「MBUX」を標準装備した「メルセデス・ベンツVクラス」発売

2020.07.13 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2020年7月13日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデルを導入すると発表し、販売を開始した。

今回は安全運転運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」および対話型インフォテインメントシステム「メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス(MBUX)」を標準装備化した。

レーダーセーフティーパッケージには「アクティブブレーキアシスト」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」「ブラインドスポットアシスト」「レーンキーピングアシスト」「PRE-SAFE」などが含まれている。

10.25インチのセンタースクリーンと自然対話音声認識機能からなるMBUXは、「ハイ、メルセデス」という音声をトリガーに起動。自然言語での呼びかけによって各種インフォテインメント機能や空調、照明などがコントロールできる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • V220d:781万円
  • V220dアバンギャルド ロング:805万円
  • V220dアバンギャルド エクストラロング:831万円

(webCG)

メルセデス・ベンツVクラス
メルセデス・ベンツVクラス拡大

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • ロールス・ロイス・カリナン ブラックバッジ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.4 試乗記 ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」に試乗。見て豪華、乗って豪華な“砂漠のロールス・ロイス”だが、真にラグジュアリーな世界観を味わいたいのなら、走らせ方にちょっとしたコツが必要だ。インプレッションを通じてその方法を指南する。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
ホームへ戻る