第644回:ドイツ生まれの海外育ち!? 海外市場におけるメルセデス・ベンツの歩みを知る

2020.02.28 マッキナ あらモーダ!

ウイルスに屈する自動車企業

今回はダイムラーと、そのいちブランドであるメルセデス・ベンツが、歴史上どのように海外市場と関わってきたかを考察してみたい。

新型コロナウイルスは2020年2月下旬になってイタリア、特に北部でその影響が報告されるようになった。当局の対応は意外に早く、2月の第4週末にはサッカー・セリエAの試合やミラノ・スカラ座の公演が中止され、ベネチアのカーニバルも会期の繰り上げ終了が決定された。

本稿を執筆している2月25日の時点では、感染者の多くは北部で存在が判明している。目下のところ、筆者の住むシエナで感染者は発生していないが、緊迫の度合いは増している。にもかかわらず、見上げれば青空が広がっている。アルベール・カミュの小説『ペスト』で主人公の医師が、疫病がまん延した街から見下ろす青い海が普段と同じ風景であった、という旨の記述があったことを思い出した。特別な事態を取り巻く自然環境というのは、このようなコントラストをもって人間の目に映るものなのだろう。

新型コロナウイルスの影響は、自動車業界にも波及している。2月24日、FCAは各地の工場で部外者の訪問を制限した。設計会社であるイタルデザイン・ジウジアーロも従業員の1人が新型コロナウイルスの陽性反応を示したことに対処すべく、23日から工場を閉鎖している。

新型コロナウイルス問題において、自動車業界で業績低下という観点からいち早く憂慮を示したのは、今回のテーマであるダイムラーだ。

2月21日、同社はアニュアルリポートの中で「リスクは販売台数の推移に影響を及ぼすだけでなく、生産、調達市場、およびサプライチェーンにまで重大な悪影響をもたらす可能性がある」としている。

ダイムラーのオラ・ケレニウスCEOにとっては、昨2019年の前年比純利益マイナス64%という結果に匹敵する、深刻な事態だ。

さらに、ウイルスの発生源とみられる中国が、ダイムラーにとって単独マーケットとしては世界最大であることを考えると、これは痛い。

そのダイムラーおよびメルセデス・ベンツは、ドイツの自動車産業の象徴といえる。

しかし歴史をひもとけば、各時代において国外の最適なマーケットを的確に見いだしてきた企業(ブランド)でもある、というのが以下のストーリーである。

オラ・ケレニウス氏。2018年10月、パリモーターショーにて(当時は取締役)。
オラ・ケレニウス氏。2018年10月、パリモーターショーにて(当時は取締役)。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事