2台そろって新世代へ 新型の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「アウディA3スポーツバック」はどう違う?

2020.03.25 デイリーコラム

意外に違うボディーサイズ

2019年10月、独フォルクスワーゲン(VW)は新型「ゴルフ」を発表した。1974年の登場以来8代目となる、世界のコンパクトカーのベンチマークだ。そして、ジュネーブモーターショーが開催されるはずだった今年2020年3月3日、アウディは新型「A3スポーツバック」を発表した。A3は1996年に誕生したモデルで、これで4代目となる。

ゴルフとA3は、先代と同様VWグループの横置きエンジン用モジュラープラットフォーム「MQB」を使う姉妹車だ。大まかに成り立ちの違いを言えば、ゴルフをベーシックバージョンとすれば、A3は上質な装備を備えたプレミアムバージョンであること。そして主たる駆動方式が前者はFFなのに対し、後者はクワトロ(4WD)になることだ。

立て続けに登場した姉妹の違いを解説せよ、というのが編集部のお題だが、いかんせんいずれもまだ日本に上陸していない未見のモデルゆえ、画像やスペック等から分かる範囲のものになる。まず両車に共通するポイントは、高度なデジタル化とコネクテッド機能の強化だ。いまやコンパクトカーであっても上級モデルに匹敵するインフォテインメントシステムや、最新のドライバーアシスタンスシステムなどはマストアイテムといえる。

そして、違いを見るうえで最初に注目すべきはボディーサイズだ。

【ゴルフ】
・全長×全幅×全高=4284×1789×1456mm ホイールベース=2636mm トレッド(F/R)=1549/1520mm
【A3スポーツバック】
・全長×全幅×全高=4343×1816×1449mm ホイールベース=2636mm トレッド(F/R)=1554/1525mm

数字は欧州仕様の代表的なグレードのものだが、A3のほうが59mm長く、27mm幅広く、7mm低い。そしてホイールベースは同寸。トレッド幅は前後ともA3が5mm広くなっている。アウディのほうがより伸びやかでスポーティーなスタイリングを意図していることがわかる。ちなみにラゲッジスペースの容量は、ゴルフが380~1237リッターであるのに対し、A3は380~1200リッターと、数値的にはほぼ変わらない。

8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は2019年10月にデビューした。
8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は2019年10月にデビューした。拡大
2020年3月3日に発表された新型「アウディA3スポーツバック」。「ゴルフ」よりもロー&ワイドで、よりスポーティーなスタイリングを目指している。
2020年3月3日に発表された新型「アウディA3スポーツバック」。「ゴルフ」よりもロー&ワイドで、よりスポーティーなスタイリングを目指している。拡大
新型「ゴルフ」の製造ラインの様子。「A3スポーツバック」ともども、基本骨格にはエンジン横置きモジュラープラットフォーム「MQB」を使う。
新型「ゴルフ」の製造ラインの様子。「A3スポーツバック」ともども、基本骨格にはエンジン横置きモジュラープラットフォーム「MQB」を使う。拡大
フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.6 試乗記 いよいよ日本の公道を走りだした8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。長年にわたりCセグメントハッチバックのベンチマークとされてきたゴルフだが、そのアドバンテージは新型でも健在か? 1.5リッターエンジンを搭載した上級モデルで実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
ホームへ戻る