第214回:衝撃のウルトラバイオレンスラブストーリー
『初恋』

2020.02.28 読んでますカー、観てますカー

暴力を描いてきたあの監督が恋愛映画?

これは、事件である。あの三池崇史監督の最新作が『初恋』というタイトルなのだ。これまで極道や黒社会をテーマに凄惨(せいさん)な暴力を描いてきた巨匠が、初めて恋愛映画を手がけたという。イーライ・ロスのスプラッター映画『ホステル』では、殺人体験を提供する秘密クラブにやってくる顧客を喜々として演じたのがとても似合っていた三池崇史である。恋愛なんて軟弱な題材とは最も遠い場所にいた男ではないか。

「仕事は来たもん順に受ける」と公言しているから、どこかの間抜けなプロデューサーが間違えてオファーしてしまったのかもしれない。『ヤッターマン』とか『忍たま乱太郎』とか、以前にもどうして引き受けたのかわからない作品もあった。それにしても、あまりにもベタなタイトルだ。初めての恋が描かれるのでなければ詐欺である。ちょっと心配なのは、宣伝のビジュアルが不穏な空気に満ちていることだ。主人公2人はともかく、ほかの登場人物の眼光が恐ろしく鋭い。まるでVシネのジャケ写のようである。

しかし、プレス資料には「さらば、バイオレンス」と墨文字でしたためてある。御池監督も今年還暦を迎えることになり、これまでの悪行を反省して真人間になろうとしているのだろう。これからは、愛というポジティブな感情を映像として見せていこうと意気込んでいるに違いない。

……期待は3分で裏切られた。中国人マフィアがフィリピン人の男の首をかき切るシーンが大写しにされたのだ。三池崇史は、やはりブレない男だった。年はとっても意気は衰えていない。コンプライアンスに背を向けて修羅の道をゆく。この映画では、日常茶飯事のように人が死ぬ。何人死んだか、途中で数えるのをやめてしまった。

(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会拡大
 
第214回:衝撃のウルトラバイオレンスラブストーリー『初恋』の画像拡大
 
第214回:衝撃のウルトラバイオレンスラブストーリー『初恋』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事