マクラーレンGT(前編)

2020.03.19 谷口信輝の新車試乗 マクラーレンの最新モデル「GT」は、グランドツアラーとしての資質を特徴のひとつに掲げるハイパフォーマンスカーだ。では、ワインディングロードにおける走りはどうか? レーシングドライバー谷口信輝がステアリングを握った。

このブランドは独特

今回、われらが谷口信輝に試乗してもらったのはマクラーレンGTである。

創業以来、カーボンモノコックとミドシップレイアウトを組み合わせたスーパースポーツカーをひたすらつくり続けてきたマクラーレン・オートモーティブだが、過去に2度、グランドツアラーを手がけたことがあった。その初作は2016年にデビューした「570GT」で、スポーツシリーズの「570S」をベースとしてサスペンションを乗り心地重視にチューニングし直すとともに、ファストバックのエレガントなスタイリングとし、テールゲート下にもラゲッジスペースを用意したことが特徴だった。

その後、マクラーレンはアルティメットシリーズに「スピードテール」という名の超ド級グランドツアラーを設定。これに続いて登場したのが今回取り上げるマクラーレンGTで、これは既存の3シリーズ(スポーツ、スーパー、アルティメット)のどれにも属さない独自のモデルと説明されている。

もっとも、GTに使われたテクノロジーは、モノコックにしてもサスペンションにしてもスポーツシリーズの570Sあたりとよく似ている。明確に異なるのはエンジンの排気量が3.8リッターではなくスーパーシリーズの「720S」と同じ4リッターになることと、基本は570Sに近いパッシブサスペンションでありながら720Sで培った姿勢制御方式の一部を可変ダンパーのコントロールに採り入れたことだろう。また、スタイリングもGTというコンセプトに合わせて、上品で流れるようなデザインに仕上げられている。

いつものように箱根のワインディングロードでの試乗を終えた谷口は、マクラーレン独自のディヘドラルドアを大きく上方に開け放つと、「よっこらしょ」と言いながら運転席から降り立った。
「うーん、やっぱりマクラーレンって独特。どれに乗っても一貫していますよ」

ほほー、それはマクラーレンの思想に共鳴してくれたということなのか?
「というか、まずはカーボンモノコックのサイドシルが高いせいで乗り降りがしにくい」

 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
関連記事
  • マクラーレン570Sクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2015.11.21 試乗記 マクラーレンの「スポーツシリーズ」の第1弾となる「570Sクーペ」に試乗した。その舞台は南ポルトガル。一般公道試乗のほか、アルガルヴェ・サーキットで570psを解放して、その実力と魅力を徹底的に探った。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2022.7.23 試乗記 最高出力550PSの4リッターV8直噴ツインターボを搭載する「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」に試乗。100年以上の歴史を誇る英国のラグジュアリーカーブランドが綿々と守り続けてきた、独自の世界観を味わった。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • マクラーレンMP4-12Cスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2013.6.2 試乗記 F1マシンを手掛けるマクラーレンが送り出す、最新のロードカー「MP4-12Cスパイダー」の走りを試した。
ホームへ戻る