マクラーレンGT(前編)

2020.03.19 谷口信輝の新車試乗 マクラーレンの最新モデル「GT」は、グランドツアラーとしての資質を特徴のひとつに掲げるハイパフォーマンスカーだ。では、ワインディングロードにおける走りはどうか? レーシングドライバー谷口信輝がステアリングを握った。

このブランドは独特

今回、われらが谷口信輝に試乗してもらったのはマクラーレンGTである。

創業以来、カーボンモノコックとミドシップレイアウトを組み合わせたスーパースポーツカーをひたすらつくり続けてきたマクラーレン・オートモーティブだが、過去に2度、グランドツアラーを手がけたことがあった。その初作は2016年にデビューした「570GT」で、スポーツシリーズの「570S」をベースとしてサスペンションを乗り心地重視にチューニングし直すとともに、ファストバックのエレガントなスタイリングとし、テールゲート下にもラゲッジスペースを用意したことが特徴だった。

その後、マクラーレンはアルティメットシリーズに「スピードテール」という名の超ド級グランドツアラーを設定。これに続いて登場したのが今回取り上げるマクラーレンGTで、これは既存の3シリーズ(スポーツ、スーパー、アルティメット)のどれにも属さない独自のモデルと説明されている。

もっとも、GTに使われたテクノロジーは、モノコックにしてもサスペンションにしてもスポーツシリーズの570Sあたりとよく似ている。明確に異なるのはエンジンの排気量が3.8リッターではなくスーパーシリーズの「720S」と同じ4リッターになることと、基本は570Sに近いパッシブサスペンションでありながら720Sで培った姿勢制御方式の一部を可変ダンパーのコントロールに採り入れたことだろう。また、スタイリングもGTというコンセプトに合わせて、上品で流れるようなデザインに仕上げられている。

いつものように箱根のワインディングロードでの試乗を終えた谷口は、マクラーレン独自のディヘドラルドアを大きく上方に開け放つと、「よっこらしょ」と言いながら運転席から降り立った。
「うーん、やっぱりマクラーレンって独特。どれに乗っても一貫していますよ」

ほほー、それはマクラーレンの思想に共鳴してくれたということなのか?
「というか、まずはカーボンモノコックのサイドシルが高いせいで乗り降りがしにくい」

 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(前編)の画像拡大

【マクラーレンGTのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4683×2045×1213mm/ホイールベース:2675mm/車重:1466kg(乾燥重量)、1530kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:620PS(456kW)/7500rpm/最大トルク:630N・m(64.2kgf・m)/5500-6500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR20 90Y/(後)295/30ZR21 102Y(ピレリPゼロ)/燃費:11.9リッター/100km(約8.4km/リッター WLTPモード)、10.8リッター/100km(約9.3km/リッター 欧州複合モード)/価格:2645万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 201.8km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:29.5リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.8km/リッター(満タン法)/8.3km/リッター(車載燃費計計測値)
 


	【マクラーレンGTのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4683×2045×1213mm/ホイールベース:2675mm/車重:1466kg(乾燥重量)、1530kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:620PS(456kW)/7500rpm/最大トルク:630N・m(64.2kgf・m)/5500-6500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR20 90Y/(後)295/30ZR21 102Y(ピレリPゼロ)/燃費:11.9リッター/100km(約8.4km/リッター WLTPモード)、10.8リッター/100km(約9.3km/リッター 欧州複合モード)/価格:2645万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 201.8km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:29.5リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.8km/リッター(満タン法)/8.3km/リッター(車載燃費計計測値)
	 
	拡大

関連キーワード:
GT, マクラーレン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
ホームへ戻る