ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR(後編)

2020.06.18 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーも熱くなる、ルノーの高性能モデル「メガーヌR.S.トロフィーR」。われわれのようなクルマ好きは、どんな点に注意すればうまく乗りこなせるのか? 谷口信輝がその走りの特徴について語る。

乗りこなすにはコツが要る

愛してやまないルノー・メガーヌR.S.のトップグレードであるトロフィーRをワインディングロードで試乗して「苦痛」「ちょっと危険」と意外なコメントを口にした谷口信輝。後編ではまず、トロフィーRをサーキットで走らせたときの印象を谷口に語ってもらうことにしよう。
「このトロフィーRに乗る前に、僕は『トロフィー』というもう一段おとなしい仕様のメガーヌR.S.に試乗したんですが、これは4WSがうまく効いていて、これまで前輪駆動車で経験したことがないくらいよく旋回して楽しいクルマだと思いました」

「だから、トロフィーRに乗るときは『4WSを外しちゃって大丈夫?』とちょっと心配しました。実際のところ、4WS付きのほうがよく曲がるのは事実なんですが、トロフィーRはハードめのサスペンションセッティングとかサスペンションストロークをかなり制限するなどして、4WSなしでも鋭い回頭性を手に入れていたんです」

4WSなしのトロフィーRで鋭いコーナリングを実現させるにはどんなドライビングをすればいいのか? 谷口に説明してもらった。
「基本的にはブレーキングで前荷重にするとより曲がりやすくなるのでこれを利用するんですが、あんまり前荷重を強くしすぎるとタックインを起こしてオーバーステアになっちゃう。だから適度な前荷重にコントロールしてあげる必要があるんだけれど、サーキットでのタイムアタック中は極限的なブレーキングを使うことになるので、このギリギリのブレーキングとステアリング特性をどうバランスさせるかがポイントになります。これをきちんとコントロールできるドライバーであれば思いどおりにコーナリングできるだろうし、そうでないドライバーは『なんだか曲がらないクルマだなあ』とか『オーバーステアが強くて危ない』なんて印象を持つことになる。つまり、かなり乗り手を選ぶクルマなんですね、トロフィーRは……」

 
ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR(後編)の画像拡大
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR(後編)の画像拡大
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR(後編)の画像拡大
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR(後編)の画像拡大

【ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR(カーボンセラミックパック装着車)のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1435mm/ホイールベース:2670mm/車重:1320kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:300PS(221kW)/6000rpm/最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/3200rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y XL/(後)245/35R19 93Y XL(ブリヂストン・ポテンザS007 R.S.)/燃費:--km/リッター/価格:949万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 191.3km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:20.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.2km/リッター(満タン法)/10.6リッター/100km(約9.4km/リッター)(車載燃費計計測値)


	【ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR(カーボンセラミックパック装着車)のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1435mm/ホイールベース:2670mm/車重:1320kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:300PS(221kW)/6000rpm/最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/3200rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y XL/(後)245/35R19 93Y XL(ブリヂストン・ポテンザS007 R.S.)/燃費:--km/リッター/価格:949万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 191.3km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:20.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.2km/リッター(満タン法)/10.6リッター/100km(約9.4km/リッター)(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る