第219回: “日本娘”はロシアに渡って自由の象徴となった
『右ハンドル』

2020.06.02 読んでますカー、観てますカー

強烈なインパクトを与えた日本車

巣ごもり生活も悪いことばかりではない。試乗会も試写会もなくなったおかげでまとまった時間ができ、積ん読状態だった本を何冊か読むことができた。その中で今回紹介するのは、『右ハンドル』。ロシア人ジャーナリストのワシーリイ・アフチェンコの作品である。“ドキュメンタリー小説”とうたわれているが、著者の体験をもとにした長いエッセイと言ったほうが正確だろう。タイトルからわかるように、テーマとなっているのは日本車だ。

アフチェンコが住んでいるのは、ロシア沿海地方のウラジオストク。ロシア東部の日本海に面した町で、中国と北朝鮮はすぐ近くだ。日本ではかつて“浦塩” と表記していたが、もちろんこれは当て字。ロシア語表記はВладивостокで、征服するという意味の言葉владетьの命令形владиと東を意味するвостокが合体した地名だ。歴史的にはそういう位置づけの土地だった。

しかし、この本で描かれているのは、逆の動きである。西から膨大な数の自動車が海を渡ってやってきたのだ。そのことがロシア沿海地方に大きな変化をもたらす。経済的に、政治的に、そして文化的に。アフチェンコが記述するのは、日本車がこの地域に与えたインパクトと、それによって引き起こされた社会のダイナミックな変動である。ソビエト連邦崩壊後の20年間に極東ロシアで起きた出来事の記録として読むこともできるだろう。

「男は毎日をお前と共に過ごし、お前に触れ、お前の中に入った」と、いきなり安物の官能小説のように始まるが、渡辺淳一が墓からよみがえったわけではない。この作品では、日本車は“日本娘(ヤポンカ)”と記されている。地の文が続いた後に“お前”と呼びかける言葉は、自分の愛車に対するものだ。序章で作者が呼びかけているのは、「トヨタ・カムリグラシア」らしい。

「トヨタ・カムリグラシア」
「トヨタ・カムリ」が6代目となってカムリグラシアという名前に。マイナーチェンジでセダンはただのカムリとなり、ワゴンだけがカムリグラシアを名乗り続けた。
「トヨタ・カムリグラシア」
	「トヨタ・カムリ」が6代目となってカムリグラシアという名前に。マイナーチェンジでセダンはただのカムリとなり、ワゴンだけがカムリグラシアを名乗り続けた。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事