「アウディA6」と「A7スポーツバック」に2リッターディーゼル搭載の新グレード登場

2020.04.02 自動車ニュース
「アウディA6 40 TDIクワトロ」(左)と「A6アバント40 TDIクワトロ」(右)。
「アウディA6 40 TDIクワトロ」(左)と「A6アバント40 TDIクワトロ」(右)。拡大

アウディ ジャパンは2020年4月2日、「A6」「A6アバント」および「A7スポーツバック」にマイルドハイブリッド機構を組み込んだ2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車を追加設定し、同日、販売を開始した。

A7スポーツバック40 TDIクワトロ
A7スポーツバック40 TDIクワトロ拡大
A6アバント40 TDIクワトロ
A6アバント40 TDIクワトロ拡大

今回の追加モデルは「40 TDIクワトロ」と呼ばれる。最新の排ガス基準に適合した最高出力204PS/3750-4200rpm、最大トルク400N・m/1750-3500rpmを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジン(EA288エボ型)に、通常のスターターモーターより大型のBAS(ベルトオルタネータースターター)やリチウムイオンバッテリーからなる12Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせている。

55km/hから160km/hの範囲でエンジン休止のコースティング走行を行うとともに、22km/h以下でのアイドリングストップを実現。最高出力2.7PS、最大トルク60N・mの範囲で5秒間のエンジンアシストを行う。欧州計測値で3%の省燃費効果があるという。

新グレードのラインナップと価格は以下の通り。

  • A6 40 TDIクワトロ:745万円
  • A6アバント40 TDIクワトロ:781万円
  • A6 40 TDIクワトロ スポーツ:792万円
  • A6アバント40 TDIクワトロ スポーツ:828万円
  • A7スポーツバック40 TDIクワトロ:812万円

(webCG)

関連キーワード:
A6, A6アバント, A7スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • アウディRS 4アバント 2021.2.1 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力450PSのパワフルなV6ツインターボとAWD「クワトロ」が織りなす走り、そしてワゴンのパッケージ。「アウディスポーツ」の始祖たる「RS2」のDNAを受け継ぐ「RS 4アバント」は、さまざまな要望に応えてくれるオールラウンダーと呼ぶにふさわしい存在に仕上がっていた。
  • アウディA4 45 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.12.5 試乗記 マイナーチェンジした「アウディA4」のトップモデル「45 TFSIクワトロSライン」に試乗。12Vマイルドハイブリッドシステムが組み込まれた新型パワートレインや改良型シャシー、進化したインフォテインメントシステムの仕上がりを確認した。
  • アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.16 試乗記 アウディが新たに提案する、SUVっぽいコンパクトカー「A1シティーカーバー」。雰囲気だけのニッチなモデルかと思いきや、いざステアリングを握ってみると、このクロスオーバーならではのメリットがみえてきた。
ホームへ戻る