デイリーコラム

トヨタ・ヤリス投入にも参画

ルノーは2020年1月28日、次期CEOに前セアトCEOのルカ・デメオ氏を指名した。2020年7月1日に就任する。

その報道を聞いて筆者が思わず口にした言葉は「ここまで出世するとは」であった。同時に、スター歌手が駆け出し時代にショッピングモールの青空ステージで歌っていた頃の姿を知っている人の気持ちとはこういうものだろう、とも思った。その理由は後述しよう。

デメオ氏は1967年にイタリア・ミラノで生まれた。ミラノ・ボッコーニ大学の経済学部を1992年に卒業後、同年にルノーの商品マーケティング部門で自動車業界への第一歩を記している。

5年後の1997年にはトヨタ・ヨーロッパに移籍して、再び5年間を過ごす。商品企画のゼネラルマネージャーとして、1999年に初代「トヨタ・ヤリス(日本名:ヴィッツ)」の投入計画に参画した。

同車は、欧州における日本ブランド車としては未曾有(みぞう)のヒット作となり、今日に至っている。

そして2002年にデメオ氏は、最初に脚光を浴びる舞台となったフィアットに移る。ポジションはランチアブランドの副社長だった。

当時のフィアットは深刻な経営危機にあったが、デメオ氏は運が良かった。なぜなら担当するランチアでは、入社年に発売された2代目「イプシロン」が目覚ましい販売成績を示したからである。

ちなみに筆者がミラフィオーリの本社で働くデメオ氏を最初に知ったのは、18年近く前のこの時期だった。当時、ある日本企業がランチアを含むフィアット系車両をモチーフにした商品の制作を企画した際だった。工業意匠権に関する交渉の橋渡しの仕事を筆者が手伝うことになった際、フィアット側の窓口を務めたのがデメオ氏だったのだ。そのときは、極めてビジネスライクなやりとりに終始し、筆者としてもいち担当者という記憶しかなかった。

やがて2004年、フィアットの創業家であるアニエッリ家によって故セルジオ・マルキオンネ氏がグループの社長に抜てきされ、大改革を開始する。経営危機を脱するため、無能な人材は徹底的に排除された。

ルノーが配信したルカ・デメオ氏のプロフィール写真。ミラノ・ボッコーニ大学のマネジメントスクールで客員教授も務める。(写真=ロイター/ルノー)
ルノーが配信したルカ・デメオ氏のプロフィール写真。ミラノ・ボッコーニ大学のマネジメントスクールで客員教授も務める。(写真=ロイター/ルノー)拡大
ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事