BMW M8グランクーペ コンペティション(後編)

2020.07.30 谷口信輝の新車試乗 最高出力625PSを誇る「BMW M8グランクーペ コンペティション」に試乗した谷口信輝。卓越した性能に感心する一方で、どうしても納得のいかない点もあるという。それは一体何なのか?

大きいのにヤルなぁ

前編ではBMW M8グランクーペ コンペティションのデザインをひとつ残らず絶賛した谷口信輝。では、その走りの味はどうなのか? いつもの箱根のワインディングロードで評価してもらった。
「このエンジン、ものすごくパワフルですね。レスポンスもいいし、パワーの出方はぐわーっときて、少しヤンチャな迫力がある。いや、正直にいえば『そこまで要る?』ってくらいパワフルです」

M8グランクーペ コンペティションの心臓部はBMW M社が開発した「V8 Mツインパワーターボエンジン」で、最高出力は“フツーの「M8」”を25PS上回る625PS。最大トルクは750N・mを発生するから、さすがの谷口も不満は抱かなかったようだ。

ではハンドリングはどうか?
「なんの問題もありません。コーナリングしていると、ブレーキが微妙につままれたりしていろいろな電子制御が入っていることがわかりますが、介入の仕方も自然だし、全然違和感はありません。とにかくこれだけ大きなボディーなのに、コーナーも結構いいペースで曲がれますよ」

ブレーキの印象はどうだったのか? BMWはポルシェと同じくらいコーナリング中にブレーキが果たす役割をよく理解していて、そのためどんなモデルであっても実にコントロール性の高いブレーキを与えることがひとつの伝統となっている。
「ブレーキも本当によく利きます。僕が期待するよりも、むしろ少し利きすぎるくらい。ここだけはちょっと過剰かもしれませんね。でも、本当に気になったところは別のところにあるんです」

おや、ここまでM8のことをベタ褒めしてきた谷口だが、ちょっと雲行きが怪しくなってきたようだ。

 
BMW M8グランクーペ コンペティション(後編)の画像拡大
 
BMW M8グランクーペ コンペティション(後編)の画像拡大
 
BMW M8グランクーペ コンペティション(後編)の画像拡大
 
BMW M8グランクーペ コンペティション(後編)の画像拡大

【BMW M8グランクーペ コンペティションのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5105×1945×1420mm/ホイールベース:3025mm/車重:2000kg/駆動方式:4WD/エンジン:4.4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:625PS(460kW)/6000rpm/最大トルク:750N・m(76.5kgf・m)/1800-5860rpm/タイヤ:(前)275/35ZR20 102Y XL/(後)285/35ZR20 104Y XL(ピレリPゼロ)/燃費:8.8km/リッター(WLTCモード)/価格:2408万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 218.7km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:34.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.3km/リッター(満タン法)/6.6km/リッター(車載燃費計計測値)


	【BMW M8グランクーペ コンペティションのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5105×1945×1420mm/ホイールベース:3025mm/車重:2000kg/駆動方式:4WD/エンジン:4.4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:625PS(460kW)/6000rpm/最大トルク:750N・m(76.5kgf・m)/1800-5860rpm/タイヤ:(前)275/35ZR20 102Y XL/(後)285/35ZR20 104Y XL(ピレリPゼロ)/燃費:8.8km/リッター(WLTCモード)/価格:2408万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 218.7km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:34.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.3km/リッター(満タン法)/6.6km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
M8グランクーペ, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る