「MBUX」を標準装備した「メルセデス・ベンツVクラス」発売

2020.07.13 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2020年7月13日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデルを導入すると発表し、販売を開始した。

今回は安全運転運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」および対話型インフォテインメントシステム「メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス(MBUX)」を標準装備化した。

レーダーセーフティーパッケージには「アクティブブレーキアシスト」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」「ブラインドスポットアシスト」「レーンキーピングアシスト」「PRE-SAFE」などが含まれている。

10.25インチのセンタースクリーンと自然対話音声認識機能からなるMBUXは、「ハイ、メルセデス」という音声をトリガーに起動。自然言語での呼びかけによって各種インフォテインメント機能や空調、照明などがコントロールできる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • V220d:781万円
  • V220dアバンギャルド ロング:805万円
  • V220dアバンギャルド エクストラロング:831万円

(webCG)

メルセデス・ベンツVクラス
メルセデス・ベンツVクラス拡大

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 「MBUX」を標準装備した「メルセデス・ベンツVクラス」発売 2020.7.13 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年7月13日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデルを導入すると発表し、販売を開始した。安全運転運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」および対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備化した。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • 「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」の改良モデル登場 「MBUX」を標準装備 2021.1.13 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年1月13日、ポップアップルーフを備えたミニバン「V220d Marco Polo HORIZON(マルコ・ポーロ ホライゾン)」の一部改良モデルを発表し、同日、予約注文の受け付けを開始した。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
ホームへ戻る