速けりゃいいって時代じゃない これからの高性能車の価値とは何か

2020.04.03 デイリーコラム

変わらぬスピードへの憧れ

工業製品は進化する。分かりやすい性能や機能の指標=スペックのある製品なら、なおさら。クルマなどはその最たるもので、デザインの変化と性能・機能の進化によって購入や買い替えのマインドを刺激してきた。個々の進化こそが産業の発展を支えてきたことは明白だ。

もちろん自動車の性能や機能にはさまざまなファクターがある。昨今では、安全や環境といった、クルマにとっては比較的新しい要素が重要視されるようになってきた。その一方で自動車の黎明(れいめい)期からいちずに進化を続ける分野もある。クルマをクルマたらしめる純粋なパフォーマンス。そう、“走る”に関わる要素=加速や最高速といった性能の分野だ。

日常の移動だけを考えればせいぜいMAX130km/hで全世界的に十分であったにも関わらず、そして速度を制限する法律が各国でできているにも関わらず、高性能車のスペックだけはそれをはるかに超えて進化してきた。このリアルな矛盾を説明するには、「そこにクルマの本質的な魅力と進化の糧があったから」と言うほかない。もちろん高性能という付加価値がいつの時代も高級の条件であり、所有することがステータスとなってきたことも大きな要因だ。

それゆえスーパーカーは今も存在する。どころかその進化には拍車がかかっている。実際にパフォーマンスを100%楽しめる人などごくわずか。それでも人は憧れ、買う人がいる。なぜなら人は性能を想像して楽しむことができる動物だからだ。

写真は、アストンマーティンのラインナップでも高性能モデルと位置付けられる「DBSスーパーレッジェーラ」。その最高出力は725PSに達する。最高速度は340km/h。
写真は、アストンマーティンのラインナップでも高性能モデルと位置付けられる「DBSスーパーレッジェーラ」。その最高出力は725PSに達する。最高速度は340km/h。拡大
2020年3月末に国内受注が始まったばかりの新型「ポルシェ911ターボS」は、最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生。停止状態からわずか2.7秒で100km/hまで加速できる。
2020年3月末に国内受注が始まったばかりの新型「ポルシェ911ターボS」は、最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生。停止状態からわずか2.7秒で100km/hまで加速できる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事