第654回:ブランドや国籍不問のクルマ好きジジイ!? フェルッチョ・ランボルギーニの個人所有車

2020.05.08 マッキナ あらモーダ!

忍耐力の裏に歴史あり

イタリアでは、2020年5月4日に新型コロナ感染症対策の第2フェーズが発動された。

前回記したように州を越えての移動は許されず、また家族以外の友人との集いが禁止されているのもこれまでどおり。そのため全面解禁を期待していた国民からは当惑の声があがった。

そうしたなか、州によっては、国よりも規制が緩い、独自の第2フェーズ施行に乗り出した。

例えば北部リグーリア州は、国よりも先に4月27日から自転車と乗馬、釣りを解禁した。家族全員で自動車に乗っての移動も可能とした。

ヴェネツィアを州都とするヴェネト州はフードデリバリーサービスを国よりも先に解禁し、プレジャーボートをメンテナンスするための外出も許可した。

ある段階から国を超越して独自の動きが始まるところに、第2次大戦末期のイタリア戦線の記録を思い出す。

南部では連合軍がイタリア王国に上陸。中部の多くの地帯ではパルチザンが蜂起した。いっぽうで北部では、1943年にムッソリーニによるナチス・ドイツの傀儡(かいらい)国家「イタリア社会共和国」が1945年まで存在した。

つまり挙国一致の結束がある程度継続したあとは、地域独自の強い動きが始まってしまう。歴史の繰り返しを見せつけられている感覚なのだ。

今回の新型コロナとの戦いにおいては、別の意味でも歴史と関連づけてとらえることができる。

2020年3月に外出規制が開始された当初、イタリア公営テレビでは人気司会者カルロ・コンティが「この機会に、家のおじいちゃんやおばあちゃんから話を聞こう」とメッセージを発信した。政治的な意図はなく、単に外出できないお年寄りを寂しがらせないように、また家族と会話を深める機会にしようというものであった。だが、高齢者から話を聞くことは、イタリア国民にとって、少なからず外出制限を乗り越える気力につながったと筆者は考える。

理由は、こうだ。

日本と比肩する長寿国であるイタリアでは、全人口の7.2%が80歳以上である。

筆者も「少年時代にパルチザンに食料を届けに行った」という高齢者と会見したことがある。

さらに、以前に地元の小学校を取材したとき、最終学年である5年生の社会科の課題が、「対ドイツ・パルチザン市民闘争の軌跡」だった。

加えて、景観保存のために築数百年の建築物が残っている町村が多いイタリアでは、民家の壁にムッソリーニ時代のスローガンがうっすらと残されているのを見つけることがある。

つまり人々にとって、日本以上に第2次大戦の忍耐と抵抗の歴史を思い起こしやすい環境にある。それが、少なからず今回の新型コロナ禍に対するイタリア人の粘り強さに貢献していることは確かであろう。

イタリアのボローニャ県にあるフェルッチョ・ランボルギーニ博物館は、創業家によるプライベートコレクションである。
イタリアのボローニャ県にあるフェルッチョ・ランボルギーニ博物館は、創業家によるプライベートコレクションである。拡大
フェルッチョのおいで館長のファビオ・ランボルギーニ氏。
フェルッチョのおいで館長のファビオ・ランボルギーニ氏。拡大
フェルッチョの個人車コレクション。写真右からアルファ・ロメオの「ジュリエッタ」と「1900スーパー」。
フェルッチョの個人車コレクション。写真右からアルファ・ロメオの「ジュリエッタ」と「1900スーパー」。拡大
フランスの二輪ブランドであるアルションの原動機付自転車。
フランスの二輪ブランドであるアルションの原動機付自転車。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事