クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第618回:タフさが魅力の「三菱デリカD:5」 そのアシにピッタリのタイヤとは?

2020.04.22 エディターから一言
富士山麓に向かって高速道路を走る「三菱デリカD:5 」。デビューから13年目となる2018年11月にビッグマイナーチェンジ版が発表された。
富士山麓に向かって高速道路を走る「三菱デリカD:5 」。デビューから13年目となる2018年11月にビッグマイナーチェンジ版が発表された。拡大

大胆なデザインチェンジからはや1年。ヘビーデューティーなミニバン「三菱デリカD:5」にあらためて試乗。あわせて装着したトーヨータイヤのSUV用タイヤ「オープンカントリーR/T」とのマッチングを、オンロードとオフロードでチェックした。

 
「デリカD:5」の特徴的なフロントフェイスは、新たな歩行者保護性能基準に対応するために開発された。サイドメンバーの前端が20mm後退し、バンパービームが加えられるなど、フロント内部構造の見直しを受けている。
「デリカD:5」の特徴的なフロントフェイスは、新たな歩行者保護性能基準に対応するために開発された。サイドメンバーの前端が20mm後退し、バンパービームが加えられるなど、フロント内部構造の見直しを受けている。拡大
大胆に変更されたフロントに対してリアまわりの変更は最小限にとどまっている。テールゲートには「DELICA」やディーゼルエンジン搭載を示す「DI-D」のエンブレムが装着される。
大胆に変更されたフロントに対してリアまわりの変更は最小限にとどまっている。テールゲートには「DELICA」やディーゼルエンジン搭載を示す「DI-D」のエンブレムが装着される。拡大
ダッシュボードのデザインは、水平基調にリニューアルされた。ソフトパッドやウッド調パネルの使用に加え、4WDモードの切り替えダイヤルにはローレット加工が施されるなど、質感向上が著しい。試乗車はディーラーオプションとなる10.1インチサイズのカーナビを装着していた。
ダッシュボードのデザインは、水平基調にリニューアルされた。ソフトパッドやウッド調パネルの使用に加え、4WDモードの切り替えダイヤルにはローレット加工が施されるなど、質感向上が著しい。試乗車はディーラーオプションとなる10.1インチサイズのカーナビを装着していた。拡大
今回の試乗車「デリカD:5 P」には225/55R18サイズの「トーヨータイヤ・オープンカントリーR/T」を装着した。サイドウオールのデザインは左右で異なっており、ホイールに組み込む際に選択できる。写真では「スタイリッシュ」と呼ばれる面(もう一方は「シンプル」)を外側にしている。
今回の試乗車「デリカD:5 P」には225/55R18サイズの「トーヨータイヤ・オープンカントリーR/T」を装着した。サイドウオールのデザインは左右で異なっており、ホイールに組み込む際に選択できる。写真では「スタイリッシュ」と呼ばれる面(もう一方は「シンプル」)を外側にしている。拡大

付き合ううちに長所がわかる

初対面ではウマが合いそうにないと感じたのに、付き合ってみると意外にいいヤツで、まったく予想していなかったのにふたりで飲みに行くようになる──。こういう人間関係はなかなか味わい深い。

最初から気が合うに越したことはないけれど、「えっ、見た目と全然違う人柄だ」とか、「無愛想に見えたのは照れ屋だからだな」という発見があるのはおもしろい。意外と、こういう人のほうが付き合いが長くなったりもする。

これと似たような経験をしたのが、三菱デリカD:5だ。初めて見たときにはウマが合わないというか、最低、最悪だと思った。最初に見たのはプレスリリースの写真で、そのフロントマスクを見た瞬間に、このクルマをデザインした方に話を聞いてみたいと思った。

自動車デザイナーって、ジョルジェット・ジウジアーロが手がけた初代「フィアット・パンダ」に憧れたとか、ピニンファリーナの「ディノ」にシビれたとか、父が乗っていた「いすゞ117クーペ」がジマンでしたとか、そういうきっかけで志す職業ではないだろうか。それなのに、電気シェーバーのようなフロントグリルをデザインしてしまうなんて……。

ところが、である。まず最初に、クローズドコースでプロトタイプに乗った時に、フロントマスクへの嫌悪感は薄らいだ。急勾配の凸凹道をぐいぐい登っていく走破性能は、計算されつくしたデパーチャーアングルやアプローチアングルなどに裏打ちされたもの。中身はしっかりしているんだと感心する。オンロードでスピードを上げると、パリダカやWRCを席巻した三菱伝統の四駆技術にうならされた。がっちりグリップしながら、キュキュッと曲がる。うーん。

トドメは、北海道の雪上試乗会だった。絶対に登れないと感じた雪の壁(のように見えた)を、ジマンのヨンクとディーゼルエンジンのぶっといトルクを利してじわじわと進み、見事に登りきったのだ。登り終えた瞬間、雪の壁の頂上で写真を撮っていたカメラマン氏が、「ビクトリー!」と叫んだ。ディーゼルも四駆システムも、信頼感は抜群だ。

SUV用タイヤがよく似合う

あれから1年ちょっと。久しぶりに対面したデリカD:5の顔は、随分と見慣れたものになった。そんなにイヤだと感じなくなったのは、まじめに、タフにつくられた中身を肌で知ったからだろう。

大体において、ヘビーデューティーなミニバンというのは、世界的に見ても唯一無二の個性だ。中身が個性的だから、顔もほかとは違ったものになるのは道理だ。このクルマの顔に見慣れた理由は、もうひとつ思い当たる。それはマスクをした人の顔に慣れたからだと思う。このクルマの顔、見ようによってはマスクをした人の顔に似ていませんか?

で、久しぶりにデリカD:5に試乗した理由は、トーヨータイヤの「オープンカントリーR/T」というSUVやクロスオーバー用のタイヤを試すためだった。R/Tとはラギッドテレインの意味で、ゴツゴツした地形を走ることを想定したタイヤだ。このゴツいブロックパターンを持つタイヤが、デリカD:5に似合っていた。ヘビーデューティーなミニバンという特徴を、わかりやすくアピールしているからだ。

このクルマはミニバンとSUVのクロスオーバーともいうべき存在で、ノーマルタイヤを履いていたときのルックスは、ミニバン:SUVの比率が7:3ぐらいだった。けれどもこのゴツいタイヤを履くことで比率が6:4程度になり、ぐっとSUVに寄ってくる。ミニバンとSUVのクロスオーバーという個性が、一段と際立つ。

高速道路を巡航すると、よい意味で普通のミニバンだと感じる。乗り心地は体がとろけるようなものではないけれど、4本のアシがよく動いて路面からのショックを吸収すると同時にフラットな姿勢を保つ。これだけ大きなブロックパターンのタイヤを履いているのに、車内も静かだ。オープンカントリーR/Tの性能に負うところもあるだろうけれど、クルマの遮音・防音もしっかりしているはずだ。

おもしろいのが、ワインディングロードでも意外と運転が楽しめることだ。ディーゼルエンジンは低回転域からのピックアップがよく、踏めばズシンとしたトルクで2t近い車体を押し出す。クローズドコースでタイヤを鳴らしながら走らせたときとは違い、一般道を制限速度内で走る程度では四駆のありがたみは感じられない。それでも、安定感と旋回性能がうまくバランスしていることは伝わってくる。

「デリカD:5 P」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4800×1795×1875mm、ホイールベース=2850mm。車重は1960kgと発表されている。
「デリカD:5 P」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4800×1795×1875mm、ホイールベース=2850mm。車重は1960kgと発表されている。拡大
トーヨータイヤでは「オープンカントリーR/T」を「アウトドアを楽しむための新カテゴリータイヤ」と紹介している。オフロード性能とオンロードでの耐摩耗性や走行安定性の両立を実現したという。
トーヨータイヤでは「オープンカントリーR/T」を「アウトドアを楽しむための新カテゴリータイヤ」と紹介している。オフロード性能とオンロードでの耐摩耗性や走行安定性の両立を実現したという。拡大
中央部が主にオンロード用のオールテレイン、左右ショルダー部が主にオフロード用のマッドテレインという2つの要素を併せ持った「ハイブリッドパターンデザイン」も「オープンカントリーR/T」の特徴。「デリカD:5」に装着してみると、ルックスがより力強くタフな印象となる。
中央部が主にオンロード用のオールテレイン、左右ショルダー部が主にオフロード用のマッドテレインという2つの要素を併せ持った「ハイブリッドパターンデザイン」も「オープンカントリーR/T」の特徴。「デリカD:5」に装着してみると、ルックスがより力強くタフな印象となる。拡大
2.3リッター直4ディーゼルターボエンジンは最高145PS/3500rpm、最大トルク380N・m/2000rpmを発生。8段ATと組み合わされる。
2.3リッター直4ディーゼルターボエンジンは最高145PS/3500rpm、最大トルク380N・m/2000rpmを発生。8段ATと組み合わされる。拡大
「オープンカントリーR/T」タイヤを装着しても、「デリカD:5」本来の快適性や静粛性に変わりはなかった。
「オープンカントリーR/T」タイヤを装着しても、「デリカD:5」本来の快適性や静粛性に変わりはなかった。拡大

“コワい”ではなく“強い”顔

市街地から高速道路、そしてワインディングロードへとステージを移すと、次第に大きなブロックパターンのタイヤを履いていることを忘れる。ノイズが大きいとか高速のレーンチェンジやワインディングロードでブロックがヨレるとか、この手のタイヤにありがちなネガを感じさせないからだ。オープンカントリーR/Tの手柄でもあり、デリカD:5の出来のよさでもあり、両者のマッチングのよさでもあるだろう。

といった具合に、最初は大嫌いだったデリカD:5に好意を持つようになった。オフロードや雪道での安心感を知ったことで、オンロードでの評価が1割増しぐらいになったことは否定できない。でもそれは、「スズキ・ジムニー」や「ジープ・ラングラー」のオフロード性能を知ったあとには、オンロードでの乗り心地の評価が甘くなるのに似ている。デリカD:5はコワい顔のクルマではなく、強い顔のクルマだと評価は変わったのだった。

じゃあ一緒に飲みに行くかと問われれば……。ノーマルタイヤを履いているときのルックスだと、ちょっとご遠慮したい。やっぱり、好きにはなれない。けれども、SUVの風味が増すこの手のタイヤを履いているのだったら悪くない。焼き鳥か煮込みをごちそうしたいと思うのだった。

(文=サトータケシ/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

「デリカD:5」は、ミニバンとSUVのクロスオーバーともいうべき存在。185mmという最低地上高により、他のミニバンが躊躇(ちゅうちょ)するような未舗装路へも臆することなく進んでいける。
「デリカD:5」は、ミニバンとSUVのクロスオーバーともいうべき存在。185mmという最低地上高により、他のミニバンが躊躇(ちゅうちょ)するような未舗装路へも臆することなく進んでいける。拡大
SUV用タイヤに求められる悪路走破性能に加え、ドライ路面での操縦安定性やロードノイズの低さも「トーヨータイヤ・オープンカントリーR/T」のセリングポイントといえそうだ。
SUV用タイヤに求められる悪路走破性能に加え、ドライ路面での操縦安定性やロードノイズの低さも「トーヨータイヤ・オープンカントリーR/T」のセリングポイントといえそうだ。拡大
今回試乗した「デリカD:5 P」のボディーカラーはアイガーグレーメタリック×ブラックマイカのツートン仕様で、価格は437万1400円。
今回試乗した「デリカD:5 P」のボディーカラーはアイガーグレーメタリック×ブラックマイカのツートン仕様で、価格は437万1400円。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

三菱 デリカD:5 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。