マクラーレンGT(前編)

2020.03.19 谷口信輝の新車試乗 マクラーレンの最新モデル「GT」は、グランドツアラーとしての資質を特徴のひとつに掲げるハイパフォーマンスカーだ。では、ワインディングロードにおける走りはどうか? レーシングドライバー谷口信輝がステアリングを握った。

このブランドは独特

今回、われらが谷口信輝に試乗してもらったのはマクラーレンGTである。

創業以来、カーボンモノコックとミドシップレイアウトを組み合わせたスーパースポーツカーをひたすらつくり続けてきたマクラーレン・オートモーティブだが、過去に2度、グランドツアラーを手がけたことがあった。その初作は2016年にデビューした「570GT」で、スポーツシリーズの「570S」をベースとしてサスペンションを乗り心地重視にチューニングし直すとともに、ファストバックのエレガントなスタイリングとし、テールゲート下にもラゲッジスペースを用意したことが特徴だった。

その後、マクラーレンはアルティメットシリーズに「スピードテール」という名の超ド級グランドツアラーを設定。これに続いて登場したのが今回取り上げるマクラーレンGTで、これは既存の3シリーズ(スポーツ、スーパー、アルティメット)のどれにも属さない独自のモデルと説明されている。

もっとも、GTに使われたテクノロジーは、モノコックにしてもサスペンションにしてもスポーツシリーズの570Sあたりとよく似ている。明確に異なるのはエンジンの排気量が3.8リッターではなくスーパーシリーズの「720S」と同じ4リッターになることと、基本は570Sに近いパッシブサスペンションでありながら720Sで培った姿勢制御方式の一部を可変ダンパーのコントロールに採り入れたことだろう。また、スタイリングもGTというコンセプトに合わせて、上品で流れるようなデザインに仕上げられている。

いつものように箱根のワインディングロードでの試乗を終えた谷口は、マクラーレン独自のディヘドラルドアを大きく上方に開け放つと、「よっこらしょ」と言いながら運転席から降り立った。
「うーん、やっぱりマクラーレンって独特。どれに乗っても一貫していますよ」

ほほー、それはマクラーレンの思想に共鳴してくれたということなのか?
「というか、まずはカーボンモノコックのサイドシルが高いせいで乗り降りがしにくい」

 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • マクラーレン765LT 2020.11.5 画像・写真 マクラーレンが「765LT」を日本で公開。「720S」をベースとした高性能バージョンで、4リッターV8ターボエンジンは最高出力765PS、最大トルク800N・mを発生。0-100km/h加速は2.8秒という動力性能を誇る。新たなスーパースポーツモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る