クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション(FF/7AT)

もはやあって当たり前 2020.08.28 試乗記 パワーユニットの電動化を推進するボルボが、コンパクトSUV「XC40」初となるPHVを2021年モデルとして導入。1.5リッター直3ターボ+電気モーターを搭載する「リチャージプラグインハイブリッド」の出来栄えを確かめた。

電動化したXC40

2020年8月25日、いわゆる2021年モデルが発表になったボルボXC40。日本におけるボルボの最量販モデルということで、関心を寄せている人は多いはずだが、一番の話題はパワートレインを一新したことではないだろうか。すでにボルボは全モデルの電動化を進めており、このXC40では新たにプラグインハイブリッド車を追加するとともに、ガソリンエンジン車には48Vマイルドハイブリッドを採用。さらに、2021年にはバッテリーEVをラインナップに追加する予定だ。

今回試乗したのは、プラグインハイブリッド車の「XC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション」。名前が長いのはご愛嬌(あいきょう)だが、これまで「Twin Engine」と呼んでいたプラグインハイブリッド車を、今後はリチャージプラグインハイブリッドと言い換える。一方、バッテリーEVを「リチャージピュアエレクトリック」と呼び、ボルボでは“リチャージ”を電動化の核として、その取り組みを強くアピールしていくという。

ちなみに、実際にステアリングを握ったのは2020年モデルで、正確には「XC40 T5 Twin Engineインスクリプション」である。よく見ると「TWIN ENGINE」のエンブレムが装着されているが、今後ユーザーのもとにデリバリーされる車両は2021年モデルで、各所に「RECHARGE」のエンブレムが掲げられることになる。2021年モデルから5年の新車保証が導入されるのも見逃せないところだ。

「ボルボXC40」初のプラグインハイブリッド車である「XC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション」。2020年8月25日に日本導入が発表された。価格は649万円。
「ボルボXC40」初のプラグインハイブリッド車である「XC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション」。2020年8月25日に日本導入が発表された。価格は649万円。拡大
充電は、200V16Aの普通充電システムを用いて行う。フロントフェンダー左サイドに給電口を配置。2.5時間から3時間程度でフル充電が完了するという。
充電は、200V16Aの普通充電システムを用いて行う。フロントフェンダー左サイドに給電口を配置。2.5時間から3時間程度でフル充電が完了するという。拡大
今回の試乗車は2020年モデルのため、「T5」と組み合わされるエンブレムが「TWIN ENGINE」となっているが、一般に販売される2021年モデルでは「RECHARGE」のエンブレムが装着される。
今回の試乗車は2020年モデルのため、「T5」と組み合わされるエンブレムが「TWIN ENGINE」となっているが、一般に販売される2021年モデルでは「RECHARGE」のエンブレムが装着される。拡大

CMAプラットフォームを活用

さて、CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)プラットフォームとしては初めてとなるプラグインハイブリッド車には、ボルボ初の1.5リッター直列3気筒ガソリンターボエンジンと電気モーター、容量10.91kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーが搭載されている。エンジンの最高出力は180PS(132kW)、最大トルクは265N・m(27.0kgf・m)。一方、電気モーターは最高出力82PS(60kW)、最大トルク160N・m(16.3kgf・m)の実力を持つ。

トランスミッションは、7段DCT(デュアルクラッチトランスミッション)で、駆動方式は前輪駆動。面白いのはモーターの配置で、エンジンの出力は7段すべてのギアを使ってタイヤに伝えられるのに対し、電気モーターは偶数ギア側に接続されるため、EV走行時には通常2速、高速域では4速を使うことになる。

カタログ値で45.6kmのEV走行(充電電力使用時走行距離)を可能とする駆動用リチウムイオンバッテリーは、ホイールベースのあいだ、センタートンネル部分に配置される。この影響でティッシュボックスが収まるスペースを有していた自慢のセンターコンソールは、その部分の収納が廃止されてしまったが、ラゲッジスペースはガソリンエンジンモデルと同じ広さが確保されており、プラグインハイブリッド化のデメリットはほぼないといっていい。XC40が採用するCMAプラットフォームが、プラグインハイブリッド車(およびバッテリーEV)を想定してつくられているからこそ、このパッケージが成り立つのだ。

EVやPHVのラインナップを想定して開発されたCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)プラットフォームを採用する「XC40」。駆動用リチウムイオンバッテリーは、センタートンネル部分に配置され、前後の重量配分はガソリンエンジンモデルと変わらない60:40になっているという。
EVやPHVのラインナップを想定して開発されたCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)プラットフォームを採用する「XC40」。駆動用リチウムイオンバッテリーは、センタートンネル部分に配置され、前後の重量配分はガソリンエンジンモデルと変わらない60:40になっているという。拡大
1.5リッター直3ターボエンジンは最高出力180PS、最大トルク265N・mを発生。これにモーターの同82PS、同160N・mが加わる。トランスミッションは7段DCTを搭載。
1.5リッター直3ターボエンジンは最高出力180PS、最大トルク265N・mを発生。これにモーターの同82PS、同160N・mが加わる。トランスミッションは7段DCTを搭載。拡大
「XC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4425×1875×1660mm、ホイールベース=2700mm。車重は1790kgと発表されている。
「XC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4425×1875×1660mm、ホイールベース=2700mm。車重は1790kgと発表されている。拡大

電気だけでも頼れる走り

XC40リチャージプラグインハイブリッドには、主な走行モードとして、「ピュア」「ハイブリッド」「パワー」の3つがある。ピュアはできるだけモーターだけで走行するモードで、一方、ハイブリッドはエンジンとモーターを適切に切り替えて走るモード。そして、パワーはエンジンを常時使用し、モーターがエンジンをアシストすることで強力な加速を得ることができる。

このうち、基本となるのがハイブリッドで、バッテリーが残っている状態であれば走りだしはモーターが担当し、スムーズに発進したあとも、アクセルペダルを深く踏み込まなければモーターで走り続けるし、一般道から高速まで、モーターだけで事足りてしまう。素早い加速が必要な場面ではエンジンが始動するものの、3気筒ユニットが思いのほか静かでうれしい。

ハイブリッド、ピュアともに、右側のパワーメーターにはモーター走行が可能な範囲が示されるのだが、モーター優先のピュアに切り替えるとモーター走行の範囲が広がるのがわかる。そしてピュアでは、アクセル操作に対する反応が少しマイルドになり、省エネルギーを意識した走行モードであるのが実感できる。それでも急加速でもしない限りは十分な速さを見せるし、ハイブリッドモード同様、いざというときにアクセルペダルを深く踏み込むことでエンジンが始動し、パワフルな加速ができるから安心だ。

「XC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション」では、「5ダブルスポークダイヤモンドカット/ブラック」ホイール(写真)が標準装備される。試乗車は前後235/50R19サイズの「ピレリPゼロ」タイヤを装着していた。
「XC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション」では、「5ダブルスポークダイヤモンドカット/ブラック」ホイール(写真)が標準装備される。試乗車は前後235/50R19サイズの「ピレリPゼロ」タイヤを装着していた。拡大
インテリアデザインは、従来の「XC40」シリーズに準じたもの。ただしバッテリーの搭載によって、ティッシュボックスが収まるスペースを有していたセンターコンソールの収納部分は廃止されている。オレフォス社のクリスタル製シフトノブは「インスクリプション」グレードに標準装備となるアイテム。
インテリアデザインは、従来の「XC40」シリーズに準じたもの。ただしバッテリーの搭載によって、ティッシュボックスが収まるスペースを有していたセンターコンソールの収納部分は廃止されている。オレフォス社のクリスタル製シフトノブは「インスクリプション」グレードに標準装備となるアイテム。拡大
ガソリンエンジン車とほぼ変わらない容量を確保したというラゲッジスペース。後席の背もたれ中央部分には、長尺物が収容できるスキーホールも装備される。
ガソリンエンジン車とほぼ変わらない容量を確保したというラゲッジスペース。後席の背もたれ中央部分には、長尺物が収容できるスキーホールも装備される。拡大

圧巻のパワーモード

走行中に常時エンジンが稼働するパワーモードに切り替えると、メーターパネルのパワーメーターが回転計に変わり、エンジンが主導権を握る。この状態でも動き出しはスムーズだ。アクセルペダルを軽く踏むだけで余裕の加速が手に入ったり、右足の動きに対して間髪入れずに反応したりするのは、モーターアシストのおかげである。一方、アクセルペダルを大きく踏み込むと、1790kgと決して軽くないボディーを即座に力強く加速してみせる。

約94kgのバッテリーを車両の低い位置に積むXC40リチャージプラグインハイブリッドでは、ガソリンエンジンモデル以上に落ち着いた挙動を示し、乗り心地もおおむね快適である。

今回は試乗会でのテストということで、EV走行可能な距離を確認することはできなかったが、モーター主導のピュア、ハイブリッドともにストレスのない走りが楽しめるし、いざバッテリー残量が足りなくなっても、充電の心配をすることなく、上質で力強い走りが続けられるのは、XC40リチャージプラグインハイブリッドの強みである。もちろんあるに越したことはないが、自宅に充電設備がなくても十分活用できるため、バッテリーEVよりも気軽に所有できるのも魅力のひとつである。

現時点でガソリンエンジンモデルの最上級グレードである「XC40 B5 AWD R-Design」とは60万円の価格差がある。けれども、CEV(クリーンエネルギー自動車)補助金やエコカー減税を考慮するとその差額は約16万円に縮まるだけに、ボルボでプラグインハイブリッドの世界に足を踏み入れるには、格好のモデルになりそうだ。

(文=生方 聡/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

運転席には、ドアミラー連動メモリー機能付きの8Way本革パワーシートが標準装備される。シート表皮は「オキサイドレッド」(写真)を含む全4色から選択できる。
運転席には、ドアミラー連動メモリー機能付きの8Way本革パワーシートが標準装備される。シート表皮は「オキサイドレッド」(写真)を含む全4色から選択できる。拡大
後席の背もたれには60:40の分割可倒機構が備わる。レッグスペースを含む後席の居住空間は、ガソリンエンジン車と大きな違いは感じられなかった。
後席の背もたれには60:40の分割可倒機構が備わる。レッグスペースを含む後席の居住空間は、ガソリンエンジン車と大きな違いは感じられなかった。拡大
サブウーファー付きのharman/kardonプレミアムサウンドオーディオシステム(600W、13スピーカー)は、「インスクリプション」グレードに標準装備されるアイテム。
サブウーファー付きのharman/kardonプレミアムサウンドオーディオシステム(600W、13スピーカー)は、「インスクリプション」グレードに標準装備されるアイテム。拡大
WLTCモードの燃費値は14.0km/リッター。一充電あたりの最大EV走行距離(充電電力使用時走行距離)は45.6kmと発表されている。
WLTCモードの燃費値は14.0km/リッター。一充電あたりの最大EV走行距離(充電電力使用時走行距離)は45.6kmと発表されている。拡大

テスト車のデータ

ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4425×1875×1660mm
ホイールベース:2700mm
車重:1790kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:7段AT
エンジン最高出力:180PS(132kW)/5800rpm
エンジン最大トルク:265N・m(27.0kgf・m)/1500-3000rpm
モーター最高出力:82PS(60kW)/4000-1万1500rpm
モーター最大トルク:160N・m(16.3kgf・m)/0-3000rpm
タイヤ:(前)235/50R19 99V/(後)235/50R19 99V(ピレリPゼロ)
燃費:14.0km/リッター(WLTCモード)
価格:649万円/テスト車=662万2200円
オプション装備:ボディーカラー<クリスタルホワイトパール>(11万円)/パワーチャイルドロック(1万4000円)/トレーラーモジュールプレパレーション(8200円) ※以下、販売店オプション ボルボ・ドライブレコーダー<フロント&リアセット>(8万9650円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1970km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション
ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション拡大
 
ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
 
ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ XC40 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。