メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)

2020.07.02 谷口信輝の新車試乗 最高出力421PSの高性能ハッチバック「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。“特殊コマンド”「ドリフトモード」での変化を含め、走りの印象をリポートする。

これはやる気にさせてくれる

前編では市街地における「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1」の魅力を語ってくれた谷口信輝。後編はいつものワインディングロードでの印象から始めてもらうことにしよう。
「まあ、とにかく楽しいクルマですよ、新型A45は。まず、このクルマに積まれているのは2リッターターボエンジンじゃないですか。そこから421PSというパワーを引き出すのもすさまじいんですが、これだけのパワーを出そうとするとどうしてもターボチャージャーが大きくなるわけで、2リッターエンジンでは、低回転域でなかなかタービンを速く回せない。そうすると、パワーが湧き出すまでに待たされるわけです。これが、いわゆるターボラグですよね」

ところが新型A45は、ターボラグとは無縁の鋭いピックアップを披露するという。
「結構低回転から、それこそ2500rpmくらいでもブワーとパワーが出始める。ボンネットを開けるとすぐターボチャージャーが見えるから、皆さんも実際に眺めていただきたいんですが、これだけ大きなタービンを瞬時に高回転で回しちゃうこのエンジンって、本当にすごいと思いますよ」

しかも、旧型の7段DCTから8段DCTへと進化したギアボックスが、エンジンのレスポンスのよさをさらに引き出してくれると谷口は言う。
「ギアが1段増えたことでよりクロスレシオになって、加速していくときもパーン、パーン、パーンとものすごくつながりがよくなった。つまり、クロスレシオになったことでシフトアップ直後のエンジン回転数のドロップが少なくなったから、息継ぎせずにすぐに再加速に移れるようになったんです。しかもスポーツモードとかだとシフトカットの“パァーン”って気持ちいい音が入るでしょ。もう、すごいやる気にさせてくれますよね」

 
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)の画像拡大

【メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4445×1850×1410mm/ホイールベース:2730mm/車重:1670kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:421PS(310kW)/6750rpm/最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/5000-5250rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)245/35ZR19 93Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)/燃費:11.4km/リッター(WLTCモード)/価格:928万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 254.3km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:29.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/8.4km/リッター(車載燃費計計測値)


	【メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4445×1850×1410mm/ホイールベース:2730mm/車重:1670kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:421PS(310kW)/6750rpm/最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/5000-5250rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)245/35ZR19 93Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)/燃費:11.4km/リッター(WLTCモード)/価格:928万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 254.3km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:29.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/8.4km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
ホームへ戻る