クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ?

2020.07.20 デイリーコラム

欧州No.1のBセグメントコンパクト

ルノー・ジャポンは通算5代目となる新型「ルーテシア」の日本導入予定について、2020年10月ごろになると、あらためて発表した。

2020年7月というこの時期に、ルノー・ジャポンがあえて10月導入を予告した最大の理由は、昨年秋の東京モーターショーにおける大極 司ルノー・ジャポン社長の発言だろう。新型ルーテシア日本初公開の場となった同ショーで、大極社長はその国内発売予定を「2020年前半には……」と語っていた。欧州では2019年夏から販売されている新型ルーテシアの日本発売が当時の見込みから遅れた最大の理由は、新型コロナウイルスの影響と見て間違いないが、今回の発表はその社長発言の訂正の意味もあるわけだ。

今回ルノー・ジャポンが出したプレスリリースには「ヨーロッパ販売台数No.1のルノー・ルーテシア」と誇らしげに書かれている。4代目だった先代ルーテシア(現地名クリオ)は欧州で大成功した。欧州販売ランキングにおいて、乗用車全体で「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に次ぐ2位、Bセグメントで1位という順位を、2018年のモデル末期までキープし続けた。さらに、新旧の“切り替えイヤー”となった昨2019年の欧州市場でも、全体2位、Bセグ1位という定位置を守ったことが、ルノー・ジャポンがルーテシアをヨーロッパ販売台数No.1と形容する直接的な根拠である。

2019年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)」。
2019年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)」。拡大
4代目「クリオ/ルーテシア」。欧州Bセグメント市場で販売台数No.1の座にあった人気モデルで、その販売はモデルライフ終盤にも衰えなかった。
4代目「クリオ/ルーテシア」。欧州Bセグメント市場で販売台数No.1の座にあった人気モデルで、その販売はモデルライフ終盤にも衰えなかった。拡大
2019年の東京モーターショーに出展された新型「ルーテシア」。当初、日本導入は2020年前半とアナウンスされていたが、コロナ禍の影響により、スケジュールは遅れることとなった。
2019年の東京モーターショーに出展された新型「ルーテシア」。当初、日本導入は2020年前半とアナウンスされていたが、コロナ禍の影響により、スケジュールは遅れることとなった。拡大

全面刷新された“中身”に高まる期待

新型ルーテシアの基本プロポーションは先代とよく似る。それを包み込むエクステリアも、Cシェイプモチーフのフロントランプやグリルデザインなどにルノーの最新共用意匠が取り入れられた以外は、私たちの見慣れたルーテシアそのものだ。ホイールベースは新旧ほぼ同じで、外寸も新型がわずかに長く、幅広く、低くなっているくらいで、車体ディメンションも先代と大きくは変わらない。このルーテシアの車体サイズ感は今や「フォルクスワーゲン・ポロ」や新型「プジョー208」も追従しており、欧州Bセグの基準となっている。つまり、新型ルーテシアは大成功した先代の正常進化版ということだ。

このように、見た目に新味はあまりない新型ルーテシアだが、中身はほぼすべて新しい。基本骨格となる「CMF-B」は、今後のルノー・日産・三菱が出すコンパクトカーに共通で使われる予定の新開発プラットフォームモジュールで、ルノー主導で設計開発されたという。

さすが欧州ベストセラーの一角だけに、現地でのパワートレインの選択肢も多種多様。デビュー時に用意されたものだけでも、ガソリンが65PS/75PSの1リッター3気筒自然吸気(変速機は5段MTのみ)、100PSの1リッター3気筒ターボ(5段MTとCVT)、そして130PSを発生する新開発の1.3リッターターボ(7段DCTのみ)、ディーゼルが85PS/115PSの1.5リッターターボ(6段MTのみ)……と、4エンジン7バリエーションにおよんでいた。そして、最近ではさらに、1.6リッターガソリンのハイブリッドも追加されている。

新型「クリオ/ルーテシア」のデザインスケッチ。顔まわりを除くと、その意匠は従来型によく似ている。
新型「クリオ/ルーテシア」のデザインスケッチ。顔まわりを除くと、その意匠は従来型によく似ている。拡大
新開発の「CMF-B」プラットフォームは、今後日産や三菱の車両にも用いられる予定だ。
新開発の「CMF-B」プラットフォームは、今後日産や三菱の車両にも用いられる予定だ。拡大
上級グレードに搭載される、1.3リッターターボエンジンと7段DCTのパワートレイン。
上級グレードに搭載される、1.3リッターターボエンジンと7段DCTのパワートレイン。拡大

充実したADASはまさに隔世の感

新型ルーテシアで先代から大きく変わったのは、インテリアデザインと先進安全運転支援システム(ADAS)の充実だ。

インテリアデザインはタブレット風の大型ディスプレイ(これがそのままに日本仕様にも使われるかは不明)と、(ルノーとしては)立派なセンターコンソールがとても新鮮である。しかも、それ以外の仕立てでも随所にメッキが丹念にあしらわれるなど、質感が大きく向上しているのは写真だけでも分かる。

ADASについても、本国資料によるとアダプティブクルーズコントロール(ACC)に車線逸脱警告/車線維持アシスト、自動緊急ブレーキ(夜間歩行者対応)、ブラインドスポットモニター、道路標識認識機能、オートマチックハイビーム……と、現時点で思いつくものはほぼすべてそろう。ACCについても全車速対応+渋滞追従機能付きのフルスペックで、ADAS関連装備が見事なまでに皆無(!)だった先代からは別物の充実ぶりである。

さらに、欧州では「360°カメラ」も競合にはない新型ルーテシアの大きなセリングポイントとしている。ご想像のとおり、これは日産でいう「アラウンドビューモニター」そのものと考えていいが、ルノーの広報資料でわざわざ「アライアンスでもすでによく知られている……」と紹介しているところにも、なんとなく時代の変化を感じてしまう。

この種の装備が日本仕様でもすべて設定されるかは不明だが、ルノー・ジャポンによる今回の予告プレスリリースにも、「快適性を兼ね備え、360°カメラを始めとする先進の運転支援システム(ADAS)を装備した、新型ルーテシア」と表記されている。となると、大半の機能はそのまま日本仕様にも受け継がれる……と期待したいところだ。

運転席まわりでは、インストゥルメントパネルに備わる縦長の大型ディスプレイが目を引く。
運転席まわりでは、インストゥルメントパネルに備わる縦長の大型ディスプレイが目を引く。拡大
従来モデルでは“皆無”といってもよかった運転支援システムや予防安全装置についても、新型「ルーテシア」には多数の機能が搭載される。
従来モデルでは“皆無”といってもよかった運転支援システムや予防安全装置についても、新型「ルーテシア」には多数の機能が搭載される。拡大
アダプティブクルーズコントロールには、全車速対応・渋滞追従機能付きと、機能の充実したシステムが採用されている。
アダプティブクルーズコントロールには、全車速対応・渋滞追従機能付きと、機能の充実したシステムが採用されている。拡大
操舵支援機能を用いたパーキングアシストなども用意されているようだが、どこまでの機能が日本に導入されるかは分からない。
操舵支援機能を用いたパーキングアシストなども用意されているようだが、どこまでの機能が日本に導入されるかは分からない。拡大

「ルノースポール」の設定はないものの……

新型ルーテシアでは、これまでのようにエンジンもシャシーも特別専用仕立ての「ルノースポール(R.S.)」の開発予定がないことは、すでに公言されている。かわりに、内外装デザインなどをR.S.が担当した「R.S.ライン」が最初から用意されている。

R.S.ラインは欧州では複数のエンジンで選べるので、従来でいう「GTライン」に近い存在と考えていい。もっとも、新しいR.S.ラインでは、サーキットレースやラリー、ラリークロスといったワンメイク競技用コンバージョンキット(しかも、キットを入れ替えれば、複数カテゴリーに1台で参加可能)も企画されているので、これまでのGTラインよりはクルマの内容もより本格的ではある。

というわけで、あと数カ月での日本上陸が予告された新型ルーテシア。これまでの例で考えると、まずは1.3リッターターボでスタートしつつ、それほど間を置かずに1リッターターボを追加……というスケジュールになると考えられる。そして、昨年の東京モーターショーにも持ち込まれたR.S.ラインが、当初の「推し」のグレードになる可能性が高い。

(文=佐野弘宗/写真=ルノー/編集=堀田剛資)

スポーティー仕様の「R.S.ライン」。2019年の東京モーターショーに出展された車両も、この仕様である。
スポーティー仕様の「R.S.ライン」。2019年の東京モーターショーに出展された車両も、この仕様である。拡大
「R.S.ライン」は、ルノーのモータースポーツ/高性能車開発部門であるルノー・スポールが手がけた内外装などが特徴だ。
「R.S.ライン」は、ルノーのモータースポーツ/高性能車開発部門であるルノー・スポールが手がけた内外装などが特徴だ。拡大
間もなく日本にも導入される新型「ルーテシア」。その出来栄えに期待したい。
間もなく日本にも導入される新型「ルーテシア」。その出来栄えに期待したい。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ルノー ルーテシア の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。