小型車の運転支援装備が飛躍的に進化!? ZFの前輪用電動パーキングブレーキの先進性

2020.04.01 デイリーコラム

駐車中は使えない“油圧”

ドイツのパーツサプライヤーであるゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン(以下、ZF)は、2020年3月12日に業界初となるフロント電動パーキングブレーキの市場投入を発表した。既存のパーキングブレーキは後輪を制動するのが常識であり、それに一石を投じるユニークな製品といえるだろう。

なぜ、これまでのパーキングブレーキは後輪用ばかりだったのだろうか。その名の通り駐車中に使うパーキングブレーキは、普通のブレーキとは違って油圧を使いにくい。エンジンが停止した後もずっとブレーキを利かせておかねばならないからだ。そのため、ワイヤーなどを使って物理的に動かし、機械的にブレーキを固定する。ワイヤーを引っ張るため、操舵で動く前輪よりも、固定されている後輪に搭載するのが自然な流れだ。

しかし、2000年代に入って新しい技術が生まれた。それが電動パーキングブレーキだ。ワイヤーではなく電動、つまりモーターでブレーキを利かせる。これにより、いくつものメリットが生まれた。

まず、ユーザーのメリットといえば、スイッチ操作だけで、確実に作動させることができる。つまり、サイドブレーキを力いっぱいに引く、という苦労がなくなるのだ。力の弱い方にはうれしいことだろう。また、解除を電気的にできるので、解除忘れによる「ブレーキの引きずり」を防ぐことができるのだ。

また、作り手側のメリットもある。サイドブレーキやフットブレーキといった、大きな操作用のレバーを小さなスイッチに代えることができる。室内空間に余裕が生まれるし、レイアウトの自由度も高まる。さらに、運転席から後輪までのワイヤーを敷設する必要がなくなる。つまり部品数が減るので、その分の重量減になるし、スペースにも余裕が生まれる。これらはすべてユーザーにとってのメリットでもある。

ただし、これがそのままコストダウンにつながるとは限らない。実際、電動パーキングブレーキの採用は、プレミアムな大型車から始まった。電動化にかかる費用が高かったのだ。また、初期の電動パーキングブレーキはディスクブレーキ用が主であったため、後輪にディスクブレーキを使う中型車以上を対象としていた。

ZFが市場投入すると発表した前輪用電動パーキングブレーキ。
ZFが市場投入すると発表した前輪用電動パーキングブレーキ。拡大
電動パーキングブレーキは、サイドブレーキレバーなどを小さなスイッチに置き換えられるため、インテリアレイアウトの自由度が高まるのもメリットだ。
電動パーキングブレーキは、サイドブレーキレバーなどを小さなスイッチに置き換えられるため、インテリアレイアウトの自由度が高まるのもメリットだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事