第648回:東京五輪は“ローテク”に限る!? トリノ五輪を知る男・大矢アキオの提案

2020.03.27 マッキナ あらモーダ!

ようやく話題になり始めた東京2020

日本では2020年の東京五輪・パラリンピックの開催延期が、2020年3月24日に決まった。

そこで今回はこうした大イベントにおけるイタリアの自動車メーカーやカロッツェリアの取り組みについて、トリノの過去例を思い出してみた。

その前に筆者が住むイタリア・シエナ県における新型コロナウイルスの最新状況を。感染者数は前回のエッセイ後も増え続け、2020年3月22日現在で累計144人に達している。

21日土曜の朝には、近所に「フィアット・ドゥカート」の救急車と黄色い防護服のスタッフが乗った「フォルクスワーゲン・キャディ」のドクターカーが到着して高齢者を搬送した。先日まではテレビで見ていた光景が目の前で展開されると、複雑な心境にならざるを得ない。

筆者が住む地方都市でさえそうした状態である。東京五輪について、イタリアの主要メディアでは一部全国紙が散発的に報じていた程度で、ほぼ無視されていた。筆者の周囲でも、まったく話題になっていなかった。

メディアにおける五輪関連広告も、ローカルスポンサーであるインターネットプロバイダーのスポットCMを見かけるくらいであった。

新聞がまともに取り上げるようになったのは、2020年3月17日に『コリエッレ・デッロ・スポルト』紙が、名カンツォーネ『アリヴェデルチ・ローマ』にかけて「アリヴェデルチ・トーキョー(さようなら東京)」の大見出しを1面に掲げてからだ。IOCが東京大会の中止・延期について決断を迫られていることを報じたものだった。

加えてテレビのスポーツコーナーが本気で伝え始めたのは、各国の関係者が選手派遣に難色を示し始めた3月22日頃からである。

今回のテーマは東京五輪。こちらの写真はトリノ冬季五輪開幕の直前、開催委員会が置かれたフィアット旧工場のメリディアン・リンゴットにて。2006年2月2日撮影。
今回のテーマは東京五輪。こちらの写真はトリノ冬季五輪開幕の直前、開催委員会が置かれたフィアット旧工場のメリディアン・リンゴットにて。2006年2月2日撮影。拡大
トリノ五輪の関係者用レーン。トリノ市内で2006年2月2日に撮影。
トリノ五輪の関係者用レーン。トリノ市内で2006年2月2日に撮影。拡大
トリノ五輪のマスコット。アトリウム・トリノ館内で。2005年10月。
トリノ五輪のマスコット。アトリウム・トリノ館内で。2005年10月。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事