大封鎖でカーライフも激変 新型ウイルスが広がるイタリアはいま

2020.03.18 デイリーコラム

移動制限ついに発動

日本でも報道されているとおり、2020年3月に入ってイタリアでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のための強力な首相令が相次いで発動された。

2020年3月10日からは、それまで主にイタリア北部に限定されていた移動制限と学校の一時閉鎖、レストランやバール(喫茶店)の夜間営業停止が、4月3日までイタリア全土に適用されるようになった。続いて3月12日、生活必需品販売店や薬局などを除く全商業活動の3月25日までの休止が発令された。

これら全土の封鎖措置では、筆者が住むイタリア半島中部のトスカーナ州も、完全に対象地域となった。3月16日18時現在、トスカーナ州の感染者数は866人。これは先に制限地域となっていた北部4州および中部マルケ州に次ぐ数で、首都ローマがあるラツィオ州より多い。

筆者が住むトスカーナ州シエナ市の大学病院には2月末から仮設テントが設けられており、来訪者の検温が実施されている。従来ほとんど見られなかったマスクの装着者も、前述の3月12日を境に突如増えだした。

ところで、今回の新型コロナウイルスへの対策は、市内の自動車を取り巻く環境にどのような影響をおよぼしているのか?

「すべての商業活動および小売りの休止」が施行された初日である12日木曜日の午前、通勤・通院などとともに許されている食料品購入を実施することにした。以下はその途上で確認した様子である。

スーパーマーケット。客が並んでいるのは、1人退店したら1人入場することで、店内にいる客の総数を抑制しているため。買いだめに押しかけたのではない。
スーパーマーケット。客が並んでいるのは、1人退店したら1人入場することで、店内にいる客の総数を抑制しているため。買いだめに押しかけたのではない。拡大
新聞雑誌スタンドでは通常営業が行われている。店外の見出しには、定年退職した医師が呼び戻されていること、行動制限に違反した人物が初めて検挙されたこと、開店している商業施設の一覧などが記されている。
新聞雑誌スタンドでは通常営業が行われている。店外の見出しには、定年退職した医師が呼び戻されていること、行動制限に違反した人物が初めて検挙されたこと、開店している商業施設の一覧などが記されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事