マクラーレンGT(後編)

2020.03.26 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、マクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。グランドツアラーならではの美点のほか、「もっとこうだったら……」と思わずにはいられない弱点も報告する。

コツをつかんで運転せよ

マクラーレンGTに試乗して「マクラーレンの味付けはどれも一貫していますね」と言い放った谷口信輝。その長所として「あまり頑張らなくてもシューンと楽に、そして滑らかに加速していく」ことを挙げたいっぽうで「乗り降りが大変」「ブレーキの初期バイトが甘くて慣れないドライバーはその強い空走感に驚くかも」と弱点も指摘してみせた。

前編では、初期バイトをあえて甘く設定した理由について独自の推論を展開したが、谷口はこのブレーキの長所も見いだしていた。
「ブレーキペダルをぐっと強く踏み込めばかなりの勢いで減速してくれます。つまり、ブレーキ自体の能力は高くて、踏力で減速Gをコントロールするタイプなんですね。僕らレーシングドライバーはこの手のブレーキに慣れているから問題ないし、初期の空走感も素早くバーンとブレーキペダルを踏み込めばかなり解消できると思います」

なるほど、要はマクラーレンを扱うコツをつかむことが重要なようである。

では、マクラーレンGTの“ウリ”のひとつである乗り心地についてはどうだったのか?
「乗り心地はいいですよ。この手のスーパースポーツカーとしてはかなりソフトですよね。それに静かです。あと、僕にとっては、思いどおりに動いてくれるギアボックスのプログラミングも快適に感じる要素のひとつ。減速すると早めに下のギアを選んでくれるので、次に加速するときはもう準備が整っているという感じ。もっとも、このエンジンはパワーバンドが広いから、たとえぴったりのギアじゃなかったとしてもスムーズに加速できます」

「あとは、このコックピットもかっこいいですよね。なんだろう、これもマクラーレン独特の感じで、小型飛行機に乗っているような感じがします」

つまり、周囲がすべて透明な風防で覆われたキャノピーのような印象ということなのか?
「あ、そうですね、それです、キャノピー感。あとはインテリアのデザインもいいと思います。ステアリングホイールのこのメタル部分は、冬の寒い日に触ったら冷たそうですが……(笑)」

 
マクラーレンGT(後編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(後編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(後編)の画像拡大
 
マクラーレンGT(後編)の画像拡大

【マクラーレンGTのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4683×2045×1213mm/ホイールベース:2675mm/車重:1466kg(乾燥重量)、1530kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:620PS(456kW)/7500rpm/最大トルク:630N・m(64.2kgf・m)/5500-6500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR20 90Y/(後)295/30ZR21 102Y(ピレリPゼロ)/燃費:11.9リッター/100km(約8.4km/リッター WLTPモード)、10.8リッター/100km(約9.3km/リッター 欧州複合モード)/価格:2645万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 201.8km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:29.5リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.8km/リッター(満タン法)/8.3km/リッター(車載燃費計計測値)


	【マクラーレンGTのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4683×2045×1213mm/ホイールベース:2675mm/車重:1466kg(乾燥重量)、1530kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:620PS(456kW)/7500rpm/最大トルク:630N・m(64.2kgf・m)/5500-6500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR20 90Y/(後)295/30ZR21 102Y(ピレリPゼロ)/燃費:11.9リッター/100km(約8.4km/リッター WLTPモード)、10.8リッター/100km(約9.3km/リッター 欧州複合モード)/価格:2645万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 201.8km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:29.5リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.8km/リッター(満タン法)/8.3km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
GT, マクラーレン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
ホームへ戻る