トヨタが4代目となる新型「ハリアー」を発売 根強い人気の上級SUVがフルモデルチェンジ

2020.06.17 自動車ニュース
トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(ハイブリッド・FF車)
トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(ハイブリッド・FF車)拡大

トヨタ自動車は2020年6月17日、新型「ハリアー」の価格を発表。同日、販売を開始した。

リアまわりは、絞り込まれたキャビン形状や張り出し感が強調されたフェンダー、横一文字のコンビランプが特徴。
リアまわりは、絞り込まれたキャビン形状や張り出し感が強調されたフェンダー、横一文字のコンビランプが特徴。拡大
「ハリアーZ“レザーパッケージ”」のシート。
「ハリアーZ“レザーパッケージ”」のシート。拡大
インテリアにはブラックやブラウン、グレーなど、さまざまなカラーバリエーションが用意される。
インテリアにはブラックやブラウン、グレーなど、さまざまなカラーバリエーションが用意される。拡大
ハイブリッド車のパワートレイン。従来型には設定のあった、2リッターターボ車はラインナップから消滅した。
ハイブリッド車のパワートレイン。従来型には設定のあった、2リッターターボ車はラインナップから消滅した。拡大
トヨタ車として初採用となる、「調光パノラマルーフ」などの装備にも注目。
トヨタ車として初採用となる、「調光パノラマルーフ」などの装備にも注目。拡大
ハリアーZ“レザーパッケージ”(ハイブリッド・4WD車)
ハリアーZ“レザーパッケージ”(ハイブリッド・4WD車)拡大
ハリアーZ(ガソリン・FF車)
ハリアーZ(ガソリン・FF車)拡大

従来型からの値上げを避けつつ全方位的進化を実現

ハリアーは1997年に登場したトヨタの上級SUVであり、今回の新型は4代目のモデルにあたる。

概要については既報の通りで、エクステリアは先代モデルから基本的なイメージを踏襲しつつ、より伸びやかなフォルムと抑揚を増したサイドビュー、そしてシャープなフロントマスクを採用。「おおらかな逞(たくま)しさ」を意図したというインテリアも、上質感を追求したものとなっている。

パワーユニットには2リッターの自然吸気ガソリンエンジンと、2.5リッター自然吸気ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドを用意しており、ハリアーとして初めてハイブリッド車にもFFを設定。上級車種にふさわしい高い静粛性に加え、極微低速域でもスムーズに稼働するショックアブソーバーや、ブレーキ制御によってコーナリング中のアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシストなどを採用することで、快適な乗り心地やスムーズな操作性を追求している。

燃費はハイブリッド車のFFが22.3km/リッター、同4WDが21.6km/リッター、純ガソリン車のFFが15.4km/リッター、同4WDが14.7km/リッター(いずれもWLTCモード)。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ガソリン車】

  • S:299万円(FF)/319万円(4WD)
  • G:341万円(FF)/361万円(4WD)
  • G“レザーパッケージ”:371万円(FF)/391万円(4WD)
  • Z:393万円(FF)/413万円(4WD)
  • Z“レザーパッケージ”:423万円(FF)/443万円(4WD)

【ハイブリッド車】

  • S:358万円(FF)/380万円(4WD)
  • G:400万円(FF)/422万円(4WD)
  • G“レザーパッケージ”:430万円(FF)/452万円(4WD)
  • Z:452万円(FF)/474万円(4WD)
  • Z“レザーパッケージ”:482万円(FF)/504万円(4WD)

月販目標台数は3100台で、生産はトヨタ自動車の高岡工場にて行われる。

(webCG)

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る