クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW R18トランスコンチネンタル ファーストエディション(6MT)/R18Bファーストエディション(6MT)

心身を鍛えよ 2021.11.05 試乗記 BMWのビッグクルーザー「R18」シリーズに、よりグランドツーリングに好適な「R18B/R18トランスコンチネンタル」が登場。ベースモデルとは一味違う走りを試すとともに、このラグジュアリーなジャーマンツアラーに見合うオーナー像を模索した。

走りだす前にも関門が

「自分のバイクに乗っているとき、信号待ちで股(また)に挟んだバイクを左右に揺すったりするじゃありませんか」とBMWモトラッドの人。「あんな感じで、スタンドを払ったR18を下半身で起こしてやると、意外とアッサリできますよ」

BMWの新世代クルーザー、R18トランスコンチネンタルを試乗した感想を聞かれ、「まずは重たいですね」と同車を引き起こす動作をしながら答えたところ、「コツがあるんです」と上記の通り教えてくれた。「なるほど、そうしたものですか」と感心してみせると、「なにしろ最初の関門でくじけてしまうお客さまもいますから」と、親切なスタッフは笑う。実際、R18で走り始めるその前に、すでに諦めてしまうユーザーも少なくないのだろう。BMW R18トランスコンチネンタルの車重は427kgである。

2021年8月5日に予約受注が開始されたBMW R18BとR18トランスコンチネンタルは、1801ccという、ちょっと驚く排気量のボクサーツインを搭載したビッグツアラー。言うまでもなく2020年に登場したR18シリーズの一員で、ベーシックな「R18」、高いフロントスクリーンとリア左右にソフトバッグを装備した「R18クラシック」に続くモデルである。

クラシックな意匠が特徴の、BMWの大型クルーザー「R18」シリーズ。「R18コンチネンタル」(写真)と「R18B」はその最新モデルであり、フロントカウルやリアケースを備えた、よりロングツーリングに好適なモデルとなっている。
クラシックな意匠が特徴の、BMWの大型クルーザー「R18」シリーズ。「R18コンチネンタル」(写真)と「R18B」はその最新モデルであり、フロントカウルやリアケースを備えた、よりロングツーリングに好適なモデルとなっている。拡大
超ヘビー級の「R18トランスコンチネンタル」と「R18B」には、スターターモーターの力で後進する「リバースギア」(車体後進機構)が備わっている。写真のレバーを下向きに下げてイグニッションスイッチを押すと、車体が後進する。
超ヘビー級の「R18トランスコンチネンタル」と「R18B」には、スターターモーターの力で後進する「リバースギア」(車体後進機構)が備わっている。写真のレバーを下向きに下げてイグニッションスイッチを押すと、車体が後進する。拡大
大型ツアラーをベースに装備を省いたかのような意匠が特徴の「R18B」。クルーザーモデルのなかでも“バガー”と呼ばれるジャンルに属する。
大型ツアラーをベースに装備を省いたかのような意匠が特徴の「R18B」。クルーザーモデルのなかでも“バガー”と呼ばれるジャンルに属する。拡大

キャラクターに合わせてシャシーも最適化

BMW R18Bは、フロントにスクリーンを備えたフェアリングを与え、リア左右のハードケースに至るまでの車体全体をドレッシーにまとめた、いわゆるバガースタイルを採る。クールなクルージングやロングツーリングを予感させる一台だ。車両本体価格は311万2500円だが、今回試乗した初回生産モデルの「ファーストエディション」は341万8500円だった。

R18トランスコンチネンタルは、フロントフェアリングにさらに高さがある大スクリーンを組み合わせ、ライダーの脚前に前方からの風を整流するフェアリングや開閉できるコンパクトな風よけが設けられる。左右のパニアケースにプラスして、パッセンジャー用の背もたれと一体化したトップケースをリアに搭載。R18B以上にロングな、名前通り大陸横断的な用途に使いたくなる堂々たるモトラッドだ。こちらは372万6000円で、ファーストエディションは403万2000円である。

一見、新しい2モデルは先行したR18に豪華装備を追加しただけの派生車種に思えるが、さにあらず。シャシー、足まわりに手が入れられ、特にリアサスペンションには自動で車高を調整する機能が追加された。長旅のために多くの荷物を搭載したり、パートナーを後席に招いたりしたときなど、重さで下がった車高をセンサーが感知して、走行開始と同時にスプリングのプリロードを変更。標準位置までボディーを持ち上げてくれる。

ビッグボクサーを抱くメインフレームも強化された。ステアリングまわりのフレーム形状を工夫して耐荷重性を高めているのもハードツアラーならではだ。面白いのは、ハンドリングが過度に鈍重になるのを嫌ったのだろう。R18B/R18トランスコンチネンタルのフロントフォークは、R18、同クラシックよりむしろ立てられ、その結果、ホイールベースも短くなっている。

古典的なダブルクレードルタイプのスチールフレームに搭載される水平対向2気筒エンジンは、91PS/4750rpmの最高出力と、158N・m/3000rpmの最大トルクを発生。もちろん、BMW得意のドライブシャフトを介して後輪を駆動する。トランスミッションは、バックギアを持つ6スピードのマニュアルである。

タイヤサイズは両者共通で、フロントが120/70R19(またはB19)、リアは180/65B16となる。

“バガー”はカスタムカルチャーを起源とするクルーザーのスタイルで、フロントスクリーンやパッセンジャーシート、トップケースなどを簡素化することで、優雅でありながら、どこか無頼な雰囲気を演出している。
“バガー”はカスタムカルチャーを起源とするクルーザーのスタイルで、フロントスクリーンやパッセンジャーシート、トップケースなどを簡素化することで、優雅でありながら、どこか無頼な雰囲気を演出している。拡大
今回試乗した「ファーストエディション」は、ホワイトのピンストライプやクロームパーツを装着した、きらびやかな意匠が特徴の初回生産モデルである。
今回試乗した「ファーストエディション」は、ホワイトのピンストライプやクロームパーツを装着した、きらびやかな意匠が特徴の初回生産モデルである。拡大
こちらは大型のウインドスクリーンを備えた「R18トランスコンチネンタル」のフェアリング。2つのLED補助ランプも同車の特徴だ。
こちらは大型のウインドスクリーンを備えた「R18トランスコンチネンタル」のフェアリング。2つのLED補助ランプも同車の特徴だ。拡大
足にあたる風を防ぐ黒いディフレクターと、クリア素材の風よけ。後者は可動式で、体にあたる風の量を調節できる。
足にあたる風を防ぐ黒いディフレクターと、クリア素材の風よけ。後者は可動式で、体にあたる風の量を調節できる。拡大
重たいバイクでもハンドリングを楽しめるよう、ステアリングヘッドアングルは57.3°から62.7°へと“立ち気味”に変更。ホイールベースは「R18B」が1700mm、「R18トランスコンチネンタル」が1720mmとなっている。
重たいバイクでもハンドリングを楽しめるよう、ステアリングヘッドアングルは57.3°から62.7°へと“立ち気味”に変更。ホイールベースは「R18B」が1700mm、「R18トランスコンチネンタル」が1720mmとなっている。拡大

快適装備はゴージャスの極み

BMW R18B、R18トランスコンチネンタルのプレス試乗会は、あいにくの雨。会場となったカフェの中庭ではクラシカルなラッカーブラックにペイントされたトランスコンチネンタルがぬれそぼり、会場にはワイルドなアメリカンロックが大音量で流される。「この音楽はドコから?」と無意識にスピーカーを探していて、気がついた。大型クルーザーそのものが音源になっている!

前車との距離を保って追従する高機能のクルーズコントロール、コーナリング中も作動する前後ブレーキを統合制御するABS、滑りやすい路面でありがたいトラクションコントロールやスタビリティーコントロール、坂道発進時に頼もしいヒルスタートコントロールといった先進技術をはじめ、LED補助ヘッドランプやシート&グリップヒーターといった豊富な装備を誇るR18BとR18トランスコンチネンタル。

両者のぜいたくさをさらに加速させるのが、英Marshall(マーシャル)社と共同開発したサウンドシステムである。フロントフェアリング左右に25Wの2ウェイラウンドスピーカーを標準装備。展示車両は、リアの両パニアケースとトップケースに工場装着オプションのスピーカーとサブウーハーを追加で組み込み、迫力のサウンドを響かせていた。

会場の中庭に展示された「R18トランスコンチネンタル」。オプションのプレミアムサウンドシステム「Marshallゴールドシリーズ シリーズ2」を装備した個体で、車載用とは思えぬ迫力のサウンドを放っていた。
会場の中庭に展示された「R18トランスコンチネンタル」。オプションのプレミアムサウンドシステム「Marshallゴールドシリーズ シリーズ2」を装備した個体で、車載用とは思えぬ迫力のサウンドを放っていた。拡大
サイドケースに備わるスピーカー。オプションの「Marshallゴールドシリーズ」を選択すると、最大4個のスピーカーと2個のサブウーファーが装備され、オーディオの総出力は280Wに達する。
サイドケースに備わるスピーカー。オプションの「Marshallゴールドシリーズ」を選択すると、最大4個のスピーカーと2個のサブウーファーが装備され、オーディオの総出力は280Wに達する。拡大
スポークホイールを装着する「R18/R18クラシック」に対し、「R18B」と「R18トランスコンチネンタル」はクラシックな意匠のキャストホイールを履いている。
スポークホイールを装着する「R18/R18クラシック」に対し、「R18B」と「R18トランスコンチネンタル」はクラシックな意匠のキャストホイールを履いている。拡大

オリジナリティーを自身の源流に求める

言うまでもなく、R18シリーズは、ハーレーダビッドソンが牛耳る北米市場に殴り込みをかけるべく開発されたモデルだが、決してハーレーを模したバイクではない。実はBMWは、R18以前に既存の大排気量モデルに手を入れて北米に投入したことがあったが、思うような成績を収めることができなかった。

そこで「原点回帰」を図って自らを見つめ直し、なんと1936年登場の「BMW R5」にまでさかのぼる。ダブルクレードルフレーム、ボクサーエンジン、シャフトドライブ、ティアドロップ型タンク、そしてブラックペイントといった古式ゆかしい姿を最新の技術で現代によみがえらせたのが、21世紀のR18シリーズである。

BMWはこのR18シリーズをもって、アメリカのバイク好きのうち、例えば「iPhone」や「MacBook」を好むような高所得者層に食い込めないかと期待している。「人と同じものはイヤ」と考える、ちょっとスカした(失礼!)40代、50代が、それぞれR18B、R18トランスコンチネンタルの想定ユーザーである。前者はリベラルなチョイワル、後者は保守的なボスキャラをイメージする。

老舗BMWといえどもアメリカのクルーザー/ツーリングバイク市場では、今のところシェア10%にも届かない「その他大勢組」の一員だ。まずはコアなファンを獲得するのが肝要で、そのためのビッグボクサーであり、豪華なサウンドシステムであり、一目でわかる質感の高さである。

戦前の「R5」をはじめとする、往年のBMW製モーターサイクルに範を求めた「R18」シリーズ。イメージカラーの「ブラックストームメタリック」も、それらをモチーフにしたものだ。
戦前の「R5」をはじめとする、往年のBMW製モーターサイクルに範を求めた「R18」シリーズ。イメージカラーの「ブラックストームメタリック」も、それらをモチーフにしたものだ。拡大
巨大なフェアリングの裏には、4連のメーターとフルカラーの10.25インチTFT液晶ディスプレイを装備。
巨大なフェアリングの裏には、4連のメーターとフルカラーの10.25インチTFT液晶ディスプレイを装備。拡大
メーターパネルの右端に備わるパワーリザーブメーター。ロールス・ロイスのモデルなどに見られる装備で、エンジンの“余力”がパーセンテージで示される。
メーターパネルの右端に備わるパワーリザーブメーター。ロールス・ロイスのモデルなどに見られる装備で、エンジンの“余力”がパーセンテージで示される。拡大
「R18トランスコンチネンタル」は集中ロックシステムを備えた2つのサイドケースとトップケースを装備。容量は前者が27リッター(×2)、後者が48リッターである。
「R18トランスコンチネンタル」は集中ロックシステムを備えた2つのサイドケースとトップケースを装備。容量は前者が27リッター(×2)、後者が48リッターである。拡大

コツをつかんでも怖いものは怖い

おっかなビックリBMW R18トランスコンチネンタルの試乗を終えたのち、コーヒーブレイクを挟んでR18Bのサドルにまたがる。先のアドバイスに従い、両手はグリップに添えるだけにして腰下でビッグボクサーを起こしてやると、オオッ! 思いのほかスンナリ立ち上がった。398kgという、トランスコンチネンタルより29kg軽い車重のせいだけではあるまい。左右に揺れるハンドルに頼るよりむしろ不安が少ないのが、いい結果につながった。

R18Bのフロントスクリーンはトランスコンチネンタルより短くて、見ても乗ってもスポーティーさが増している。目の前の4連アナログメーターと10.25インチの大きな液晶ディスプレイ、フタ付きのスマートフォン収納スペースが設けられた幅広タンク、左右でややオフセットされた(右側が少し後方に下がっている)フラットツインが大迫力。シート高は720mmで、身長165cm・昭和体形の自分でも、両足の親指付近まで接地できる。

ボクサーエンジンに火を入れると同時にボディーが左に振られ、R18Bと試乗者の目が覚まされる。クラッチをつないでいざ走り始めると、ほとんどアイドリング域でもバイクを動かせるブッ太いトルクの恩恵で、当初の心配がウソのようにドイツ産バガーはスムーズに滑り出す……とカッコよくいきたいところだけれど、本当は足元が砂利の駐車場ということもあって、またごく低速域では大きなフロントフェアリングを付けたハンドルがやや過敏に左右に動くため、気の小さいライダー(←ワタシです)は冷や汗をかきながら舗装路に這(は)い出ることになる。

低いウインドスクリーンが特徴の「R18B」のフェアリング。ヘッドランプには両モデルともに、リーンアングルに合わせて内部構造が回転し、進行方向を照射し続けるアダプティブヘッドライトが装備される。
低いウインドスクリーンが特徴の「R18B」のフェアリング。ヘッドランプには両モデルともに、リーンアングルに合わせて内部構造が回転し、進行方向を照射し続けるアダプティブヘッドライトが装備される。拡大
24リッターの容量を持つ巨大な燃料タンクの上には、フタ付きの給油口と携帯端末の収納スペースを設置。車載機器と接続して用いる際の放熱を考慮し、後者にはケース内と携帯端末の熱を下げる冷却器が備わっている。
24リッターの容量を持つ巨大な燃料タンクの上には、フタ付きの給油口と携帯端末の収納スペースを設置。車載機器と接続して用いる際の放熱を考慮し、後者にはケース内と携帯端末の熱を下げる冷却器が備わっている。拡大
「R18B」(写真)のシート高は720mm。「R18トランスコンチネンタル」は740mmが標準だが、日本では720mmのローシート仕様がスタンダードとなる。
「R18B」(写真)のシート高は720mm。「R18トランスコンチネンタル」は740mmが標準だが、日本では720mmのローシート仕様がスタンダードとなる。拡大

エンジンが強力ならブレーキも強力

R18の走りは標準の「Roll」のほか、おとなしい「Rain」、アグレッシブな「Rock」と、3種類のライディングモードから選択できる。冷たい雨が降るこの日は、迷わずRainをセレクト。エンジン出力やスロットル特性のほか、トラクション/スタビリティーコントロールなども併せて変更される。スロットル操作に合わせて、排気量によった十分な駆動力が穏やかに紡ぎ出され、乗り手を安心させる。

このモードセレクトは走行中にも変更可能で、試しにRockにしてみると、フラットツインの出力が明らかにワイルドになって加速も目に見えてよくなる。が、ウエット路面では2、3分も堪能すればおなかいっぱい。ダンスしすぎる前に、デフォルトのRollに切り替える。

ピストンが左右から打ち合うプッシュロッドユニットは想像にたがわぬ大トルクの持ち主で、ピークパワーの発生回転数は4750rpmだけれど、3000rpmも回さずユルユルと重量級クルーザーを運ぶのが“らしい”走りだろう。2速2000rpmで約40km/h、3速2000rpmで55km/h付近だから、街なかではなかなか高いギアに入らない。

少々気になったのが、右足のフットブレーキ。大きく突き出したシリンダーの下に隠れてしまうので、最初は手探りならぬ足探りしながら踏むことになる。もっともR18の前後ブレーキはコンビネーションタイプで、フロントブレーキをかけると自動でリアにも制動力が生じる仕組みになっているから、普段は右手のブレーキだけでこと足りるのかもしれない。ちなみに前後のブレーキを共に操作すれば、連携は切られるという。

ストッピングパワーそのものは、フロント300mmのダブルディスクを4ピストンキャリパーで締め付ける強力なもの。さらにコーナリング中にも巧妙にABSを作動させるシステムが導入された。クルーズコントロール作動中には、カーブに応じて快適で安全な、つまり「怖くない」バンク角で曲がれるような速度に調整してくれるという。山あいを縫うように走る高速道路が多いニッポンでは、ありがたいシステムになろう。

1800cc(厳密には1801cc)の排気量を持つ空油冷ボクサーエンジン。その仕様は「R18/R18クラシック」と共通で、91PSの最高出力と158N・mの最大トルクを発生する。
1800cc(厳密には1801cc)の排気量を持つ空油冷ボクサーエンジン。その仕様は「R18/R18クラシック」と共通で、91PSの最高出力と158N・mの最大トルクを発生する。拡大
大排気量のボクサーエンジンが発生するトルクロールは強烈で、ギアチェンジ時にエンジンをふかすのはNGな行為だ。その代わり、「R18」シリーズでは無理に回転合わせをしなくてもスムーズに変速できるよう、パワートレインが調整されている。
大排気量のボクサーエンジンが発生するトルクロールは強烈で、ギアチェンジ時にエンジンをふかすのはNGな行為だ。その代わり、「R18」シリーズでは無理に回転合わせをしなくてもスムーズに変速できるよう、パワートレインが調整されている。拡大
ライディングモードは、アグレッシブなほうから「Rock」「Roll」「Rain」の3種類。これらの設定についても、「R18/R18クラシック」からの変更はない。
ライディングモードは、アグレッシブなほうから「Rock」「Roll」「Rain」の3種類。これらの設定についても、「R18/R18クラシック」からの変更はない。拡大
「R18トランスコンチネンタル」のリアブレーキ用フットレバー。同車には、フロント/リアの片方のブレーキだけを操作しても、前後ブレーキを適切に作動させる、フルインテグラル式の制動システムが搭載されている。
「R18トランスコンチネンタル」のリアブレーキ用フットレバー。同車には、フロント/リアの片方のブレーキだけを操作しても、前後ブレーキを適切に作動させる、フルインテグラル式の制動システムが搭載されている。拡大

オーナーに求められる筋力以外の資質

R18Bに先立つR18トランスコンチネンタルの試乗時間では、千葉方面から東京湾アクアラインに入って海ほたるでUターンする、ベリーショートな(!?)ハイウェイクルーズを体験できた。あとひと吹きで通行禁止になるような雨天の強風を、重量級クルーザーはものともしないで突き進んでいく。大面積のフロントスクリーンが面白いように雨粒を飛ばしてくれる。「大陸横断には耐候性も大事なのだなァ」と、30分にも満たないクルージングで痛感した軟弱ライダーである。

レーダーを使った高機能のクルーズコントロールもR18のジマンで、使い方は簡単。スイッチをスライドさせてONにして、隣のレバーを倒して速度を設定するだけ。車間距離は別のボタンで調整できる。前のクルマに合わせた丁寧な加減速が印象的で、ライダーを慌てさせない。「基本となる高度なブレーキシステムが貢献している」と、あとでスタッフの人が教えてくれた。

冷たい雨が降るなか、ゴージャスな2台の試乗で最もありがたかった装備が、強力なグリップヒーターとシートヒーターである。ことに前者は最強に設定すると、グローブを通してもやけどしそうなほど熱くなる。これなら真冬用の厚い手袋でも効果を感じられるはずだ。ちなみにタンデムで使うユーザーのため、R18トランスコンチネンタルは後席もシートヒーター付き。うーん、ラグジュアリー!

それにしても、2人乗車の重量級クルーザーを自在に操る50代とは、なんとパワフルな人でしょう! BMW R18トランスコンチネンタルをライフスタイルに取り込むには、資力、体力はもとより、いわゆる熟年までパートナーと友好な関係を維持する忍耐力が最も必要とされるのかもしれない。そう考えると、タンデムのプレッシャーがないR18Bのハードルはググッと低い。

(文=青木禎之/写真=郡大二郎/編集=堀田剛資)

「R18B」と「R18トランスコンチネンタル」にはアクティブクルーズコントロール(ACC)が標準装備される。写真はフェアリングに搭載されたACC用のレーダー。
「R18B」と「R18トランスコンチネンタル」にはアクティブクルーズコントロール(ACC)が標準装備される。写真はフェアリングに搭載されたACC用のレーダー。拡大
左スイッチボックスに備わるACCのコントローラー。車速と車間距離の自動調整機能をオフにした、一定速走行モードも備わっている。
左スイッチボックスに備わるACCのコントローラー。車速と車間距離の自動調整機能をオフにした、一定速走行モードも備わっている。拡大
「R18トランスコンチネンタル」では、パッセンジャーシートにもヒーターが内蔵されている。
「R18トランスコンチネンタル」では、パッセンジャーシートにもヒーターが内蔵されている。拡大
重量級のボディーにパワフルな走り、堂々とした存在感が特徴の「R18トランスコンチネンタル」。これを乗りこなすには、ライダーにも相応な資質が求められることだろう。
重量級のボディーにパワフルな走り、堂々とした存在感が特徴の「R18トランスコンチネンタル」。これを乗りこなすには、ライダーにも相応な資質が求められることだろう。拡大
BMW R18トランスコンチネンタル ファーストエディション
BMW R18トランスコンチネンタル ファーストエディション拡大
 
BMW R18トランスコンチネンタル(6MT)/R18B(6MT)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

BMW R18トランスコンチネンタル ファーストエディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2650×970×1500mm
ホイールベース:1720mm
シート高:720mm
重量:427kg(DIN空車時)/440kg(国土交通省届出値)
エンジン:1801cc 空油冷4ストローク水平対向2気筒OHV 4バルブ(1気筒あたり)
最高出力:91PS(67kW)/4750rpm
最大トルク:158N・m(16.1kgf・m)/3000rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:17.24km/リッター(WMTCモード)
価格:403万2000円

BMW R18B
BMW R18B拡大
 
BMW R18トランスコンチネンタル(6MT)/R18B(6MT)【試乗記】の画像拡大

BMW R18Bファーストエディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2560×970×1400mm
ホイールベース:1700mm
シート高:720mm
重量:398kg(DIN空車時)/410kg(国土交通省届出値)
エンジン:1801cc 空油冷4ストローク水平対向2気筒OHV 4バルブ(1気筒あたり)
最高出力:91PS(67kW)/4750rpm
最大トルク:158N・m(16.1kgf・m)/3000rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:17.24km/リッター(WMTCモード)
価格:341万8500円

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。