2021年にカムバック! オペルは日本で成功できるのか?

2020.02.28 デイリーコラム

最新モデルへの期待はふくらむ

私にとってオペルはいろいろな思い出をつくってくれたクルマだ。最初の思い出は1980年代なかばに、独フランクフルト・アム・マインのそばにあるリュッセルスハイムの本社で「カデット セダン」を借りて、雪のなか、ジュネーブまで走ったことだ。

当時の私は、どうせアウトバーンを走るなら、BMWかポルシェに乗りたい、と思っていたので、いまひとつ、気分的には楽しめかった。生意気でぜいたくである。でもトランクが広大で、疲労も少なく、片道約600kmの道を往復できたのだから、たいしたクルマなのだなと後で思い返した。

フツウが実はすごい。というのは、フォルクスワーゲンを評するとき使うのがしっくりくるかもしれないけれど、私はそういうわけで、オペルで経験的に知ったのだ。

2021年夏ごろ日本に導入されるという3車種「コルサ」「コンボ ライフ」「グランドランドX」も、おそらく、オペルのイメージを裏切らないような気がする。

ベースになっているのはプジョー系のモデルで、プジョー車でいえば、コルサは「208」、コンボ ライフは日本での販売が始まった「リフター」、そしてグランドランドXは「3008」とプラットフォームを共用する。

ということは、おそらく、いいクルマだろう。最近とみに足まわりのセッティングのよさで評価が高いプジョー、シトロエン、DSといったブランド。その姉妹車だけに、フランクフルトとジュネーブを立て続けに2往復ぐらいできるかもしれない、と思ったりする。

日本市場への導入が決まっているコンパクトハッチバック「コルサ」。日本では1995年以降、2代目と3代目が「ヴィータ」の名前で販売された。最新型は2019年のフランクフルトモーターショーでデビューしており、6代目にあたる。
日本市場への導入が決まっているコンパクトハッチバック「コルサ」。日本では1995年以降、2代目と3代目が「ヴィータ」の名前で販売された。最新型は2019年のフランクフルトモーターショーでデビューしており、6代目にあたる。拡大
SUV「グランドランドX」もラインナップの一翼を担う。グループPSAとの業務提携により生まれたSUVで、「プジョー3008」と共通のEMP2プラットフォームが採用されている。
SUV「グランドランドX」もラインナップの一翼を担う。グループPSAとの業務提携により生まれたSUVで、「プジョー3008」と共通のEMP2プラットフォームが採用されている。拡大
7人乗りのハイルーフワゴン「コンボ ライフ」。海外では商用バージョン「コンボ」の需要も高いという。
7人乗りのハイルーフワゴン「コンボ ライフ」。海外では商用バージョン「コンボ」の需要も高いという。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事