日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ?

2020.07.20 デイリーコラム

欧州No.1のBセグメントコンパクト

ルノー・ジャポンは通算5代目となる新型「ルーテシア」の日本導入予定について、2020年10月ごろになると、あらためて発表した。

2020年7月というこの時期に、ルノー・ジャポンがあえて10月導入を予告した最大の理由は、昨年秋の東京モーターショーにおける大極 司ルノー・ジャポン社長の発言だろう。新型ルーテシア日本初公開の場となった同ショーで、大極社長はその国内発売予定を「2020年前半には……」と語っていた。欧州では2019年夏から販売されている新型ルーテシアの日本発売が当時の見込みから遅れた最大の理由は、新型コロナウイルスの影響と見て間違いないが、今回の発表はその社長発言の訂正の意味もあるわけだ。

今回ルノー・ジャポンが出したプレスリリースには「ヨーロッパ販売台数No.1のルノー・ルーテシア」と誇らしげに書かれている。4代目だった先代ルーテシア(現地名クリオ)は欧州で大成功した。欧州販売ランキングにおいて、乗用車全体で「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に次ぐ2位、Bセグメントで1位という順位を、2018年のモデル末期までキープし続けた。さらに、新旧の“切り替えイヤー”となった昨2019年の欧州市場でも、全体2位、Bセグ1位という定位置を守ったことが、ルノー・ジャポンがルーテシアをヨーロッパ販売台数No.1と形容する直接的な根拠である。

2019年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)」。
2019年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)」。拡大
4代目「クリオ/ルーテシア」。欧州Bセグメント市場で販売台数No.1の座にあった人気モデルで、その販売はモデルライフ終盤にも衰えなかった。
4代目「クリオ/ルーテシア」。欧州Bセグメント市場で販売台数No.1の座にあった人気モデルで、その販売はモデルライフ終盤にも衰えなかった。拡大
2019年の東京モーターショーに出展された新型「ルーテシア」。当初、日本導入は2020年前半とアナウンスされていたが、コロナ禍の影響により、スケジュールは遅れることとなった。
2019年の東京モーターショーに出展された新型「ルーテシア」。当初、日本導入は2020年前半とアナウンスされていたが、コロナ禍の影響により、スケジュールは遅れることとなった。拡大
ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
ホームへ戻る