第652回:危機は自動車ブランドを淘汰する 大矢アキオが考える“コロナ後”の世界

2020.04.24 マッキナ あらモーダ!

制限解除後の模索が始まる

新型コロナウイルス禍は、人生における優先順位をも変えてしまう――外出制限下のイタリアで7週間目を迎えた筆者の感想である。今回は歴史をもとに、コロナ後の自動車ブランドについて考えたい。

目下のところイタリアでは、2020年5月4日に外出制限が解除される予定だ。

「ウイルスとの共存」を掲げた政府が、どのように国を再始動させるかに国民の注目が集まっている。

実際、イタリア政府はいかに国民の安全を確保しながら、どの産業から段階的に再開させるかの素案を4月13日から提示し始めた。

そうした中、イタリアの自動車販売会社の業界団体「フェデラウト」は、ディーラーの営業再開の前倒しを求めている。

フェデラウトによれば、すでに2007年から2019年の13年間で自動車販売の就業人口は23.7%も減少し、3万人が職を失ったという。

今回の新型コロナ禍は2008年の金融危機に匹敵するもので、業界に甚大な損害を与えると訴える。

スーパーで購入してきた商品にイタリアで最もポピュラーな除菌スプレー「アムキーナ」を噴射する筆者。2020年4月7日撮影。
スーパーで購入してきた商品にイタリアで最もポピュラーな除菌スプレー「アムキーナ」を噴射する筆者。2020年4月7日撮影。拡大
筆者が住むシエナを走る路線バスの車内。運転士の安全のため、前面扉からの乗車は禁止。直後のシートは使用できないようテープが張られている。2020年4月17日撮影。
筆者が住むシエナを走る路線バスの車内。運転士の安全のため、前面扉からの乗車は禁止。直後のシートは使用できないようテープが張られている。2020年4月17日撮影。拡大
シエナ市内のバールにて。人が絶えなかった屋外テーブルは、このひと月半放置されたままだ。2020年4月17日撮影。
シエナ市内のバールにて。人が絶えなかった屋外テーブルは、このひと月半放置されたままだ。2020年4月17日撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事