第651回:空いた時間はクルマのケアを ある旧車クラブから届いた「自動車好きの心得」

2020.04.17 マッキナ あらモーダ!

“雇われマダム”ゆえに

イタリアでは、新型コロナ対策による外出制限の解除が再び後ろ倒しとなった。

ジュゼッペ・コンテ首相は2020年4月3日、国土封鎖の期限を5月3日まで延長する首相令に署名した。去る3月10日にひと月弱の予定で開始された外出制限は、2度の期間延長によって2カ月弱続くことになった。

そうした中、ある自動車クラブから筆者のもとに届いた「心得」を今回は紹介しよう。

その前にイタリアの最新情報を。

2020年4月の第2日曜日はイースターだ。警察は正当な理由なく外出する市民の取り締まりを強化した。特に市外への移動禁止を無視して別荘で過ごそうとする人々を警戒してのことだった。内務省によれば休暇直前の4月9日の一日で、全国で約10万人を摘発したという。

ただし、一般市民から政府に対して、強い抗議の声は上がらない。背景にはあまり減少しない死者数に対する警戒感とともに、現政権の性格があることは確かだ。

コンテ首相は1964年生まれ。弁護士でもある彼は1997年から大学の法学部で教鞭(きょうべん)をとっていた。

やがて2013年にポピュリズム政党「五つ星運動」が躍進すると、行政司法会議のメンバーとして迎えられた。

それまで無名の市中の人だったコンテ氏が脚光を浴びる契機となったのは、2018年の総選挙後だった。

五つ星運動が中道右派政党「同盟」との連立政権を樹立。しかし、双方の党首が首相の座を巡って3カ月近く争うという異常事態となった。妥協策として共和国大統領がとったのは、コンテ氏を首相に指名することだった。

連立は約1年で崩壊。各種政策で両党が対立し、同盟が離脱を表明したためだった。しかし2019年8月、代わりに中道左派政党「民主党」と共に立ち上げた新連立政権でもコンテ氏を選択。現在に至っている。

コンテ氏は本来学者であり、政治経験がなかった。限りなくテクノクラート(実務派)に近い人物が首相を務めていることになる。

しかしながら、政党色が強くない、いわば“雇われマダム”のコンテ政権は、この緊急時に無用な政治闘争を誘発しないという意味で、適切な政権ではないかと筆者は考えている。

仮に、若い政党である五つ星運動が単独で政権にあったら、既存の政党支持者からの反発は強まったであろう。

コンテ政権前期で連立にあった同盟は「すべての税金凍結」を訴えて支持を集めようとしているが、かつて過激な姿勢でイタリア北部の自治拡大を主張した政党だけに、他地域での警戒感は強い。

現在連立にある民主党も、単独で人気は保てない。彼らが主張する高額所得者を対象とした「コロナ復興税」も広い支持は得られていない。長年にわたる汚職・不正体質の印象が強いからだ。

かといって、あのシルヴィオ・ベルルスコーニ元首相が復帰したとしても、在任中と同じように警察機能の拡大を図り、反感を招いたであろう。

彼が掲げる「フラット税(あらゆる税率をすべて均等にする税制度)」の実現による経済活性化も、その実現性を疑問視する国民は多い。かつてユーロ通貨導入のときに電子換算機を全戸に配った彼のことだから、もし政権についていたら特製マスクを配布していたかもしれないが、もはやそうした“モノ”で人心を掌握することは難しい。

当然のことながら、コンテ政権に対する批判の声も存在する。4月10日に出された追加の営業許可業種が「文房具店、書店、新生児・幼児用衣料品店」のみだったことへの失望や、「国土封鎖を即座に解除しないとイタリア経済は壊滅してしまう」といった意見も向けられている。

鉄道や自動車のユーザーが政治に無関心ではいられない事態も連発している。新型コロナ禍が深刻化する直前の2020年2月には高速特急「フレッチャロッサ」が292km/hで走行中に突如脱線。運転士2人が死亡した。

先日4月8日には、筆者が住むトスカーナ州内で、県道の橋が全長300mにわたって突然崩落した。2018年8月、ジェノバで高速高架橋が落下した事故(本連載の第568回)に次ぐ重大事故だ。鉄道・道路網の安全確保は、この国が避けて通れない課題だ。

この非常時に、少なくとも低次元な言動やパフォーマンスで混乱を生じさせていないコンテ首相。新型コロナ禍収束の暁には、円滑な経済復興のためにも、交通インフラの刷新も忘れないでもらいたい。

2019年2月、ヴィアレッジョのカーニバルにおける張り子。パイロット姿のコンテ首相が連立政権を組む2人の党首のはざまで、困難な操縦を強いられるの図。
2019年2月、ヴィアレッジョのカーニバルにおける張り子。パイロット姿のコンテ首相が連立政権を組む2人の党首のはざまで、困難な操縦を強いられるの図。拡大
2020年4月上旬、筆者が住むシエナ市は独自に市内全戸へのマスク配布を決めた。2人家族のわが家には計4枚。添付された市長のあいさつ文には、協力者として姉妹都市である中国・南東市の文字も。
2020年4月上旬、筆者が住むシエナ市は独自に市内全戸へのマスク配布を決めた。2人家族のわが家には計4枚。添付された市長のあいさつ文には、協力者として姉妹都市である中国・南東市の文字も。拡大
マスク関連でもうひとつ。現地報道によれば、スポーツ用品チェーンが販売しているシュノーケリング用マスクが、部品交換するだけで集中治療室で活用できることが判明した。写真は2019年夏、海で当該マスクを使用する筆者。
マスク関連でもうひとつ。現地報道によれば、スポーツ用品チェーンが販売しているシュノーケリング用マスクが、部品交換するだけで集中治療室で活用できることが判明した。写真は2019年夏、海で当該マスクを使用する筆者。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事