BMWから大型二輪モデル「R18」登場 往年の名車を想起させるクラシカルな新型クルーザー

2020.04.07 自動車ニュース
「BMW R18」の発売記念モデル「ファーストエディション」。
「BMW R18」の発売記念モデル「ファーストエディション」。拡大

独BMWモトラッドは2020年4月3日、クルーザータイプの大型二輪モデル「BMW R18」を発表した。

BMWの最新モデル「R18」(左)と、1936年デビューの「R5」(右)。
BMWの最新モデル「R18」(左)と、1936年デビューの「R5」(右)。拡大
エンジンは1.8リッターの2気筒ボクサーである。
エンジンは1.8リッターの2気筒ボクサーである。拡大
動力伝達は、これもBMW伝統のシャフトドライブを採用する。
動力伝達は、これもBMW伝統のシャフトドライブを採用する。拡大
往年のモーターサイクルをほうふつさせる、クラシカルなマフラー。
往年のモーターサイクルをほうふつさせる、クラシカルなマフラー。拡大
ヘッドランプはLED式で、オプションでデイタイムランニングランプも装備される。
ヘッドランプはLED式で、オプションでデイタイムランニングランプも装備される。拡大
「BMW R18ファーストエディション」のエンブレム。
「BMW R18ファーストエディション」のエンブレム。拡大

排気量1.8リッター(!)の“ビッグボクサー”を搭載

R18は、「R5」(1936年登場)をはじめとする往年のBMW製二輪モデルをモチーフとした、クラシックなスタイリングが特徴の大型クルーザーモデルである。

エンジンは新開発の空/油冷4ストローク水平対向2気筒OHV 4バルブ(1気筒当たり)で、1802ccという大排気量から91PS(67kW)/4750rpmの最高出力と158N・m(16.1kgf・m)/3000rpmの最大トルクを発生。345kg(空車重量)という重量級の車体を力強く加速させる動力性能に加え、深みのあるエンジンサウンドや心地よい鼓動も実現しているという。トランスミッションは乾式単板クラッチと常時かみ合い式6段ギアボックスの組み合わせで、後輪への動力伝達はBMW伝統のシャフトドライブが用いられている。

車両構造も往年のBMW製モーターサイクルを想起させるもので、骨格部にはダブルループ鋼管フレームを採用。先述のR5と同様、ドライブシャフトの先に位置するリアアクスルはスイングアームにボルトで固定されている。一見リジッドフレーム風に見えるスタイリングと同じくライディングポジションもクラシカルで、フットレストは前に足を投げ出して乗るのではなく、しっかりヒザを折って乗るようエンジンシリンダーの後方に配置。“ミッドマウントフットペグ”と呼ばれるこのレイアウトにより、リラックスでき、かつ車両を的確に操縦できるライディングポジションを実現しているという。

ブレーキはフロントがツインディスク、リアがシングルディスクで、ともに4ピストン固定キャリパーを装備。サスペンションはフロントがφ49mmのスリーブ付きテレスコピックフォーク、リアがカンチレバーとスプリング・プリロード調整式のストラットの組み合わせで、「意図的に電子制御式調整機能を省略」(プレスリリースより)しているという。

一方で、安全装備については現代的かつ充実しており、スタビリティーコントロール(解除可能)やエンジンドラッグトルクコントロールといったシステムを標準採用。オプションでリバースアシスト、ヒルスタートコントロールといった快適装備も用意している。また、クルーザーモデルとしては珍しくライディングモードセレクターを搭載している点も特徴で、ライダーは状況に応じて、ウエット路面に適した「Rain(レイン)」、ノーマルモードの「Roll(ロール)」、ダイナミックな走りを楽しめる「Rock(ロック)」の3種類の中から、適切な走行モードを選択できるという。

(webCG)

関連キーワード:
R18, BMW, バイク, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW S1000XR(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.11 試乗記 レースシーンで培った4気筒エンジンと高剛性フレームを、臆することなく味わえる「BMW S1000XR」。意のままに操れるスポーツ性と、ロングツーリングでの快適性を併せ持つ新型は、二輪のツーリングカテゴリーに新しいスタンダードを打ち立ててみせた。
  • ハーレーダビッドソン・パン アメリカ1250スペシャル/パン アメリカ1250【試乗記】 2021.7.14 試乗記 あのハーレーダビッドソンから、まさかのアドベンチャーモデル「パン アメリカ1250」が登場。アメリカの大自然が鍛えたブランド初のオフローダーは、“これが初出”とは思えないほどに高い完成度を誇るバイクに仕上がっていた。
  • ヤマハMT-09 SP ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.9 試乗記 アグレッシブな走りとスタイリングが自慢の、ヤマハのネイキッドスポーツモデル「MT-09」がフルモデルチェンジ。高い機動性に加え、上質なライドフィールも得た新型は、ヤマハ製スポーツバイクのスタンダードと呼べるマシンに仕上がっていた。
  • 羽生永世7冠もびっくり!? ホイールのハブボルト締結化でクルマはどう変わるのか? 2021.7.14 デイリーコラム 2021年6月12日に世界初公開された新型「レクサスNX」では、「IS」と同様にホイールの固定方法がナット式からボルト式に変更された。部品としてはごく小規模な改良だが、果たしてどれほどの効果があるのだろうか。レーシングドライバー山野哲也氏にも意見を聞いてみた。
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
ホームへ戻る