第169回:「僕のはまっすぐ走りました」

2020.03.31 カーマニア人間国宝への道

「348」まっすぐ走らない問題

「フェラーリ348」はまっすぐ走らないというのは、自分の愛車を含め、数台(昔のことにつき記憶が曖昧)の348に乗った末の結論だった。

が、今ごろになってエノテン(コーナーストーンズ代表・榎本 修氏)が、「後期型はまっすぐ走ります!」と猛抗議してきた。

では、若きフェラーリオーナー、タカフミが乗っていた348は、まっすぐ走ったのか?

清水:キミのは何年式だったっけ。

タカフミ:92年式の「348tb」、走行3万6500kmでした。1年ちょっと前に手放してしまいましたが。

清水:で、まっすぐ走ったの?

タカフミ:まっすぐ走りました! 348がまっすぐ走らないなんてちゃんちゃらおかしいですよ~。買ったとき、タイヤは新品の「ポテンザRE050」が付いてました。あんな高性能タイヤを履いて、まっすぐ走らないわけがないじゃないですか。

なななな、なにを言っているんだこの若造は。348の欠陥は、新品の高性能タイヤでなんとかなるような生易しいもんじゃない!

私だって当時のブリヂストンのフラッグシップタイヤ「エクスペディアS-01」やら「ポテンザRE711」やら、多くの高性能タイヤを奢(おご)ってきたんだ! 最初の「ピレリPゼロ」からエクスペディアにしたときは劇的に改善されたと思ったけど、それで生来の病が根治できるはずはなく、対症療法に過ぎなかったんだあぁぁぁ!

タカフミ:高速道路では缶コーヒーを片手に、鼻歌交じりでドライブをしていました。ただしサーキット速度領域になると、ステアリングインフォメーションが極端に少なくなりました。清水さんはこれを指して、まっすぐ走らないと評されていたんじゃないですか?

ふざけんなコノヤロー! 知った風な口ききやがって~~~~~~!

20代の若きフェラーリオーナー、タカフミ氏の92年式「フェラーリ348tb」。
20代の若きフェラーリオーナー、タカフミ氏の92年式「フェラーリ348tb」。拡大
タカフミ氏と筆者。(写真=池之平昌信)
タカフミ氏と筆者。(写真=池之平昌信)拡大
中古フェラーリ専門店コーナーストーンズの“エノテン”こと榎本 修代表。
中古フェラーリ専門店コーナーストーンズの“エノテン”こと榎本 修代表。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミックD300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.13 試乗記 ランドローバーの新しい3リッター直6ディーゼルを搭載した「レンジローバー スポーツ」に試乗。ブラッシュアップされた内外装の仕上がりや、同じ48Vマイルドハイブリッド機構を組み込んだ直6ガソリンエンジン車との違いを確かめた。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • ホンダCB1300スーパーボルドールSP(6MT)【レビュー】 2021.9.8 試乗記 1.3リッターもの排気量を持つ大型4気筒エンジンを搭載した「ホンダCB1300」。排ガス規制による危機を乗り越え、“CB”のフラッグシップはどのようなバイクに進化を遂げたのか? ハーフカウルの「スーパーボルドール」で確かめた。
ホームへ戻る